So-net無料ブログ作成
検索選択

文章力と内容 [幼児教室]

現在働いている幼児教室では、毎月1回教室便りを発行しています。
本部が名古屋にあるので、東京の教室は名古屋で発行したものをもらって、東京用に若干修正して発行する、というスタイルをいままでとってきました。

それがあるとき、今までノーチェックだったお便りを目にした園長が、
「こんな初歩的な内容を載せているんじゃ、お母さんたちにとったら簡単すぎて感動も何もないわ。
 だったら私が書くわよ!」
と宣言。
お便り担当の私としては、元ネタを提供してくれるのが誰であれ、書いてくれるならそれでいいか、と思って任せてみました。

後日。完成したお便りを見せられました。
確かに内容は高尚なものになっていました。
しかし、あまりにツッコミどころが多すぎて、今までほとんど園長のすることに対して口を挟まないようにしていたのが吹き飛んで、1時間くらいの大討論会になりました。
どんなことを指摘したかというと、

・文章を書く上での基本中の基本である、字下げや禁則処理が守られていない。
 文頭を字下げしていないのもあれば、1文字半字下げしているものあり、書き方がバラバラ。
・尊敬語、謙譲語、丁寧語が混合されていて誰に向けての文章かわからない。
・頭の中だけで話が展開している典型的な文章で、読む相手が自分と同じレベルの知識があると思っている文章。
・Wordの初期設定のままらしく、MS P 明朝で書かれている。
 (これは私の好みの問題でもあるのですが、横書きの文章でも縦のラインが揃っていないのがものすごく気になるのです。数字もデフォルトのCenturyなのが嫌いです。)
・接続詞の使い方が間違っている。

などなど、挙げればキリがないくらい。
「文章の流れからすると、この文章は前の文章を否定していないから接続詞が”しかし”っておかしいですよね?」
とか、25も年が上の人に言うとは思いませんでした。
多分、普段から話すだけで文章を書いていないのが原因だと思います。
私だって、そこまで完璧な日本語の文章が書けるわけではないです。でも、それでもあまりに酷すぎました。

逆に、名古屋からもらっている教室便りは、確かに内容は園長のレベルからしたら初歩的かもしれないです。
でも、長年書いているだけあって書き慣れていて、お母さんたちにどう読まれているかをよく理解した上で、言葉遣いもきっちりしていて読みやすいです。

それで、あまりに私の指摘が多すぎたのに辟易したのか、教室便りは次号から私が書くことになってしまいました。
まぁ、園長からしてみたら、それだけいうなら書いてみなさいよ、みたいな感じなのだと思います。

その後、私が書いたお便りは無事園長チェックも通って問題なく発行されました。


という一連の話を体験して、これって漫画にも小説にも通じるよな、とふと思いました。

・画面は見やすいけど内容は浅い漫画と、見にくい画面だけど理解すれば面白い漫画。
・読みやすいけど内容は浅い小説と、専門用語の羅列で読みにくいけど濃い内容の小説。

どっちもダメと言ったらダメなのですが、やはり最初に読んでもらえるかどうか、というのは絵のとっつきやすさであり、文章の読みやすさだと思うので、第一印象からしたら読みやすい作品の方がまだいいと私は思っています。
ただ、最近の漫画は絵のレベルは上がっているけど、1歩踏み込んだ内容を持ってる作品は少ないと思うのも事実ですが。

バランスってのは大切ですね。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

かない

おっしゃる通り。新聞の社説にしか“感動”しない人は、ほっといた方がよろしい。
by かない (2007-01-19 23:28) 

minerva

コメントありがとうございます。

確かに園長は新聞の社説が好きみたいです。
また、本や新聞に書いてあること、自分が信じてる理論に近いことを見ると、すぐに信じて人に話して回る癖があるので困ります。
先日、
「ゲームをやりすぎると、脳が痴呆老人と同じようになってしまうのよ!」
と話されたときは、本当にどうしようかと思いました。
今更ゲーム脳がどうこういう人がいるなんて、と。
園長はテレビとゲームは否定派ですから。

ちなみにこのときも、どれだけゲーム脳が根拠のないことかってのを説明するのと、それに対して反論されるのとでかなりの大討論会になりました。
by minerva (2007-01-27 10:56) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。