So-net無料ブログ作成

FlashのActionScript3.0って仕様変わりすぎ [幼児教室]

ここ半年くらい、ものすごく久しぶりに社内開発用にプログラミングをしています。
IT系の会社が新人研修でやるレベルのものに毛が生えた程度のものですが、それなりに忘れていることもあって、昔買った本をひっくり返して作ったりすることもしばしば。

ExcelのマクロなどはVBによく似ていて仕様もほとんど変わっていないので、わりとすんなり入れました。
思っていた以上にいろいろなことができることにびっくりしたり。


逆に困ってしまったのがFLASH。
2~3年前にFLASHの体験版で簡単なゲームを作ったことがあって、そのときは1冊本を買って、それを見ながらちょっと応用すればサクサク作れました。
でも、2~3年前の本を見つつ同じことをしようとしても、今はなぜかそれができない。

かつて使っていたのが2世代前のものとはいえ、確かにメニューの配置が変わっていたりはするものの、そんなに仕様が変わるとも思えない。
というより、バージョンアップすれば出来なかったことが出来るようになるけど、その逆はないのでは?、という認識もあって、とにかくいろいろ試してみたのですが、どうあがいても同じことができない。

リプレイボタンが作りたいのに、どうしてボタンにアクションが書けない?
ただ単に巻き戻し再生がしたいだけなのに。


……で、調べてみると、現行のFLASH CS3ではボタンにアクションを書けなくなったことが判明。
全部フレームアクションに統一されて、結構キッチリとしたプログラミングをしないといけない、とのこと。
ActionScript2.0→3.0になったときに、ガラッと仕様を変えたそうで。

2~3年前にゲームを作ったときはFLASH MX2004だったので、ActionScriptは1.0。
知らないうちにそんなにバージョンアップしてたんだ……という世界でした。
この情報、意外と見つかりにくかったです。

これはもうネットだけで調べても基礎がないからプログラミングできるわけない、と思って本を1冊購入。
読んで見ると、ものの見事に仕様が変わっていて、ほぼ0からのスタートしないといけないとわかりました。

ちなみに、その本はこれ。

Flash CS3ゲーム制作ガイド―タカヒロウ流ゲーム制作術 (I/O BOOKS)

Flash CS3ゲーム制作ガイド―タカヒロウ流ゲーム制作術 (I/O BOOKS)

  • 作者: タカヒロウ
  • 出版社/メーカー: 工学社
  • 発売日: 2007/11
  • メディア: 単行本


なるべくActionScriptを使わずに作るゲームと、ゴリゴリActionScriptを書いて作るゲームと2種類掲載されていて、基礎の基礎から学べる非常にわかりやすい本でした。
私のように、ActionScriptがバージョンアップしてわけわからなくなった、という人にお勧めです。

ネットでもActionScript3.0をいろいろ調べましたが、ActionScriptのプログラミングについて書いてあるページでも、過去のバージョンのものが多く、現行のバージョンでも基礎ができている人じゃないとわからないものが多かったです。
なので、この本には本当に助けられました。


この本を片手にプログラミングすること2時間。
リプレイボタンとスキップボタン、ローディング画面を作ることに成功。
いやもう、ここまでガラッと仕様が変わっているとは思えなかった、くらい変わっていました。
雰囲気としてはC言語に近いものがあって(voidの宣言とかreturnで値を返すところとか)、C言語に触れたことのある人ならとっつきやすい感じがしました。


それで思ったのが、ほとんど仕様の変わらないC言語ってすごいな、と。
コンパイラによってメイクファイルの作り方が変わったりしますが、C言語の基本は全て同じです。
動かすときにコンパイルしないといけないとか、トレース取るのが面倒とかいろいろ不便なところはありますが、仕様が変わらない(バージョンアップしない)っていうのはこういうメリットもあるんだなぁ、と。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0