So-net無料ブログ作成
検索選択

ガンガン8月号・感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。
面白かったのは、鋼の錬金術師、ソウルイーター、トライピース、ブラッディ・クロスなど。
まずまず面白かったと思います。

今月最終回の「からす天狗うじゅ」は、まぁ打ち切りというのもあって無理矢理な終わらせ方でした。
リセットオチというのはなんだかもう…という感じでしたが、終わっただけよしとします。

「ブレイド三国志」は、案の定第3部が用意されている、とのことで…もうやめようよ、と思うものの、作画が変わるようなのでちょっとは読みやすくなるかな、というところには期待してもよさそうです。
原作からしてもうアレなので、期待するだけ無駄ということも考えられますが。
それにしても、ブレイド三国志の連載が始まってからというもの、作画の壱河さんは何度となく原稿を落とし、パワードの連載は途中で立ち消え、最終回も最終回で仕上げが間に合っていない状態で、私の中でかなりイメージが悪くなりました。
これで作画を下されたわけで、再登場はもうないのでは?とも思ってしまいます。
パワードでの連載はコミックスも出ていないので、再開する可能性は低いと思いますし。

また、月彩のノエルが来月で最終回、とのこと。
今月はいきなり2年後の話になっていて、展開はもう全キャラ入り乱れての超スピード展開。
確実に打ち切り仕様です。
介錯さんはパワードのハザマノウタも打ち切りで終わったので、スクエニ再登場はもうないのかな、と思ったりも。

さて、続いて新連載「絶園のテンペスト」。
感想でも書きましたが、ストーリーは悪くないです。
いい意味でも悪い意味でも城平テイスト全開。
スパイラルもヴァンパイア十字界も決して嫌いではなかったので、ストーリーは楽しめそうです。
そう、問題は絵。
告知カットのときはあまり気にならなかったのですが、実際漫画として読んでみると全部動きが止まって見えました。
蝶が乱れ飛ぶところは止まって見えていいと思うのですが、普通の会話シーンはマネキンが立ってるみたいというか何というか。戦闘シーンも止まって見えましたし。表情も顔に張り付いているように見えます。
ソウルイーターみたいに画面の外まで絵が見えるくらい……とは言わないものの、せめて動いて見えてほしいです。
細かいところだと、ビンの口より明らかにでっかい木の人形がビンの中に入っているのが単純なミスだとしたら、これはもう確実に作画の選択ミスではなかろうか、と。
先行きが不安です。

更に、今月は漫画大賞受賞作「THE PRETENDER」が掲載されました。
かなり期待していたのですが、読んでみるといまひとつ、でした。
大賞取るだけあって絵も悪くないですし、謎解きも意外性がありましたが……ものすっごくジャンプ作品っぽく見えたのが、私には大きくマイナスでした。
ジャンプでよくやる新人数人でやる読み切りカップに出てくる1作品、みたいな印象でした。
王道バトルものだとこうなってしまうのは仕方ないかもしれませんが、こういう作品ならジャンプでやればいいじゃない、と思ってしまうんですよね。
スクエニのカラーが何かと言われるとはっきり言えないですが、ある意味隙間産業みたいなもので、ジャンプでやれないような王道からちょっと外れたものをやっている、というイメージがあります。
なので、こういう直球が来るといまひとつ感情移入できません。
「RUN day BURST」にしても、これならコロコロでやってよ、と思ってしまうのです。
私の中ではこの2作品がすごく印象として近いです。

最後に、来月アニメ化前提の企画ものの作品が新連載で来る、とのこと。
「うみものがたり」のようにまずアニメありきの漫画なのか、「獣神演武」のように原作ありきでアニメ化前提なのかわからないのですが、どちらも成功したのを見たことがないので心配です。
ゲーム原作だと成功した連載ってたくさんあるのですが、アニメ原作だと成功したのはほとんどないですし。

いろいろ先行きが不安見える今月号でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。