So-net無料ブログ作成
検索選択

REX・9月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にREXの感想を書きました。
面白かったのは、蒼海決戰、白砂村、とんぬらさん、eden*など。
連載は全体的に面白かったです。

今月は読み切りが多かった印象がありました。
予告なしの休載が2作あったせいかもしれませんが、雑誌の厚さとしてはなかなかのもので、REXにしては厚いなぁ、と感じたくらいで。
で、その読み切りが面白かった方というと……ちょっと微妙でした。
ギャグが多かったからかもしれませんが、そのまま連載に…と思える作品はありませんでした。
これだけギャグが多いと、雑誌としてギャグ漫画を増やす方向なのかな、とも感じ取れますが、実際はどうなのか。
最終的に来月と再来月に掲載される合計12作品の中から1作連載ということらしいですが、今月号の中から連載が出たら嫌だな、と思うレベルでした。

新連載のアイドルマスター3作品は、それぞれ個性があって、これはこれでアリだな、と思いました。
主人公キャラは誰も被っていないですし、脇役というか今までのシリーズに出てきたアイドルたちも3作品にわりと満遍なく出ている感じで、マイナスイメージはなかったです。
3作品足並みそろえてスタートしたので、足並みそろえて終わるのかにも注目したいところです。

その他、今月の「eden*」解説ページを見て、ようやく話が理解できました。
理解できるとなかなか面白く読めるもので。
「てとてトライオン」がゲームと違う形で終わったので、この作品がどこまでゲームと同じになるのか気になるところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0