So-net無料ブログ作成

REX・4月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にREXの感想を書きました。
コツコツ進めているFF13がやっと自由度の出てくるという11章に突入しました。
今までの1本道っぷりは確かに批判されるだろうなぁ、という印象でしたが、これからは楽しくなってくるはず、と信じて進めています。


さて、REXの総評です。
面白かったのは、CROW、パラドキシア、蒼海決戰、とんぬらさん、など。
面白いのとそうでないのとが両極端、というようないつもの雰囲気でした。

新連載の「かんぱち」は、やはり想像通りかんなぎのパロディ(というか公式アンソロジー)でした。
かんなぎがながく休載していますから、結城さんが描くことにある程度の意味もあるんだろうな(結城さんはかんなぎ作者の武梨さんの兄ということで)、と感じる新連載で、本編のエヴァが掲載されないときにエヴァのパロディみたいなのを掲載していたエースっぽいやり方だな、と思いました。
それにしては始まるのが遅かったな、とも思いましたが、これはこれでかんなぎが復帰してきたときに同時連載になるのも面白いかも、とも思えたので、連載としてはアリかと思います。
絵も安定していますし、下手に新人さんに描かせるより数倍いいかと。

来月はゲーム原作作品が2本新連載として来ますが、どうも作画は新人さんのようで、予告を読む限りちょっと不安定かな……と。
それはそれで本編が面白ければ文句はないのですが。

また、今月はCROWがよかったな、と感じました。
腕を引きちぎるシーンは、素直にすごいな、と感じましたし。
もっと伸びてほしい作品なのですが、カラーも少なくて打ち切りもあるんじゃないかな……という不安も常にあったり。
ここで細々応援しています。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 2

セネス・クロフォード

水城葵さんと稀捺かのとさんが姉妹であることは既に知っていましたが、結城さんと武梨さんが兄妹だったとは初耳でしたね。スクエニ系で兄弟(姉妹)揃って漫画家の方は他にもいらっしゃるんでしょうか?
by セネス・クロフォード (2010-03-12 04:38) 

minerva

私が知る限りだと、スクエニ系のみで描いている方だと方條ゆとりさんと望月菓子さんくらいでしょうか。

スクエニ系で描いたことがある、というのだと、岸本聖史さんと岸本斉史さんとか、楠桂さんと大橋薫などは双子だったりしますね。

ゴツボさんなどは兄弟3人漫画家だったりして、意外と多いかも、と改めて思いました。
by minerva (2010-03-14 22:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0