So-net無料ブログ作成

ダンガンロンパ・クリア [ゲーム]

本日の更新は「ゲームREVIEWのお部屋」にPSP「ダンガンロンパ」のレビューを追加しました。

このゲームを買おうと思ったのは、ブレイドでこの作品の続編である「スーパーダンガンロンパ2」の連載を読んで、学級裁判の流れを読んだら面白くて、だったら原作ゲームをプレイしてみよう、と思ったからでした。
推理物のゲームって割と好きだというのもあり。

ゲームをプレイし始めた時の印象は、全体的にちょっと安っぽい作りだな……、というものでした。
キャラは完全2Dで、ムービーもアニメではなくて紙芝居っぽいというか、PCゲームのオープニングっぽいという感じでしたし、画面上でキャラが立っているところもペラペラの紙が立っているような作りで、このゲーム大丈夫なのかな……という不安が先行しました。

でも、学級裁判が始まったら、その印象はガラッと変わりました。
以前にチラッと感想として書きましたが、ものすごくアクティブな「逆転裁判」をプレイしているような感じで、推理物なのにアクションが取り入れられていてしっかりゲームになっているなぁ、と感心しました。
推理物とアクションを組み合わせて、しかもそれが成功しているとは。
「逆転裁判」は割とじっくり考えてプレイできるものですが、「ダンガンロンパ」はそんな暇がないくらい時間的にプレイヤーが追い詰められる感じがして、でもむしろそこがいい、と感じました。
全体的な安っぽい作りも、これはこれで味がある、と思えるようになったり。

話の吸引力もかなり強くて、最後の学級裁判はとにかく結末が知りたくて一気にプレイしてしまいました。
伏線も凄く上手く張られていましたし、いろいろやられたなぁ、と感じたりもしました。
話のボリュームもそれなりにあってよかったですし、声優さんも有名どころの声優さんばかりで安心して聞けました。
モノクマが大山のぶ代さんだというのは有名な話ですが、わざとドラえもんに似せてるセリフとかあったときは、ニヤリとしてしまいました。
学級裁判がフルボイスっていうのがまた上手いよなぁ、と感じたり。

キャラデザは、最初ブレイドで連載している鈴羅木さんがキャラデザしているのか?、と勘違いするくらい画風が似ていて驚きました。
鈴羅木さんにはひぐらしの実績があったというのもありますが、この辺り考慮されて選ばれたのかな、と思わないでもなく。

学級裁判のアクションとしては、マシンガントークバトルが結構苦手だったのですが、スキルをマシンガントークバトルが有利になるもの中心にセットしたので、特に詰まることはなかったです。
スキルなしだと難易度高めな気がするのですが、その辺りを自分で調整できるのもよかったです。

とにかく文句の付け所のないゲームだったように思います。


では、ここからがネタバレありの感想です。

各CHAPTERについて、CHAPTER1は最初の事件ということもあって、犯人はすぐにわかりました。ダイイングメッセージが逆に書かれている、というのは結構定番なネタですし。
ただ、事件の流れが学級裁判が始まる前にはわからなかったので、次第に謎が解かれていく吸引力には、ここで魅了されました。

CHAPTER2については、不二咲が男だというのは捜査段階で気付いたものの、犯人についてはわからなかったので、謎解きが結構楽しめました。

CHAPTER3については、捜査段階で犯人からトリックから、全部わかってしまいました。
犯人しか不審者を目撃していない、というのもやはり定番ネタというのもあり。
ただ、犯人が分かった上で学級裁判を見ていると、犯人ってとにかく自分が犯人ではないという主張をするために、いろいろ推理の妨害してきたり、間違った結論に導こうとしているのが見えるので、これはこれで楽しく見ていられました。
その辺りの流れの作り方も上手いな、と感じました。

CHAPTER4は、絶対朝日奈が犯人だと思っていたのですが、まさかの自殺という流れになるとは、とすごく感心させられました。
ここまで来るとだいぶ人数も減ってきていて、犯人の特定も容易になるかと思いきや……こういう展開になるとは、と。

CHAPTER5と6ではいよいよ黒幕登場となるわけですが、これは本当に特定される流れが見えるところまで黒幕が誰かわかりませんでした。
言われてみると、なるほどなぁ、と感じるところも含めて、話作りが上手いと感じました。
穿った見方をすると、序盤で見せしめのために死ぬキャラの声に豊口めぐみさんが使われているというところに違和感はあったのですけど、贅沢な使い方をしたのかなぁ、としか思わなかったです。

黒幕の性格についても、いい悪役だなぁ、と感じました。
自他問わず絶望に喜びを感じるという性格なので、最後の最後で追い詰められて自分がおしおきとして殺されるしかない、となったときに、それを至上の喜びだと感じる……という流れになったときは、このキャラすげーなーと素直に感じました。

そして黒幕を倒してエンディングとなるわけですが、学園を出た後を描かなかったのは、良くもあり悪くもあったかな、と思っています。
個人的には、学園を出たあとを描いてほしかったのですが、そこを描いたら蛇足のような気もしていて。
なかなか難しいところです。

黒幕の本当の正体についても、バックに何かありそうでもありますし、その辺りは続編で明かされるのかどうなのか。
ただ、明かされなくてもそれはそれでいいのでは?、と思える作りでもあった気がします。
あまり中途半端だとは思いませんでした。

では、これから2に取りかかろうと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0