So-net無料ブログ作成
検索選択

コミックスREVIEW更新 [漫画全般]

本日の更新は「コミックスREVIEWのお部屋」に以下の作品を追加しました。

「inGrid・酒巻行里・一迅社」
「クズの本懐・横槍メンゴ・スクウェア・エニックス」
「七つの大罪・鈴木央・講談社」
「Mein Ritter・片山愁・一迅社」

差し替え作品
「Vassaload.・黒乃奈々絵・マッグガーデン」
「コープスパーティー Another Child・緒方俊輔・マッグガーデン」
「最底辺の男・山口ミコト・スクウェア・エニックス」
「Drc2・楓月誠・マッグガーデン」
「デュラララ!! 罪歌編・茶鳥木明代・スクウェア・エニックス」
「ぬらりひょんの孫・椎橋寛・集英社」
「ひゃくえん!・遠山えま・スクウェア・エニックス」
「魍魎の揺りかご・三部けい・スクウェア・エニックス」


今回は更新の期間が開いた割には新作が小粒だったので、特に新作に関してお勧めはありません。
悪くはない作品とか、個人的には好きだけどもう打ち切られそうな作品とか、そういうのばかりだったので。

完結作品の中でお勧めしたいと思ったのは「ひゃくえん!」。

ひゃくえん!(6)(完) (ガンガンコミックスONLINE)

ひゃくえん!(6)(完) (ガンガンコミックスONLINE)

  • 作者: 遠山 えま
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2013/03/22
  • メディア: コミック



エンドレス連載も可能な作品でしたが、ワンパターンとかマンネリに陥る前に、きれいに終わりました。
コミックス全6巻で、長くもなく短くもなく、丁度よかったように思います。

原作を知っていること前提だと「コープスパーティー Another Child」がよかったです。

コープスパーティーAnother Child 3 (BLADE COMICS)

コープスパーティーAnother Child 3 (BLADE COMICS)

  • 作者: 緒方 俊輔
  • 出版社/メーカー: マッグガーデン
  • 発売日: 2013/02/09
  • メディア: コミック


番外編としてゲームでの主人公たち以外の誰かが入り込む要素がほとんどない作品だと思っていただけに、バッドエンド回避でどうやって終わらせるんだろう、と思っていたら、上手いところをついてきれいに終わらせていました。
ただ、やっぱり原作ありきの作品なので、原作を知らないとわからない展開とか設定も多いので、万人にお勧めというわけではないのが少し残念です。


打ち切りで残念だったのは「最底辺の男」。

最底辺の男-Scumbag Loser-(3)(完) (ガンガンコミックスJOKER)

最底辺の男-Scumbag Loser-(3)(完) (ガンガンコミックスJOKER)

  • 作者: 山口 ミコト
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2013/02/22
  • メディア: コミック


「最底辺の男」はある程度のまとまりをもって終わっているのですが、最後はちょっと急ぎ足だったな、という感じでした。もう少しじっくり結末が見て見たかったです。
終盤の展開とかいろいろ考えさせられたので、印象としてはかなり強く残っている作品です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。