So-net無料ブログ作成
検索選択

スーパーダンガンロンパ2・クリア [ゲーム]

本日の更新は「ゲームREVIEWのお部屋」にPSP「スーパーダンガンロンパ2」のレビューを追加しました。

「ダンガンロンパ」から続けてプレイしてみた本作。
今作も今作ですごく楽しめました。

システムは前作を踏襲しつつ、新しい要素が入っていて、正当進化だと感じました。
学級裁判では、前作では発言の矛盾を突いていく「反論」だけしかできませんでしたが、今作では「同意」することもできて、より議論らしくなっていました。
アクション要素も増えましたし、難易度的には上がっていたように思います。
でも、今作ではスキルをある程度自由に選べるようになっていたので、より難易度を下げやすくもなっていて、その辺りのバランスがいいな、と感じました。

グラフィックに関しては、前作からさほど進化したところが見られなかったのは残念でしたが、元々グラフィックに力を入れている作品というわけではなかったので、特には気になりませんでした。

作品のボリュームとしては、おまけ要素がかなり追加されていたというのもあり、前作の倍くらい遊べたように感じました。1つ1つの話も長くなっていて、それでいて話の吸引力が高くてよかったです。

ストーリーに関しては、思っていた以上に前作と話が密接に絡んでいて驚きました。
終盤になればなるほど前作を知っていないとわからない展開になっていたので、ここまで続編続編した作品だとは思っていませんでした。
これは、「ヴァルキリープロファイル2」をプレイした時と感覚が似ていました。
こちらも、2だけで話が成立しているかと思いきや、1をプレイしていないと最後は話がわからなくなりましたし。
ただ、「ダンガンロンパ」の方では謎が謎のまま終わっていたところもありましたが(それはそれでいいと思っていたものの)、今作ではその謎解きも含めて全ての謎解きがあったので、プレイ後はかなりスッキリした感じがありました。

では、ここからネタバレありの感想です。
まずは、各チャプター毎の感想から。

CHAPTER.1
これはブレイドの連載で犯人がお仕置きされるところまで読んでいたので、事件の全容を知ってしまっている状態でプレイしました。
なので、事件の流れとして驚いたところはなかったのですが、コトダマでの指摘とか意外と間違ってしまったりして、これは難易度上げてきたな……と感じました。

CHAPTER.2
学級裁判の終盤まで、ソニアが犯人ではないのかな?、と疑っていました。
女子に海へ行こうと誘ったのがソニアだったので、何か仕組んでいるんじゃないか、と。
なので、ペットボトルの水に話が及ぶまで、犯人を勘違いしていました。
わりと常識人だったペコがここで脱落するとは思っていなかったというのもあり。
やられたなー、と感じたのと同時に、これで期待感が高まりました。

CHAPTER.3
現場検証で決定的な証拠集めに協力していなかったのが蜜柑だったので、これは早い段階から犯人に気付いていました。
しかしながら、モノクマの意志で有効・無効が決められるウィルスとか、最後に復活したメカ弐大とか、ちょっと非現実的すぎないか?と思ったこと、そして全てを思い出した蜜柑の犯行動機のセリフなど、終盤に向けての伏線が非常に多い話だというのは最後の最後で気付きました。
その辺り、わりと序盤に伏線を張っていたのはすごいな、と感じました。

CHAPTER.4
かなり序盤にストロベリータワーとマスカットタワーは同じ場所ではないのか?、という話が出ていたので、逆に更なる秘密があるのだろうな、というのは最初から思っていました。
なので、塔の構造の秘密についてはあまり驚きはなかったです。
でも、犯人は左右田じゃないかな?、と思っていたので、犯人が分かったときには結構驚きました。

CHAPTER.5
絶対に最後まで残るだろうと思っていた狛枝がここで死んだことに驚き、更にそれが自殺だったこと、学級裁判で犯人だけを生き延びさせようとしていたことなど、本当にいろいろと驚かされた話でした。
「ダンガンロンパ」のときから通してこの話が1番引き込まれました。
そして、やはり最後まで生き残ると思っていた七海がここで脱落して更にショック。
残ったのはあまり頼りにならない人たちばかりというのもあり。
狛枝は最期まで一貫した悪役で、改心させないままキャラとして殺してしまったのはすごいな、と感じました。
ちなみに、ここでも犯人はソニアなんじゃないかと疑っていました。
最終的にソニアが犯人になることはなかったので、疑って悪かったなぁ、とゲームのキャラながら謝りたい気持ちになりました。

CHAPTER.6
前作の総まとめも含めた最終章。
まさかの江ノ島盾子が出てくるとはなぁ……とか、苗木・霧切・本物の十神が出てくるとか、前作おなじみの不二咲のアルターエゴとか、とにかく驚かされることが多かったです。
最初に殺された十神が偽物だというのにも気づかなかったですし、狛枝の名前は苗木のアナグラムで声優も同じだったので、絶対同一人物だと思っていたら普通に別人だったり、いい意味でいろいろ騙されました。
でも、それだけにこのゲームプレイして本当に良かったな、と噛みしめてプレイしてもいました。
前作の謎解きも出てきたので、前作以上にクリアした時のスッキリ感がありました。

ジャバウォック島での生活が実は仮想世界だったというのも、CHAPTER.3での伏線もありましたし、記憶を消すことの意味も出てきたので、特に納得できないとかは思わなかったです。
逆に、序盤からのモノミの態度とかを考えるといろいろ納得できるところが出てきて、この謎解きでよかったな、と。少なくとも、SO3みたいには思わなかったです。


おまけシナリオは、前作でモノモノマシーンから脱出スイッチを手に入れると、全員で学園から脱出するムービーが見られるというのがあって、それをシナリオ化した話となっていました。
前作のムービーを見た時点では、江ノ島盾子(に化けた戦刃むくろ)が一緒に脱出するのはおかしいんじゃないかな?、と思っていたのですが、その疑問を解消する流れとなっていたので、おまけというよりキッチリした意味があったシナリオでよかったです。

内容的にもう続編は全く違う世界観にしないと作れないと思うのですが、それでも続編が出たらプレイしたいなぁ、と思う作品となりました。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。