So-net無料ブログ作成
検索選択

3DS「極限脱出ADV 善人シボウデス」・クリア [ゲーム]

本日の更新は「ゲームREVIEWのお部屋」に3DS「極限脱出ADV 善人シボウデス」のレビューを追加しました。

前作「極限脱出 9時間9人9の扉」も、元々は本作品をプレイするなら前作もプレイしておこうと買ったソフトでしたから、いよいよ本命ソフトをプレイした、という感じになりました。

基本的には前作と流れは同じで、どの部屋を探索するか、どの選択肢を選ぶかでストーリー分岐してマルチエンディングを迎える形となっていました。
改善されていたのは、ストーリー分岐をフローチャートとして見ることができる、何度も同じ謎解きをすることがなくなった、メモ機能が使えるので計算したり覚えたりするのが楽になった、という辺りで、前作の不満がほぼ解消された形となっていました。

脱出の難易度についても、難易度が選べるようになっていて、初期設定のHARDままだとかなり難しくなっていたのがよかったです。
普通にプレイしていれば詰まることなく素直に解けた、というパターンは少なかったです。
どこかしらでちょっと考えないといけないようになっていました。
わからなかったら難易度を下げてヒントを貰う、という仕組みがよかったです。

3DSになったことで登場人物に声が付いて、脱出も全16部屋と多くなり、クリア時間も30時間超えで、いろいろとパワーアップしていたというのもあり、正当進化を感じました。

ただ1つ残念なのは、ストーリーがこの作品だけで完結していないこと。
前作もそこまできれいに終わったというわけではなかったですが、今作は前作の比ではなく、完全に続編前提な作りでした。出るかどうかも怪しいところがあるだけに、ちょっと不安です。
レイトンシリーズみたいに、全3作で完結すると予め言われているわけでもないですし。
意外と前作との繋がりも強くて、前作をプレイしていないとわからない設定もいくつかありました。これは前作をプレイしておいて本当によかったな、と感じました。


では、ここからネタバレありの感想です。

今作をプレイして見て、かなり「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」にシステム面はかなり似ているな、と感じました。
キャラの行動によって話が大きく枝分かれして、そうして枝分かれしていくこと、並列世界を移動できることについてストーリーの中で言及されていますし、別の並列世界での知識が後々別の並列世界で必要になる、というのも似ていました。
ゲームをプレイし始めた時はモノクマみたいなキャラがいるし、「ダンガンロンパ」みたいだなぁ、とか思ったりもしましたが。

でも、話的に何かに似ているというわけではなかったので、これはこれでいいのかな、と最終的には思いました。
前作ほどの叙述トリックみたいなものはなかったですが、割と後半になるまで天明寺=淳平だということには気付かなかったですし(天明寺に茜の写真を見せられた時に気付いた)、シグマの正体もそれが明かされるまでは気付かなかったですし、ファイ以外のキャラは割と掘り下げられていましたし。
世界観の設定としても、各キャラが誘拐されてきてから数十年経過しているだろうな、というのは割と序盤で気付きましたが、ゲームをやっていた場所が月だというのは、やはりそれが明かされるまでは気付かなかったです。
その辺り、書き方がアンフェアだとは思いませんでしたし、素直に上手いな、と感じました。
ファイの正体については、多分次回作に持ち越しなのかな、と思ったり。

各エンディングについては、真エンドっぽいファイエンド以外は、指定されたキャラの素性はわかるけど最終的に全員死亡で終わるとか結構多かったので、真エンド以外にももう少しハッピーエンドっぽいエンディングは欲しかったです。

また、囚人のジレンマを元にしたABゲームで協力を選ぶか、裏切りを選ぶかの分岐については、ある程度話を進めるとどちらを選ぶとバッドエンドになるかフローチャートを見ればわかってしまったり、そもそもフローチャートを埋めるためにどちらの選択肢も選ぶことになるので、どちらを選ぶか、ということで特に迷ったりしなかったのは少し残念でした。
迷った末にバッドエンドになったとか、そういう部分が少しほしかったです。
まぁ、こちらが協力を選んだら相手は裏切りになって、裏切りを選んだら協力を選んでいた、みたいな流れになるところは面白かったのですが。

続編については、期待せずに待っておこうかな、と思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。