So-net無料ブログ作成
検索選択

ゼロサム・12月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。
あと1週間くらいでなんとか身の回りが落ち着きそうです。それで更新ペースも戻せるかと思います。

では、ゼロサムの総評です。
面白かったのは、執事M、あまつき、最遊記RELOAD BLAST、など。
ここ最近雑誌自体厚くなってきていて、減ページ作品も少なめでなかなか良い感じです。

今月で最終回だった「星の雨 月の下僕」。
前回の終わり方からしてハッピーエンドは無理だろう、と思っていたら、かなり無理矢理な展開ではあったもののハッピーエンドとなっていて、そこにちょっとビックリしました。
まぁ、予言されていた死が能力の死であって人が死ぬわけじゃなかった、というところは最終回でなかったら「ふざけんな」と思うご都合主義展開なのですが、最終回ということで気にしないことにします。
ハッピーエンドであることはいいことであるわけですし。
今作、前作とかなり早いペースで連載が開始されてきましたが、今作が打ち切りということもあるので、次回作があるにしても少し間があくかもな、という気がします。

来月では「ハスク・エディン」「百花繚乱録」が最終回とのこと。
どちらももうすぐ最終回だろうなぁ……と思っていた作品だったのですが、「ハスク・エディン」はあと数回はありそうだったので、これでまとまるのかなぁ、という不安があります。前作「#000000」もきれいに終わったわけではありませんでしたし。
「百花繚乱録」は終わることに対して驚きはなかったですが、やはりこれでまとまるのかなぁ、と感じていて、どちらも安心して待てる感じではありません。


次号からの新連載「ヘイセイプロジェクト」は、私は全く知らなかったのですが、オリジナルのボーカロイド楽曲が元になっている作品とのこと。
調べてみたら、ストーリー的なものはキッチリあるようなので、あまり心配しなくてもよさそうな感じです。
それにしても、本誌では楽曲が元になっている連載作品が増えたなぁ、と思います。
ゲーム原作でゲーム発売と同時に連載開始とかの作品よりかは期待は持てそうではありますが、果たしてどうなるか。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0