So-net無料ブログ作成
検索選択

ガンガン・12月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。
ようやく忙しい時期を抜けたので、更新もできる限り早めにやっていこうと思います。

では、早速総評です。
面白かったのは、ばらかもん、うみねこ、ドミノキック、など。
今月で「ソウルイーターノット!」が最終回となり、連載歴が浅い作品が多い中でこれからどれだけ雑誌として踏ん張れるかが課題だよな、と今月も感じました。
「ながされて藍蘭島」「とある魔術の禁書目録」は別格として、次に長い連載の「紅心王子」「ブラッディ・クロス」「うみねこのなく頃に 散」はもう連載をまとめようとしていて、その次に長い連載が「黒の探偵」というのもあり、中間層が全くいないという以前のブレイドみたいになっていますし。

前述の通り、今月で最終回だった「ソウルイーターノット!」。
まとめ方は割ときれいな感じで、サイドストーリーの終わり方としてはこれで十分だったのではないかな、と思いました。
2人で1つの武器を使う戦い方にしても、単純に2人が1つの武器を手に持つだけの戦いではなかったのがすごくよかったです。やっぱり、戦闘シーンに関しては雑誌の中でも頭一つ抜けてるな、と思います。
これで「ソウルイーター」としての話も完全に終わったので、次に出てくるなら全く別の新作で、となると思うのですが、それが本誌になるのか、スクエニ系の別雑誌になるのか、はたまた別の出版社になるかは未知数です。
これだけ絵も話も描ける作家さんを大手出版社が気にしないわけないと思いますし。
とりあえず、次回作が出てこないわけはないと思うので、いずれどこかで出てくれるのを待ちたいです。


今月からの新連載「クロノス 次世代犯罪情報室」。
小説が原作の作品で、いずれアニメ化とかのメディアミックスがあるのではないかな、と最初に感じました。
「とある魔術の禁書目録」「魔法科高校の劣等生」などの前例もありますし、ラノベとかギャルゲー含めたゲーム原作は割ともう狩り尽くされた感があるので、次は一般小説なのかなぁ、とも思いつつ。
話はまだ序盤も序盤のさわりの部分だけで、これからどう事件を解決するのかとか全く見えないので、それを見てからでないと連載として行けるのかどうかとか、何とも言えない感じです。でも、原作自体は売れている作品のようなので、決して悪いものではないのだろうな、とは思います。
絵はかなり上手い人を付けているので、絵に関しては全く心配しなくてもよさそうです。
今後に期待、といったところでしょうか。


そういえば、近所の本屋さんでの雑誌の発売日当日の並べ方は、
1.そこそこ知名度のある雑誌→店外に平積み
2.知名度的に微妙だけど入荷数が2~3冊の雑誌→店内に平積み
3.知名度低めで入荷数2冊以下→いきなり棚にさしてある
という感じになっています。
ガンガンは今まで1の扱いだったのですが、今月2になってました。
いろいろやばそうな雰囲気が漂ってきています。
ちなみに、Gファンタジーは1、ガンガンJOKERは2or3、みたいな感じです。
同時発売の雑誌の数によるところもあったりしますし、一概に言えないところはあるのですが、こういう雰囲気出てると休刊は無きにしも非ずでは、と思ってしまったりもするわけです。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 2

セネス・クロフォード

お久しぶりです。少年ガンガンは現存するスクエニの漫画誌では最古参の本家なだけに、本家がなくなってGファンタジー等の分家だけが残るのはさすがにないとは思いますが。
by セネス・クロフォード (2014-11-19 07:42) 

minerva

お久しぶりです。

ガンガンは全ての原点でもある雑誌なので、休刊はあり得ない……と思う反面、別の出版社の話ですが、少女フレンドが休刊して別冊フレンドが残ったという事例もあるので、一概にないとは言いきれないな、と思っています。

新しく看板になりそうな作品はいくつか出てきていますが、まだどれも連載が浅いので、それがアニメ化とかまで育つ前に本誌の体力が続くのか、とも。
ガンガンONLINEから連載を引っ張ってきている時点でかなり末期だと思いますし。
by minerva (2014-11-19 15:14) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0