So-net無料ブログ作成
検索選択

ゼロサム・4月号感想 [スクエニ]

つい2週間前くらいまでは割と時間に余裕のある生活だったのですが、またバタバタしてきて未読コミックスの山が再び……という状態に陥っています。
娘が幼稚園に入って、その生活に慣れればまた余裕も出てくるとは思うのですが。

では、ゼロサムの感想です。
面白かったのは、最遊記、執事M、Landreaall、など。
全体的に見て読み応えのある感じでよかったです。

今月からの新連載「骸盗アリス」。
「JOKE:ЯR’S」を連載していたくらげ壱さんの作品で、今作は万人受けするタイプのものを持ってきたな、と感じました。現代劇で、バトルもので、退魔師もの系統で、と。
前作よりもすごく話に入りやすかったのはよかったです。
反面、万人受けする話なだけに設定自体が割と平凡で、なおかつ本誌の中でもいくつか被っている要素があるのが厳しいところかな、と感じました。
不思議の国のアリスっぽい→Are you Alice?
敵がウサギ→バトラビッツ(こちらは主人公側ですが)
という感じで、特に「バトラビッツ」とは印象も被るので、アンケートの食い合いとかが怖いところです。
個性がないというわけではないのですが……
すごくとっつきやすいけど、今後伸びるかどうかによって結果が大きく変わってくる気がします。

今月気になった作品としては「それが世界のフツーになる」と「テル・セル」がそろそろ終わるのではないかな?、と。
「それが世界のフツーになる」は円満終了しそうなのでいいのですが、「テル・セル」は掲載位置が最後尾で、ここ最近掲載位置が後ろの方なことが多いというのもあり、このまま終わるのではないかな、と。ちょっとずつ謎解きも出てきていたりしますし。
次のコミックスで終わるペースのような気がしないでもなく。


今月は漫画賞の発表があり、最終選考4作品の内3作品で読者賞・作品賞・編集部賞を分け合う形になっていて、どれもそれなりに面白かったのがそのまま賞に反映されていたように感じました。
「うろうろの迷宮」が編集部賞だったのは予想通りでしたが、読者賞が「Lazuli ward」ではなく「Wエンジン」だったということで(「Lazuli ward」は作品賞)、よりストレートな作品の方が読者受けはいいんだ、とちょっとビックリしました。
「うろうろの迷宮」は変化球タイプの作品だったので読者賞はないと思っていたものの、「Wエンジン」は逆にストレートすぎて受けが悪いと思っていました。
テレビ番組も流行り廃りが循環していて、最近はドッキリが復活して多くなっていると以前テレビで見たのですが、漫画もひと巡りしてストレートなものが受けるのかなぁ、と思ったり。エロ要素にしても同様で。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。