So-net無料ブログ作成
検索選択

ガンガン・4月号感想 [スクエニ]

忙しさが緩和されるかな……と思ったらまた忙しくなる、という日々が続いております。
あまりにいろいろなことが起こりすぎて、先週は約20年買い忘れたことのないジャンプを買い忘れました。
今週号のジャンプを読んでいて、何だか話が続かないな……と思ってバックナンバーを確認したら1号抜けてました。
試験期間だろうが受験だろうが就職活動していようが出張していようが、忘れず買い続けていたジャンプを買い忘れるとは……と、その事実に私自身驚きました。


では、ガンガンの総評です。
面白かったのは、ばらかもん、うみねこ、魔女の下僕と魔王のツノ、など。
今月号は割と大きめの本屋さんで買ったのですが、最盛期には10冊は仕入れられていた本誌が、今月号は2冊しかありませんでした。発売日なのに平積みではなく、棚に差さっていました。
末期症状すぎて怖いです。

今月で最終回だった「うみねこのなく頃に 散 Episode7」。
原作通りのきれいな終わり方となっていました。
ただ、ここからEpisode8に繋がっていくので、原作を知っていればきれいに終わっていると感じるのですが、知らない人には中途半端に見えそうだな、と感じました。
でも、原作になかった事件の真相描写がきれいに描かれていたので、原作を知っている人こそ読んでおいたほうがいいと思える話でした。
最終回を迎えて改めて感じたのは、作画の水野英多さんはやっぱり原作付きの方がいいな、ということ。話のペース配分もよかったですし、「スパイラル」のときになかった、死体の残酷グロ描写とか、人の歪んだ表情とかものすごく上手く描けるようになっていましたし、ここまでくればもうどんな原作でも大丈夫なんじゃないかと思えるくらいよかったです。全く文句のつけようがなかったです。
ジャンプの小畑健さんとかブレイドの東まゆみさんとかもそうですが、オリジナルはパッとしないけど、原作があると凄まじい力を発揮する作家さんタイプなのかな、と思います。
次回作もぜひ原作付きで出てきてもらいたいところです。

今月でシリーズ連載最終回となっていた「魔女×神隠し」。
人気次第で長期連載へ昇格させることが決まっている短期連載だった、というのが丸わかりな最終回となっていました。
でも、現時点では長期連載昇格は難しいのではないかな、と感じました。
連載中の3話とも全て「神隠しに似た人間が起こした単発の事件」で、おそらく連載中最大の謎になるだろう香良の神隠しに関する情報は、ほぼ連載中に出てこないまま終わってしまっていたのが大きなマイナスだったと思います。
最終回は香良の能力の利用方法についての肉付けはありましたが、それは2話目でやるべきであって、3話目は香良の神隠しについてもっと掘り下げる内容であるべきだったのではないかな、と。
長期連載を狙うなら、もう少し香良の神隠しに関する情報や手がかりを出すべきだったと思いますし、全3話の事件パターンが似たり寄ったりだったのもマイナスだったと思います。
1話目のみだったら連載昇格もあり得るかも……と思えたかもしれませんが(偶然に頼り過ぎていて出来具合はいまひとつでしたが、物語最大の謎の提示はあったので)、残りの2話が完全に蛇足としか思えませんでした。
短期連載を一通り読み返すと、原作があまり上手くないかなぁ、と感じました。
もしくは、私は話ありきで読んでいましたが、この作品の方向性としてはキャラありきなのかな、と。このシリーズ連載は香良というキャラを活躍させるための話であって、話はキャラに付随するものである、と。だとしたらこの3話構成になるのも納得いくような……
その話の方向性が私と合っていないから、面白いと感じないのかな、と思ったりも。
それでも、現時点で推理物だと「黒の探偵」と被っているので、人気分散もあり得ますし、これが長期連載に昇格しても微妙なのではないかな、と思ってしまいます。
絵はいいんだけどなぁ……というのが最後まで残りました。


今月気になった作品は「とある魔術のヘヴィーな座敷童が簡単な殺人妃の婚活事情」。
今月からいろいろと話の向かう先とか設定が見えてきたのですが、原作を知らなくても割と読める作りだなぁ、と思えたのはよかったものの、この話はスターシステムを使う必要があるのかな?、とも同時に感じました。
別に各原作のキャラ達を持ってこなくても、話が成立しそうだな、と。
今後各キャラの能力が活かされてくるのかもしれませんが、これなら鎌谷さんに全く新しいオリジナルで話を書いてもらった方がよかったのではないかな?、と思わないでもなく。
今後がちょっと心配になりました。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 2

機甲騎士

minervaさん、こんばんは。
今月号のガンガンと「黒の探偵」の5巻を買いました。
個人的にアニメかできたら犯罪者の方ですが、月城怜は「ロボティクスノーツ」の八汐の木村良平さんでアーサー伯爵は最初の「鋼の錬金術師」の大佐を演じた大川透さんのイメージが合うと思います。
ブラッディ・クロスも一つの戦いが終わりを告げようとしているところが切ないと思います。

by 機甲騎士 (2015-03-25 23:18) 

minerva

「黒の探偵」は一時期押されまくっていて、これはアニメ化までのルートが出来上がっているのかな、とも思っていたのですが、最近は少し落ち着いてしまった感じですね。
なんだかんだで「今日のケルベロス」の方が先にCDブックを出しますし、こちらがアニメ化してしまいそうな。
「黒の探偵」は押されまくっていた初期より今の方が面白いと思うので、個人的には少し残念です。
「ブラッディ・クロス」も一時期はコミックスの帯にアニメ化候補No.1みたいな煽りがあったりもしましたが……

それでもまだ「黒の探偵」アニメ化はあり得なくもない感じですし、私としては月城怜とかはベタな美形声で小野大輔さんとか森川智之さんにやってもらいたいな、とか思っています。
by minerva (2015-03-31 14:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。