So-net無料ブログ作成
検索選択

Gファンタジー・4月号感想 [スクエニ]

おそらく、3月最初の2週間が人生で1番テンパッていたのではないかな、と思わざるを得ない出来事が再び起こりました。
今日、1日遅れでガンガンJOKERを買いに行ったとき、WARDを買い忘れていることに気付きました。
雑誌の買い忘れって本当にしたことがなかったのに、立て続けに2回も買い忘れが発生して、本当にもう発売日のことを考える余裕がなかったんだな、と感じました。
今はもう落ち着いているのですが。

では、Gファンタジーの総評です。
面白かったのは、黒執事、キューティクル探偵因幡、デュラララ!!、など。
今月も読み応えがあってよかったです。

今月で「Pandra Hearts」が最終回となっていました。
先月号での告知がなく、しかも今月かなりの増ページだったので、本来最終回だった「皇国の緋色」の休載関係で2ヶ月分まとめて掲載とかの事情があったのかもしれません。
話はきれいに終わっていて、ハッピーエンドでよかったと思います。
ジャックの最期がちょっとあっけなかった感じはありましたが、これはこれでいいのかな、と。
おそらく想定通りの終わりとなったと思うのですが、最終回に至るまでのページ数がかなり増えたようで、コミックス最終2巻はかなり分厚くなって発売されるのでは?、と思われます。前回のコミックス発売からかなり経過しているというのもありますし、次巻完結と告知してしまったためにページ数が増えてもコミックスが出せなかったという事情も見えますし。
最後は多少人気に陰りがあったようにも見えましたが、アニメ化まで行った作品が無事大団円で終わったということで、次回作も近いうちに出て来るのではないかな、と思います。

来月からは「劇場版 K」の連載が始まるとのことですが、既に完結しているTVアニメの「K」のコミカライズをしているくらいなので、この連載が始まること自体に対しては特に驚きはありませんでした。むしろ予定調和かな、と思うくらいで。
むしろ、作画が汐田晴人さんということで、「デビルサバイバー2」に続いての原作付きの作画担当になっているということにちょっとビックリしました。これでもう完全に原作付きの作画担当に集中するのかな、と感じました。
「デビルサバイバー2」の連載は無難に終わりましたし、劇場版なら話もそこまで長くないと思うので、これは連載前からきれいにまとまることを期待してもよさそうです。


今月表紙だった「青春×機関銃」がTVアニメ化決定ということで、かなりビックリしました。
巻頭カラーになって表紙も飾れるくらい人気が出ているのだな、とは思っていましたが、まさかアニメ化までされるほど人気が出ているとは思っていませんでした。
このアニメ化に関しては、ガンガンJOKERの「一週間フレンズ。」より驚きました。いやむしろ、今までいろんなアニメ化告知を見てきましたが、その中で1番驚いたかもしれません。
つい最近「さばげぶっ!」のアニメ放映がありましたから(見てはいないのですが)、サバゲー自体に波が来ているのかな、と思ったりもしますが、それにしてもアニメ化かー、と。
いやもう、本当にビックリしました。

今月掲載された読み切りで「旧都怪異譚」がちょっと良かったな、と感じました。
いぶきを普通に生存させていたらありきたりの読み切りだったと思うのですが、そうではなかったところが印象に残りました。このネタだと連載っていうのは厳しいと思うのですが、読み切りで別作品をまた読んでみたいと思いました。
逆に「メシマセ!」は、最後まで普通で残念でした。設定をちょっと捻っていたりするところがあって、面白くしようという雰囲気は感じるのですが、それでもまだ普通の範囲かなぁ、と。絵が既にきれいに安定しているだけに、残念でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0