So-net無料ブログ作成
検索選択

ゼロサム・10月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

では、早速総評です。
面白かったのは、あまつき、ボクラノキセキ、など。
今月はとにかく雑誌が薄くて、ジャンプとさほど変わらないくらいの厚さしかなかったのが残念でした。漫画雑誌でページ単価が1円超えるのってあまりないのですが……

今月で最終回だった「テイルズオブゼスティリア 導きの刻」。
最後はきれいにまとめていて、割と読後感はよかったです。
今更ながらですが、連載初期から話の進むペースが速いな、という感じがしていて、用語解説や世界情勢などなどは解説ページでやって、漫画ではひたすらメインストーリーを進める形だったので、コミックス4巻でゲーム1本描き切るということに対応できたのかな、と。
アニメが終わる前に最終巻が発売できる、という意味ではここで終わることに意味があったのかな、と思ったりも。
とりあえず最後まで描き切っているので、次回作は何らかの形で出てきそうな気がします。

来月では「赤ずきんちゃんは狼さんを泣かせたい!」が最終回とのことで、ちょっとビックリしました。
数少ないギャグ枠の作品として、そこそこ人気もあったように見えたので、これはエンドレス連載になっているのではないかな、と思っていたというのもあり。
とりあえず最後は最終回らしい話になりそうですが、日常が続いていくENDになりそうな気がします。

それにしても今月は3作品が原稿を落とし、予告通りの休載作品も加えて4作品が欠けた状態で、無理矢理ゼロサムオンラインの作品を掲載していても、驚くほど雑誌が薄くてガッカリしました。
そんな中で今月と来月で2作品の最終回作品があり、なおかつ新連載の予告もないので、雑誌としてちょっと危険なのでは?、と思ったりもしました。
いくらなんでも同時に3作品原稿を落とすって……
柱になる作品が多いので、いきなり休刊になったりはしないと思うのですが、いろいろ心配です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0