So-net無料ブログ作成

ガンガンJOKER・12月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、アカメが斬る!、ハッピーシュガーライフ、賭ケグルイ2作品など。
今月も読み応えがあってよかったです。

今月で最終回だった「繰繰れ!コックリさん」。
これは絶対に後付けの半端ないこじつけだな、と思ったものの、タイトルの意味も出てきて、かなりきれいに終わっていました。
こひなのちゃんとした笑顔などは絶対に最終回にしか出したらいけないものだったので、それがキッチリ出てきたのもよかったです。
ベタな部分もありましたが、最終回らしい最終回でよかったです。
次回作は必ず何かしらの形で出てくると思うので、期待したいです。

また、来月でついに「アカメが斬る!」が最終回、とのこと。
今月でエスデスとの戦いに決着がついて、来月で大臣を倒して終わり、となりそうです。
タツミが竜の形で生きていたり、どうやらレオーネも生きていそうという感じで、思いの外生存者が多くなりそうだな、とは思いましたが、今までかなり死んできているので、最後の最後で生き残る展開も、これはこれでよかったな、と素直に思います。
最後をどうまとめるのか、いろいろ期待して待とうと思います。

なお、今月で「繰繰れ!コックリさん」が最終回となり、来月で「アカメが斬る!」が最終回となると、本誌での最長連載が「賭ケグルイ」となり、長期連載陣がごっそり抜けるなぁ、と感じました。
「賭ケグルイ」の連載期間は3年弱くらいなので、そこまで長くないですし。

今月からの新連載「INNOCENT DEVIL-イノセントデビル-」。
読み切りからの連載昇格作品で、悪意のない殺人鬼は人間の進化形ではないか?、というテーマが根底にある話です。この設定にはなるほどな、と思える部分もあったので、連載化して最終的にどんな結論になるのかが、今から楽しみです。
連載初回は読み切りの焼き直しのような感じだったので、真価が問われてくるのは次回以降になりそうです。
原作には力がありますし、作画も宗一郎さんが担当していてかなり上手いですから、ひとまず連載していく分には問題なさそうな感じです。

来月からは「賭ケグルイ」のスピンオフ「賭ケグルイ(仮)」という4コマ連載が始まるようです。
キャラが割と多い作品ですし、双の方も扱うなら、ネタは幅広く取れて連載していくのに困らない感じです。
作品の展開としては「咲-Saki-」みたいなので、そう遠くないうちにアニメ化が待っているのかもな、という気がします。

その他、今月はマンガ大賞のネーム部門受賞者の作品に作画を付けた形の読み切りが2本掲載されていて、どちらもネーム部門で賞を取るだけあって、ひと捻りあるいい作品でした。
反面、どちらにも気になる部分はそれなりにあって、即連載化は微妙かな……と感じました。

「囚人のジレンマ」は、ネーム部門準大賞受賞作品だけあって、話としての完成度はすごく高いと感じました。
ただ、ギャンブルがテーマなので、本誌だと「賭ケグルイ」と被る部分がありますし、内容的にも本誌というよりもっと年齢高めのヤングガンガンとかビッグガンガンの青年誌向けの印象がありました。
「ライアーゲーム」とか「カイジ」とか、そっちの方に近いなぁ、と。
絵もそこまで上手くない感じでしたし、これをそのまま本誌で連載っていうのはないかなぁ、と。
その代わり、原作に力があるだけに、別作品の別作画になったとしても、いずれどこかの雑誌で原作者が出てくる可能性は非常に高いと思います。
コメントで指摘があり、原作のガクキリオさんは既に他紙でデビューしている、とのこと。
投稿作でこれだけのものが描けるなら、そりゃいろんな編集さんの目に留まるのも当然と言えば当然なのかもしれません。
次はスクエニ系雑誌のどこかで出てきてもらいたいところです。

「合戦少女」は、スポーツチャンバラをテーマにしているというただ1点において、これはこれでアリだな、と思えるレベルになっていたのが、ある意味素晴らしくある意味怖いところでした。
数あるマイナースポーツの中で、なんとなく知っているレベルのものを持ってきたところは上手いですが、実際連載化したらどうなるんだろう、という怖さもあります。
そこが奨励賞止まりだったというところなのかもしれませんが……

ひとまず、再登場があるのかないのか、その辺りを見守りたいです。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 2

名無し

『囚人のジレンマ』のネーム原作担当のガクキリオ先生は、別冊少年マガジンで『堕イドル』という作品を連載しています。ですので「いずれどこかの雑誌で原作者が出てくる可能性は非常に高い」という書き込みに関しては「すでに別冊少年マガジンで連載しているネーム原作者」に書き換えた方が良い気がします。その事実を踏まえたうえで、もう一度『囚人のジレンマ』の感想が知りたいです。その他の記述(感想)に関しては同意見です。


ごくまれにブログを拝見しています。
これからも面白い感想文を楽しみにしてます。
『合戦少女』のこれからに期待します。

by 名無し (2016-11-25 19:16) 

minerva

ご指摘ありがとうございました。
ブログの内容は訂正してあります。

少し言い訳をすると、新連載を持つ作家さんや読み切りを描く作家さんは感想を書く前に前作があるかどうか大抵調べるのですが、今回は今年の漫画賞の投稿作だったので、まさか既に他誌でデビューしているとは考えもしませんでした。

でも、他誌で連載デビューしているということは、投稿作以外にも質のいいネタをたくさん持っているということなので、将来性はさらに期待できるものになったのではないかな、と思います。
少し心配なのは、あえてスクエニ系雑誌で連載しなくてもいい状態ではあるので、次回作がスクエニ系で出てくれない可能性もあるかなぁ、と。
少なくとも、投稿作にはすごく上手い作画の人を充ててもらえてないというのもありますし。

個人的には、スクエニ系雑誌で連載があればコミックスは買うのに、と。
by minerva (2016-11-29 09:59) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0