So-net無料ブログ作成

Gファンタジー・1月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

では、早速総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、地縛少年花子くん、など。
今月はかなり雑誌が厚くて、読み応えがあってよかったです。

来月で「キューティクル探偵因幡」が最終回、とのこと。
もう完全に終わる形に持っていっているので、次回できれいにまとまってくれると思います。
気合が入っているという今月の見開きもいろんな意味でよかったですし、これは安心して最終回を待てるな、と感じました。
最終回に期待したいです。

今月からの新連載1作目「冥土の恋は閻魔次第!」
漫画賞の受賞作品を連載化した作品で、優秀だけどやる気のない閻魔とその補佐官である女の子・兎鞠のラブコメになるようです。
地獄の十王が出てくる辺り、設定は割と細かく作られているんだな、と感じられたのはよかったのですが、メイン設定である主役2人が結構ベッタベタなキャラなので、この2人にどれだけ個性が出るかに今後がかかっているように思います。
兎鞠は素直にかわいいと思えるキャラなので、これが後々活きてくればなぁ、と思います。

新連載2作目「そのアイドル吸血鬼につき」。
以前「Dance with Devils-Blight-」の連載をしていた七都サマコさんのオリジナル作品です。
アイドルものと吸血鬼ものを合わせた話で、ギャグとシリアスが半々くらい。絵は上手いけど、突出して面白いところも今のところなくて、今後次第かなぁ、という印象でした。
吸血鬼ものの作品自体が、現時点でそこそこ存在するので、その辺りでどう個性を出せるかにかかってくると思います。

アニメ版「王室教師ハイネ」の続報があり、普通にTVアニメとなるようです。コミックスの特装版の特典でなくてホッとしました。
キービジュアルも公開されて、とりあえず原作とかなり似た感じの絵になるようですし、クオリティは問題なさそうな感じです。
既にキービジュアルが出てくるということは、春アニメになるのかな、という気がします。

今月掲載された読み切りは、代原っぽい「寡言な猫田くん」を除いて、どちらも月例賞の入選作品ということで、割とレベルの高い作品でした。
「星見くんの今日の吉凶」は、これはもう連載になってもいいレベルじゃないかな、と思う出来でした。本誌で少ないギャグ枠として期待できるのではないかと。「キューティクル探偵因幡」も終わってしまうことですし、新たなギャグ枠としていけるのではないかと。

「1/8-One-Eighth-」に関しては、この設定を投稿作でやってしまったのはもったいなかったのではないかな、と感じました。
投稿作とか読み切りでたまにあるのですが、とにかく作者の思い入れが強いのだろうな、と感じる作品で、おそらく表に出していない細かい設定も裏にたくさんあるのだろうな、というのを感じました。
ただ、タイトルにもなっている、おそらく作者が最も描きたかっただろう部分を語るにはこのページ数では足りなくて、終盤駆け足だったのが惜しかったです。
同じ世界観で、例えば別のキャラのエピソードとか、今回の牢屋の話の部分だけとか、もう少し短いエピソードだけをここで語っておいて、連載化したら大きくやるとかの方がよかったのではないかな、と思ったりも。
絵はちょっとぎこちないところがありましたが、割と安定していて読みやすかったので、次回作が何らかの形で出てきてくれれば、と思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0