So-net無料ブログ作成

ガンガンJOKER・1月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、早速総評です。
面白かったのは、アカメが斬る!、渋谷金魚、Jヲタ男子朝比奈くん、など。
今月はページ数も多く、いつにも増して読み応えがありました。

今月で最終回だった「アカメが斬る!」。
今月は大臣絡みの結末も含め、全体的にはエピローグの話となっていました。
アニメ版はもっとあっさりしたものでしたが、こちらは各キャラキッチリと最後まで描かれていてよかったです。
レオーネが生きていたのは想定内でしたが、少しだけ寿命が延びただけだったとか、タツミは生き残ったものの竜のままだとか、たとえ最終回でも都合のいい展開でなかったのはよかったです。
この作品を最初から思い返してみても、一切話に無駄がなかったな、と思います。誰がどこで死んで……とかが計算しつくされていて、無駄な引き延ばしもありませんでしたし、名作といっていい出来だと思います。
ファンブックで、シェーレが初期に死ぬこと、タツミがブラートからインクルシオを引き継ぐこと、マインがタツミの恋人になること、全部最初から決まっていたということが書かれていて、それを見たときは心からすごいと思ったものです。
いつかまたこのコンビによる連載が来てくれればな、とは思いますが、原作のタカヒロさんはいろんなものを手掛けていて多忙でしょうから、ちょっと難しいかもな、と思ったりも。

ひっそりと「綴-手紙-」も最終回となりました。
本編があまりにも……な出来で、最後の3話は別の視点での話になったので、そこでの巻き返しに一縷の望みをかけていたのですが……最後の3話の方がご都合主義満載で、これはもうどうにもならないな、という残念な最終回でした。
今後はもう原作をつけていくしかないように思います。絵はかわいいので、その辺りはどうとでもなりそうですし。

来月では「高橋さんが聞いている。」が最終回、とのこと。
「アカメが斬る!」や「繰繰れ!コックリさん」よりも先に最終回が来るとばかり思っていた作品でしたが、なんやかんや先の2作品よりも終わるのがちょっと遅くなった作品でした。
ちょっと引き伸ばしすぎた感じもしてしまいますが、ひとまず来月できれいに終わってくれそうなので、まとめ方に期待したいところです。
序盤は割と人気があって、アニメ化もあるんじゃないかな……と思っていたのですが、残念ながら何もないまま終わってしまうようです。

こうして長期連載陣が次々に抜けていっているわけですが、本誌にはまだ「賭ケグルイ」「ハッピーシュガーライフ」「ヴァニタスの手記」などの強い連載陣がいますし、将来性の高い「Jヲタ男子朝比奈くん」「渋谷金魚」などもあるので、この安定性はまだまだ保たれるな、と感じます。
来月からは新連載が3作品用意されていますし、まだまだいけそうな感じがします。

今月からの新連載「賭ケグルイ(仮)」。
「賭ケグルイ」のスピンオフ2作目で、こちらはゆるーい4コマとなっています。
本編のような際どいギャンブルをするわけでもない、のんびりした日常の話なので、こちらは気楽に読める感じです。
絵がそこまでかわいくないのがちょっとネックかな、とは思いますが、そのうち慣れてくれば平気かな、と。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0