So-net無料ブログ作成
検索選択

ガンガン・2月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、無能なナナ、ばらかもん、ベルゼブブ嬢のお気に召すまま、など。
連載陣の入れ替わりがあったものの、雑誌全体のレベルはあまり変わらず、という感じなので、今年も今年で休刊にならないかが心配です。

今月からの新連載「もし世界が同じ空の下に在ったなら」。
かつて世界を救った元魔法少女・英雄たちの話で、華やかな世界から引退して普通の人としての生活に戻って、そのギャップに悩むところから話は始まっていました。
現役の魔法少女や英雄を育成する話、引退しても未だ強い力を持っている人の話ならよくありますが、これは完全に力を亡くした後の話なので、話の切り口としては結構面白いな、と感じました。
絵は全体的に粗くてぎこちない感じがあるのが少し残念ですが、今後伸びそうな感じがするので、期待したいところです。
掘り下げ方によっては化けるかもしれないな、と思います。

来月からは「ねねね」が隔月連載化されるとのことで、期待しています。
短期連載のときからすごく面白かったですし、人気を受けての長期連載化なので、いずれ看板になる可能性もあるのではないかな、と。
とりあえずスタートは隔月連載とのことなのですが、Gファンタジーでの「ホリミヤ」が終われば毎月連載もあるかもしれません。

今月号で「魔法陣グルグル」の3度目のアニメ化が発表されていました。
現時点では、原作のどの部分をアニメ化するのかわかっていないので、いきなりグルグル2からのアニメ化もあり得ますし、初代のアニメ化されていない部分の続きからからもしれませんし、いっそのこと最初から、というのもある気がします。大穴でキタキタ外伝のアニメ化という可能性も……いや、ないか。
個人的には、やっぱりグルグルが面白かったのって初代の中盤くらいまでなので、最初からアニメ化をやり直してくれるのがいいなぁ、と思います。話として完結しているものですから、途中でオリジナル展開に入ることもないですし。
ただ、そうなると、とても1クールでは終わらないですし、2クールでも厳しい感じなので、無理かもなぁ、と思ったり。確実に見てみようという気にはなるのですが。
逆に、グルグル2からのアニメ化だと、そこまで見たいという気は起きません。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0