So-net無料ブログ作成

ガンガンJOKER・2月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、賭ケグルイ・双、渋谷金魚、Jヲタ男子☆朝比奈くん、など。
今月は読み切りも多く掲載されていて、いつもより読み応えがあった感じでよかったです。

今月で最終回だった「高橋さんが聞いている。」。
いろいろあって盗み聞きの日常に戻る、という終わり方になるのかと思っていたら、最後にエナが御影と奈良に話しかけるところで終わっていて、あぁそう来るのか、と感心しました。
ここから続いた部分の話も気になったりはしますが、その直前で終わったのは、それはそれでよかったと思います。これはこれでいろいろと想像できますし。いい最終回でした。
アニメ化もあるのではないかと思っていた作品でしたが、そうならないまま終わってしまったものの、円満終了であることは確かなので、次回作は何らかの形で出てくるかと思います。

今月からの新連載「そらいろフラッター」。
WEBマンガのフルリメイク版の連載ということで、すでに終わりが確定している作品の連載、ということになります。
転校先の高校のクラスメイトがゲイだった、というところから話が始まっていて、結構セクシャリティな部分に切り込んでいく作品のようです。
絵柄はかわいらしいですが、内容的には真面目にゲイのことを考えていて、今後はそれ以外のバイとかレズとかにも切り込んでいきそうなので、どこまで描いてくれるかとか気になるものの、あえて原作の方を読まずに楽しみたいと思います。
現時点では、能代がちょっと素直で実直でグイグイ行き過ぎる感じのキャラに見えて微妙な部分もあるのですが、話が進めば慣れ来るかな、と思います。
「綴」もこれくらい切り込んでいくような内容だったらよかったのに、と思ったりも。
今後に期待したいと思います。

今月は4作品読み切りが掲載されていました。
「ぽ子さんの打ち合わせ事情」「死神のラメント」など、連載を見据えているわけではなく、純粋に読み切りとして面白い作品があったのもよかったですが、「いちいち細かい一関」はこのまま連載化しても面白そう、と素直に思える作品でした。
原作・作画と分かれている作品で、原作は漫画賞の原作部門出身者によるものということで、ここ最近漫画賞の原作部門出身からの作品が多く掲載されている中、ほとんどが当たり作品だという、ものすごい層の厚さを見せつけられている感じがしています。
原作・作画の分業制は一昔前に比べてだいぶ増えましたし、それに伴って原作部門の漫画賞も増えましたが、そこまで多くもないので、割と才能のある人がスクエニに集まっているのかも、とも思ったり。
絵が描けなくて漫画家を諦めた人も昔は多かったでしょうが、分業制が浸透してきた中で、埋もれるはずだった才能の人たちがちゃんと出てこられるようになったのは、素直に良かったと思います。
今後も、原作部門出身者の読み切りは、より注目していきたいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0