So-net無料ブログ作成
検索選択

ガンガン・5月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

娘の幼稚園が始まって、更新時間もそれなりに取れるようになりました。
幼稚園の春休みは結構長めで毎日バタバタしていましたが、それがようやく落ち着いた感じです。
来年は小学生なので、その準備も何やかんや始めないとなのですが。

では、ガンガンの総評です。
面白かったのは、無能なナナ、はっぴぃヱンド、ばからもん、など。
今月は休載が多めでちょっと残念でした。

今月で最終回だった「天賀井さんは案外ふつう」。
60年後のエピローグまでキッチリ描いて、きれいに終わっていました。
結局異界のことはよくわからないままでしたが、下手に多くを語るより、これくらいの方がいいのかな、と感じましたし、もやもやする部分もなく終わったので、これはこれで円満終了かな、と。
ただ、当初期待したよりかは今までの作品みたいに引き付けられるところがなく、終始のんびり穏やかに終わった感じなので、その辺りが少し物足りない感じはしました。
本誌の危機を救うべく、望まれて始まった連載だったと思いますし、連載中は看板作品だったとは思うのですが、それにしてはメディアミックスもなく、連載期間もそれほど長くなく終わってしまったので、その辺りも少し残念な感じはしました。
次回作があるかどうかは微妙なところかもな、と思わないでもなく。
作画の水野さんの方は、何か原作付きですぐ帰ってきそうな感じですが。

今月からの新連載「はっぴぃヱンド。」。
終盤間際までは、田舎暮らしのほのぼの系作品かな、でも「ばらかもん」があるしジャンル被りになると新人さんの連載は厳しいんじゃないかな、と思って読んでいました。
それが一気に崩される展開になったときは、これはやりようによっては化けるかも、という期待に変わりました。
終盤の急展開に辿り着く前、ほのぼの系の展開なのだけど、不穏に表示される日付とか学級日誌のルールの伏線があったので、急展開なのだけど、その展開自体には納得がいきました。演出の仕方が上手いな、と感じました。
これを次回以降どう見せてくれるかに注目しています。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。