So-net無料ブログ作成
検索選択

Gファンタジー・5月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

姪っ子もついに大学生になり、今までいろんなゲームやらアニメやらにはまっていましたが、最近は声優の神谷浩史さんに夢中のようです。
出演アニメをチェックするのはもちろん、「宇宙戦隊キュウレンジャー」に出ていると知れば、映画の「超スーパーヒーロー大戦」を観に行くくらいにはファンになっています。(ちなみに、映画には1分くらいしか出演していません)
漫画やアニメにはまる→特定のキャラにはまる→演じている声優にはまる、という美しい流れを今まさに見ている、という感じです。神谷浩史さんのファンになったのも、大元はリヴァイを神谷浩史さんが演じていたところからみたいですし。


では、Gファンタジーノ総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、など。
今月は全体的に面白かった感じで、雑誌の底上げがされている感じがしてよかったです。

来月で「死神と銀の騎士」と「博多豚骨ラーメンズ」が最終回、とのこと。
「死神と銀の騎士」に関しては間違いなく円満終了なので、問題ないです。
短期連載から長期連載に昇格して、打ち切りにならず最後までキッチリ描いた作品、というのは本誌では初めてなのではないでしょうか。同じく短期連載からの昇格作品「地縛少年花子くん」はこれから看板作品としてメディアミックスまであるかもしれませんが、円満終了になるかはまだわからないですし。
話としては今月で最終決戦まで終わっているので、最終的にシオンをどうするのか、このまま死ぬのか奇跡で生き永らえるのか、その辺りに注目しています。

問題なのは「博多豚骨ラーメンズ」。
連載開始時に紹介されていたメインキャラ6人がまだ全員ちゃんと紹介されていない段階で、話としてスタート地点にも立っていない、まだ序章の段階だと思っていたのですが……来月の終わりが小説1巻の終わりのところなのかどうなのか。
話としては、林憲明のエピソードが完結して終わり、という感じになりそうです。いろいろ伏線が置き去りになりそうで、その辺りちょっと怖いです。
「デュラララ!!」とか「魔法科高校の劣等生」みたいに、タイトルを変えて連載が続いていくという可能性もありますが、どうも告知を見る限り来月限りで終わるのでは、と。
果たしてどうなるのか……


来月からの新連載「白石君の動級生」は「小さな魔女の首輪」のチノクさんの新連載ということで、期待しています。
「小さな魔女の首輪」はかなり好きだったのですが、最後は残念ながら打ち切りだったので、次回作はないのでは?、とちょっと思っていたこともあり、ここでの復活はうれしかったです。
前作とはまた違う雰囲気の話になりそうなので、どんな風になっているのか、今から楽しみにしています。


今月の展開に驚かされたのは「黒執事」。
ここでネタバレは控えますが、とあるレギュラーキャラが大変なことになってしまいました。
この衝撃は、初期にマダムレッドが事件の黒幕だとわかった時以来でしょうか。
長期連載作品って割と登場人物たちがピンチになっても大丈夫だろうと感じて、そこまで緊迫感を持って見ることが少なくて、この作品に関してもそうだったのですが、今回で考えを改めました。
私自身、緊迫感を持って読んでいたのは「アカメが斬る!」と「鋼の錬金術師」くらいだったように思います。

「王室教師ハイネ」のアニメを見ました。
原作よりも大分ギャグ寄りの話になっていることにちょっとビックリしましたが、それがいいアレンジになっていて、かなり楽しく見られました。
ハイネの声はもっと少年声というか、高いと思っていたら意外と低くて、でも成人男性なんだからそういうものか、と妙に納得した部分もありました。
声は声優経験のない舞台中心の俳優さんたちがメインだというのでちょっと心配していたのですが、ふたを開ければ何の問題もなかったです。普通に聞けました。
絵もかなりきれいでしたし、これは間違いなく当たりアニメだな、と感じました。
今後も楽しみにしています。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。