So-net無料ブログ作成

ガンガンJOKER・5月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、ハッピーシュガーライフ、賭ケグルイ、双、メイのメイデン、など。
今月は引き付けられる作品が多くて、いつにも増して読み応えがありました。

今月で最終回だった「いなかのおまわりさん」。
最終回は誰かの異動話だろうな、と思っていたらその通りの展開で、最終回らしいけどあまりにも捻りがなさ過ぎて残念だな、と感じる終わり方でした。
こういう終わり方しかなかったんだろうな、とは思うのですが、打ち切りなら最後くらい弾けてみようっていう展開はないものなのかな、と思ったりも。
次回作は既にWeb掲載で決まっているようなので、本誌復帰はなさそうな感じです。


今月からの新連載1作目「蝶撫の忍」。
ビッグガンガンで「キャタピラー」を連載している原作・作画コンビによる新連載です。
全くの新しい内容での新連載だとばかり思っていたのですが、ふたを開けてみれば蟲の話でした。時代が戦国時代なので、「アラクニド」のスピンオフというわけではなく(最終的に蟲の組織につながっていく展開はなさそうな雰囲気)、完全独立した新作の蟲作品、ということのようです。
まぁ、だからこその同じ原作・作画コンビで描くことになったのかな、とも思いましたが。
主人公は蝶の能力を持っていて、本能寺の変で死んだ信長の首を秀吉から守りつつ次世代の覇者に渡すために旅をする、という話なので、そこまで長い話にはならないような感じがします。
また、この時代での蟲の能力は忍術ということになっているようで、これはこれでアリな設定だな、と感じました。
すでに実績のある作品の原作・作画による同系統の新作なら、打ち切りのリスクも少なく連載していけるんじゃないかな、という気がします。

新連載2作目「メイのメイデン」。
こちらはコンビを組むのは初めてながらも、どちらも他誌連載歴のある作家さん同士の新連載です。
オリジナルのギャンブルで客と勝負をして、いつか運命の人に出会うのを夢見るデリヘル嬢の話、となっていました。
系統的には「賭ケグルイ」とほぼ同じなのですが、これはこれで非常によくできていて面白い話になっているので、ジャンル被りしていても何の問題もないな、と感じました。ジャンル被りがあるとアンケートの食い合いでどちらかの作品が打ち切られるとか共倒れになる場合が多々あるのですが、これはどちらの作品もそれぞれアンケートを取っていくのではないかな、と感じました。
以前掲載された読み切りや他誌連載中の「堕イドル」と同様、ギャンブルの設定、イカサマのやり方と見破り方、そこに至るまでのヒントの出し方など、相変わらずバランスが上手いな、と感じました。
絵もかなり上手くて原作者が求めるエロを十分表現できていると思いますし、いずれ本誌の看板に上り詰めることもあるのではないかな、と。
いつか「賭ケグルイ」とのコラボ企画とかも出てきそうな気がします。
今後にも期待しています。

今月特によかったのは「ハッピーシュガーライフ」と「ラグナクリムゾン」。
「ハッピーシュガーライフ」は、別の街に行ってしまったあさひをがそのままフェードアウトすることはまずないと思っていたものの、どうやってまた同じ街に呼び戻すかがわからなかったので、そこをどう描くかに注目していました。
その答えが今月出ていて、これは上手いなぁ、と感心する展開でした。今までの伏線も上手く活かしていましたし。
近いうちにアニメ化もあるんじゃないかな、と思います。

「ラグナクリムゾン」はタイトルにもなっているクリムゾンというキャラが出てきて、おおよそ話の方向性が見えてきました。
そこに至るまでの展開にちょいちょい良い捻りが加えられていて、これはかなり話作りを丁寧にやっているんだろうな、というのが伝わってきて、近いうちに化けそうだな、と感じました。
話もループものではなく、未来の知識を過去でどれだけ活用できるかの一発勝負的な感じになっていたので、その辺りも設定的に最近あまり使われないものを持ってきているのはいいな、と感じました。
今後も伸びていってほしい作品です。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0