So-net無料ブログ作成

Gファンタジー・6月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

先日「堕イドル」の2巻が発売されたので早速読んでみたら、2巻で打ち切りになっていた、という事実が判明しました。これ、結構ショックでした。
原作のガクキリオさんの話では、アンケート自体はかなり取れていて1巻の初版も多めに刷られたくらいだったけど、その1巻が売れなくて打ち切りになった、とのこと。
アンケートが取れているならもう少し様子を見るとかないんだ、というのが意外でした。内容は確実に面白かったのに……
ただ、原作ベースでの続編掲載はブログで細々と続けるとのことなので、その辺りは追いかけて行こうと思います。


では、Gファンタジーの総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、死神と銀の騎士、など。
今月コミックス発売がある作品に、軒並み解説ページがついていたのはなかなか親切でいいな、と思いました。

今月での最終回作品1作目「死神と銀の騎士」。
エピローグに丸々1話割いたというのもあり、きれいな最終回になっていました。
冒頭でいきなりシオンが消えたときは、随分あっさりした終わり方にしたなぁ、と思っていたのですが、そこから各騎士のその後が割と細かく入っていて、さらに未来の話に入ってからのハッピーエンドとなっていて、ちょっとグッとくるものがありました。
ハッピーエンドでキッチリ終わった作品の中でも、この作品の終わり方はかなり上位に来る感じがしました。ベタな終わり方でも、この終わり方がよかった、と思えるものでしたし。
次回作は確実に来ると思うので、期待したいです。

最終回作品2作目「博多豚骨ラーメンズ」。
前回の劣勢状況からどう巻き返すのかと思っていたら、きれいな大逆転劇があって、何やかんやできれいに終わったな、と思える最終回でした。
これがおそらく小説1巻の終わり方で、人気があったら続編も……ということだったと思うのですが、残念ながら告知はありませんでした。
決してつまらない作品ではなかったですし、それなりに面白く読んでいたのですが、唯一欠点があったとしたら、主人公が斉藤なのか林なのかである意味ぶれて見えたところかな、と。
元々群像劇の話というのはわかっていたのですが、同じ群像劇の「デュラララ!!」は罪歌編だったら杏里、黄巾賊編だったら正臣が主役というのがはっきりした上で周りのキャラが生きているという感じがしたのに、こちらは最初斉藤が主役で途中から林に切り替わった感じになって、結局どちらが主役なのかよくわからなくなってしまいましたし。
原作のアニメ化が決まっていたら連載が終わることはないと思うので、原作のアニメ化はないのだろうな、と感じました。予め決まったうえでの連載化と思っていたのですが……


今月からの新連載「白石君の動級生」。
「小さな魔女の首輪」を連載していたチノクさんの新連載です。
心に思っていることを上手く言葉にできないコミュ障少年が、新天地で頑張る話、となっていました。
第1話では新しいクラスに入ったら動物だらけだった、というところで終わっていたので、ベタな展開で考えると、クラスメイト全員動物が人に化けた姿、ということなのだと思います。
ただ、まだわかっていることが少ないので、主人公だけが人間で間違って動物クラスに入ってしまった(これが1番ベタ)、実は主人公も動物、他のクラスの生徒はそのことを知っている、などいろんな可能性が考えられるで、まだ何とも言えません。
でも、タイトルからしてクラスメイトが動物が人間に化けた姿だというのは確定っぽいので、その辺りの設定は「妖怪学校の先生はじめました!」とちょっと被るかな、と思えて少し心配です。
絵は前作に比べて格段に上手くなって安定しているので、その辺りは心配しなくても大丈夫そうです。
とりあえず、来月を待ちたいです。


※ここから「黒執事」に関するネタバレや考察が入るので、一旦隠します。
ここ最近怒涛の展開が続いている「黒執事」。
先月号でアグニが死んでしまい、その襲撃者に関しては、まだ謎のままです。
襲撃者についてわかっているのは、2人組であること、1人はソーマと親しい人物だったこと、ソーマは襲われるなど全く考えていなかった、ということくらいです。

それとは別に、「黒執事」ではシエル双子説というのがかなり前から唱えられていて、それに関する伏線はかなり多く存在しています。
1番大きいのは「緑の魔女編」でのシエルの内面対話の相手は自分自身ではなく、双子の片割れだろうというところですが、ハロウィンの話でシエルが両親と2人の子供を自分と重ね合わせていたり、昔の写真を頑なに隠そうとするところなど、割と最近多めにクローズアップされています。
また、その双子の片割れこそ本物のシエル(真シエル)で、今のシエルはシエルの振りをしている双子の方というのが、イースターのときのリジーの独白から読み取れます。

それでアグニ襲撃犯の話に戻りますが、この襲撃犯こそ真シエルではないか、という説があって、これはソーマとアグニが襲撃された先々月の段階から出ていました。
でも、私はこの説には反対で、ソーマの知り合いならほかにも複数人可能性のある人物がいるし、今までのシエルの言動からすると真シエルは奴隷に落とされたときに死んでいると思われるので、今更真シエルが出てくるというのはないのではないか、と。

しかしながら、今月のソーマの反応を見ると、この説が正しいように思えてきました。
目が覚めた途端ソーマがシエルを襲うのは、それくらいしか考えられないですし。犯人が真シエル以外だったら、ソーマはシエルに助けを求めそうですし。
シエルに襲い掛かったソーマを混乱しているからだ、とセバスチャンに言わせるのはミスリードが上手いな、という感じでしょうか。
他にも、襲撃者についてセバスチャンには思い当たるところがなくてシエルにはある、ということは、セバスチャンとの契約前にシエルが知っている人物、ということですし。

来月の展開からも目が離せません。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0