So-net無料ブログ作成

ガンガンJOKER・6月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、賭ケグルイ・双、ヴァニタスの手記、ラグナクリムゾン、など。
今月も読み応えがあってよかったです。

今月は3作品読み切りが掲載されていて、中でも「バール&チェーンソー」が面白かったです。
原作が「犬とハサミは使いよう」の作者で、実際にこの作品は読んだことはないものの、ラノベ作家らしいというか、すごくキャラが立っているな、と感じました。
大筋のストーリーはゾンビものとして王道だったのですが、このキャラだけで普通に連載になってもいけるのでは?、と感じました。肉に関する伏線も上手かったですし。
絵は粗削りなので、連載化の時はもう少し安定しているといいな、と思います。

来月は「アカメが斬る!」の作画を担当していた田代哲也さんの読み切りが掲載される、とのこと。
「アカメが斬る!」の続編で作画を担当しないようだったので、引き抜かれたかオリジナルで描きたいと思っているかどちらかだな、と思っていたら、後者でした。
原作付きの作品の作画担当者のオリジナル作品というと、あまり成功例を知らないので少し不安もありますが、期待もしています。


今月発売のコミックスが割と多くて本屋さんに行ったものの、有名どころしか置いてなくて、欲しいものは全て手に入れられませんでした。
こういうことが割と最近多くて、スクエニ系のコミックスだと、確実に人気があって売れている本と最初の1巻はほぼ確実に手に入るのですが、2巻以降のそこまで売れていないっぽい本というのは手に入りにくいです。
今月の本誌発のコミックスの場合、「ハッピーシュガーライフ」5巻、「イノセントデビル」1巻、は手に入ったものの、「Jヲタ男子☆朝比奈くん」2巻は手に入らなかったです。むしろ本屋さんには前者2作品しかなかったです。「Jヲタ男子☆朝比奈くん」の1巻発売の時は、ちゃんと入荷していたのですが。
一昔前みたいに、欲しい本は池袋で確実に買うというのではなく、地元で探してなかったら通販、という形になったことで、あまり部数が刷られていない本というのがより鮮明にわかるようになりました。
出版不況というのはもうずっと言われているので、出版社も在庫を抱えないためにより刷らなくなっているのかな、とも思います。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0