So-net無料ブログ作成

ゼロサム・7月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、あまつき、破天荒遊戯、拝み屋横丁顛末記、など。
今月も雑誌が薄くて残念でした。でも、もうこれ以上厚くなることはなさそうで、その辺りも寂しいです。

来月で「拝み屋横丁顛末記」が最終回、とのこと。
毎号掲載作品としては「Landreaall」に次ぐ長期連載でしたが、ついに来月で終わってしまうそうです。
先月いきなり終わりそうな展開に入っていたのでもしや、と思っていたら、案の定でした。
ギャグマンガだったので、エンドレス連載になっているものだとばかり思っていましたが、いつかは区切りを付けなくてはいけないということなのか、ここで終わるようです。
まぁ、面白かったとはいえ、割とマンネリ化していたというのもあるので、ここで区切りがつくのはいいことなのかもしれません。
何やかんやで、横丁存続で今まで通りの日常が続いていくENDになりそうです。

今月からの新連載「A3!」。
スマホゲームが原作の役者育成もので、潰れる寸前の弱小劇団の総監督になって、劇団を立て直していく話、となっていました。
今月は導入部分の、どのようにして総監督になったのか、が描かれていて、展開的にはかなりベッタベタで都合のいい感じになっていました。でも、これはこれで導入部分ですし、作品的にはストーリーよりもキャラ重視なので、これはこれで仕方ないのかな、と。ここからどうやって立て直していくかの方が重要ですし。
絵に関しては、割と上手いので、連載していく分には特に問題ないかな、と思います。
今後の流れとしては、劇団員の個別掘り下げ→個別ルートorハーレム、という感じでしょうか。
この辺りはもうテンプレで行く以外に考えられないので、展開としては王道になるんだろうなぁ、と思っています。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0