So-net無料ブログ作成

Gファンタジー・7月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

ここ最近ちょっと更新が遅れていたのは、風邪を引いていたからでした。
1週間くらい咳が止まらなくて、そろそろ医者に行かないとダメかな……と思っていたら、いきなり鼻水に移行して翌日スパっと症状が消えて治ってしまいました。こんなことは初めてで、よくわからなかったです。
娘も娘で風邪を引いていて、症状が流行中のアデノウィルスが原因の通称プール熱っぽかったので病院に連れて行ったものの、結果は陰性で、よくわからないけど普通の風邪だったようです。

では、Gファンタジーの総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、冥土の恋は閻魔次第、など。
「キューティクル探偵因幡」の10Pかけたコミックス宣伝などもあって、割と楽しく読めました。

来月で「妖飼兄さん」が最終回、とのこと。
ずっと終わりそうな雰囲気が続いていたので、やっぱり終わるのか、とまず感じました。
でも、打ち切りというわけでもなく、謎解きも一通り終わっていますから、円満終了できれいに終わってくれるのではないかな、と。
兄弟仲良く妖怪レンタルショップを経営していくENDになるのではないかな、と思っています。


※ここから少し「黒執事」とアニメ「王室教師ハイネ」のネタバレアリの話です。


今月は「黒執事」で大きな動きがありました。
シエル双子説を裏付ける真シエルが登場して、いよいよ物語最大の謎解きが始まるのではないかな、という雰囲気になってきました。どこまで謎解きをしてくれるかはまだわかりませんが……
それにしても、ミュージックホール編が始まったときはここまで本編に食い込んでくる話になるとは思っていなかったですし、ソーマが襲われた段階で犯人を予想できていた人はすごいなぁ、と改めて思いました。
来月の展開も楽しみです。


「王室教師ハイネ」のアニメが先日終了しました。
最後はオリジナル展開できれいにまとめていて、後味の良い終わり方になっていました。
ひとまずミュージカルのことは告知されていましたが、アニメ2期があるかどうかは触れられていなかったので、今後のDVDの売り上げとかミュージカルの結果次第なのだろうな、と感じました。
最終話にアインスを出してくるという、若干続編を意識した作りではありましたが。

アニメを一通り見終わって感じたのは、これはかなり出来がいいアニメだったな、ということ。
人物・背景は原作の雰囲気を損なうことなくきれいでしたし、心配していた声優経験の浅いメインキャストもふたを開けてみれば各キャラに合っていて、すごくよかったです。
これならば、アニメと同じキャストでミュージカルをやるのだからこそ観に行きたいな、と思える土壌はしっかりできていたな、と。
これが成功例になれば、同じようなアニメとミュージカル連動作品も出てくるのではないかな、と感じます。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0