So-net無料ブログ作成

ガンガン・9月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、無能なナナ、ベルゼブブ嬢のお気に召すまま、ねねね、など。
今月は読み切り2作品が割と読み応えがあっていい感じでした。

今月で最終回だった「ねねね」。
表紙&巻中カラーでまさか最終回だとは思っていませんでした。
話としてもまだまだこれからだと思うのですが、もともと短期連載作品でしたし、長期連載は想定していなかったのかな、と。
読んでいて微笑ましくなる作品ってあまりないので、私としては癒し系の作品だったのに……残念です。
ただ、人気はあったと思うので、長期でできる設定で次回作は早めに来るのではないかな、と思います。

今月掲載された読み切り2作品は、どちらも個性が強めで割と楽しめました。
「エルフと狩猟士のアイテム工房」は割と個人的に好きな話でしたが、客観的に見ると、失敗もせず、危機が訪れることもなく、山場もないままただアイテムを作っている、という話なので、従来の読み切りとしてのセオリーを崩しているというのもあり、つまらないと感じる人も多いのでは、と思いました。
まぁ、ただひたすらご飯を食べるだけのグルメマンガがアリなら、これもアリなのかな、と思ったりもしますが。

「辺獄の死体人形」は、結構クセの強い絵で人を選ぶところがありますが、話は割と捻られていてよかったです。まぁ、話が捻られているというか、作品全体がいい意味でひねくれているというか、そんな感じですが。
ともかくも、ジャンプの読み切りみたい、と思えない読み切りが来てくれたのはすごくよかったです。


ここ最近本誌で増えているエロ系作品。
「戦×恋」「異世界で最強の杖に転生した俺が嫌がる少女をムリヤリ魔法少女にPする!」「不徳のギルド」の3作品。「ながされて藍蘭島」もそうと言えばそうなので、4作品とも言えますが。
どれもエロだと割り切って描かれているものですし、こちらもそうだとわかって読んでいるのである程度受け入れることはできるようになったのですが、「不徳のギルド」に関しては何か違うな、と思います。
先の2作品に関しては、エロはエロであるものの、話としての本筋があって、物語が少しずつ先に進んでいる感じはあります。ラッキースケベではなく、もうガッチリとエロが本筋に絡むのが当然ですよ、というスタイルというのもあり、もうこれはこれでこういうものなのだと受け入れる気持ちも出てきました。
「ながされて藍蘭島」は長期連載作品ですし、本編はほぼ進んでいませんが、ラッキースケベを楽しむものとしてそれはそれでアリかな、と。

でも、「不徳のギルド」に関しては、がっつりエロをやっているんだけどラッキースケベ的な偶然を装っているというか、王道設定にエロを乗せているだけというか、何か非常に中途半端なように感じます。
魔物の設定にしても、いっそのこと人間に子供を産ませようとして襲ってくる、とかにした方がよかったのでは?、と思うくらいエロ狙いで全く人を殺そうとしませんし……
窒息を狙っているのに鼻をふさがないスライムとか、口の中に手を突っ込んでも引き裂かない熊っぽいのとか……
魔物が本気で殺しにかかってくる中でのラッキースケベですらないので、いろいろ矛盾を感じて納得できない感じが常に残ります。
そこからいくと、他の2作品はエロになる必然性は一応ありますし、「ながされて藍蘭島」もラッキースケベ特化ではありますがそういうものだと思えるので、エロはあまり好きではなくても納得できる部分はあります。

とりあえず、似た系統の作品が乱立するとどれかは淘汰されるので、しばらくすれば結果は出るのだと思いますが……
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。