So-net無料ブログ作成
検索選択

ガンガンJOKER・9月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、賭ケグルイ、双、ヴァニタスの手記、渋谷金魚、など。
今月も読み応えがあってよかったです。

今月からの新連載1作目「ジャヒー様はくじけない!」。
読み切りからの連載昇格作品で、連載初回は読み切りの焼き直しだったというのもあり、本番は次回以降かな、という感じです。
読み切りのときから、話がワンパターンになりそうで怖いな、と思う作品だったので、連載化された今もそれは変わらず感じています。そこを上手く乗り越えてもらいたいところではありますが……
コミックス1巻が出るくらいまでは様子見でしょうか。

新連載2作目「オタカレ腐女カノ」。
「ヤンデレ彼女」などを連載していた忍さんの新連載で、タイトル通りの話となっていました。
話としてちょっと捻られているな、と感じたのは、話の冒頭でもう2人が結婚することが決まっていて、回想する形で話が始まったこと。話としていつでも終われる形になっているのは割といいな、と感じました。
また、最近のネット事情やSNSの話がガッツリ入ってきているのも、これはこれでいいな、と。ここまでガッツリ入れてくる話もそこまで多くないですし。
気になったのは、画力についての話題が作中に出てくること。
話の題材からして出てくるのが当たり前な話題ではありますが、作者の画力は、言ってしまってはアレですが本誌の中でも最低レベルなので、その絵でこの絵が上手いとか言われても……ねぇ、と思ってしまうところがあって。そこはちょっと避けてほしいところではありました。
作中のネット上で絵の作者を探すくだりはいいのですが。
今後どう転ぶかわからないので、こちらもしばらく様子見で行こうと思います。


今月は「アラクニド」の作画を担当していたいふじシンセンさんの読み切りが掲載されていました。
読み終わったときの感覚としては、田代哲也さんの読み切りを読んだ時と似ていて、連載時代に培った画力で残酷描写などはかなりいい感じに描けているのだけど、ストーリーがいまひとつ、という。
田代哲也さんの時はありきたりすぎるのが難点でしたが、こちらはちょっとわかりにくいのが難点、という違いはありましたが。
連載前提の話ではなく、読み切りとして後味悪い感じに仕上がっているのはいいのですが、最後の状況がいまひとつ理解できないでいます。
それでいて、作中の連続殺人犯の正体については、登場人物をかなり絞っているだけにわかりやすすぎたりしましたし。
やっぱり話も考えて絵も描いて、というのは大変なことなのだな、と改めて感じたりもしました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。