So-net無料ブログ作成
検索選択

ガンガンJOKER・2月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、賭ケグルイ・双、渋谷金魚、Jヲタ男子☆朝比奈くん、など。
今月は読み切りも多く掲載されていて、いつもより読み応えがあった感じでよかったです。

今月で最終回だった「高橋さんが聞いている。」。
いろいろあって盗み聞きの日常に戻る、という終わり方になるのかと思っていたら、最後にエナが御影と奈良に話しかけるところで終わっていて、あぁそう来るのか、と感心しました。
ここから続いた部分の話も気になったりはしますが、その直前で終わったのは、それはそれでよかったと思います。これはこれでいろいろと想像できますし。いい最終回でした。
アニメ化もあるのではないかと思っていた作品でしたが、そうならないまま終わってしまったものの、円満終了であることは確かなので、次回作は何らかの形で出てくるかと思います。

今月からの新連載「そらいろフラッター」。
WEBマンガのフルリメイク版の連載ということで、すでに終わりが確定している作品の連載、ということになります。
転校先の高校のクラスメイトがゲイだった、というところから話が始まっていて、結構セクシャリティな部分に切り込んでいく作品のようです。
絵柄はかわいらしいですが、内容的には真面目にゲイのことを考えていて、今後はそれ以外のバイとかレズとかにも切り込んでいきそうなので、どこまで描いてくれるかとか気になるものの、あえて原作の方を読まずに楽しみたいと思います。
現時点では、能代がちょっと素直で実直でグイグイ行き過ぎる感じのキャラに見えて微妙な部分もあるのですが、話が進めば慣れ来るかな、と思います。
「綴」もこれくらい切り込んでいくような内容だったらよかったのに、と思ったりも。
今後に期待したいと思います。

今月は4作品読み切りが掲載されていました。
「ぽ子さんの打ち合わせ事情」「死神のラメント」など、連載を見据えているわけではなく、純粋に読み切りとして面白い作品があったのもよかったですが、「いちいち細かい一関」はこのまま連載化しても面白そう、と素直に思える作品でした。
原作・作画と分かれている作品で、原作は漫画賞の原作部門出身者によるものということで、ここ最近漫画賞の原作部門出身からの作品が多く掲載されている中、ほとんどが当たり作品だという、ものすごい層の厚さを見せつけられている感じがしています。
原作・作画の分業制は一昔前に比べてだいぶ増えましたし、それに伴って原作部門の漫画賞も増えましたが、そこまで多くもないので、割と才能のある人がスクエニに集まっているのかも、とも思ったり。
絵が描けなくて漫画家を諦めた人も昔は多かったでしょうが、分業制が浸透してきた中で、埋もれるはずだった才能の人たちがちゃんと出てこられるようになったのは、素直に良かったと思います。
今後も、原作部門出身者の読み切りは、より注目していきたいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

Gファンタジー・2月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、地縛少年花子くん、など。
今月も雑誌が厚くて、読み応えがあってよかったです。

今月で最終回だった「キューティクル探偵因幡」。
ヴァレンティーノとの話はまだまだ続きがありそうですが、因幡家の確執とか因縁に関してはすっきりきれいに終わって、話としていい区切りがついて終わったな、と感じました。
これからも話を続けることはできそうですが、無駄に長引かせずにここで終わってよかったな、と思います。
再来月には番外編の掲載もあるとのことですから、ヴァレンティーノとの話は番外編の方で何かしら出てくるのかもしれません。

来月では「K RETURN OF KINGS」が最終回、とのこと。
予定通りにキッチリ終わりそうな感じです。
TVシリーズは既に次回作が発表されているので、その連載告知などもあるかな、とも思っています。
それに伴って、次回作をにおわす終わりになっているかもな、と思っていたりも。

「王室教師ハイネ」のアニメは春アニメとなるようです。
これからキャスト発表とかいろいろな情報が出てくるかと思いますし、これは私もちゃんと視聴しようかな、と思っています。
おそらくは1クールなので、話をどこで区切っているかも気になるところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・2月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、無能なナナ、ばらかもん、ベルゼブブ嬢のお気に召すまま、など。
連載陣の入れ替わりがあったものの、雑誌全体のレベルはあまり変わらず、という感じなので、今年も今年で休刊にならないかが心配です。

今月からの新連載「もし世界が同じ空の下に在ったなら」。
かつて世界を救った元魔法少女・英雄たちの話で、華やかな世界から引退して普通の人としての生活に戻って、そのギャップに悩むところから話は始まっていました。
現役の魔法少女や英雄を育成する話、引退しても未だ強い力を持っている人の話ならよくありますが、これは完全に力を亡くした後の話なので、話の切り口としては結構面白いな、と感じました。
絵は全体的に粗くてぎこちない感じがあるのが少し残念ですが、今後伸びそうな感じがするので、期待したいところです。
掘り下げ方によっては化けるかもしれないな、と思います。

来月からは「ねねね」が隔月連載化されるとのことで、期待しています。
短期連載のときからすごく面白かったですし、人気を受けての長期連載化なので、いずれ看板になる可能性もあるのではないかな、と。
とりあえずスタートは隔月連載とのことなのですが、Gファンタジーでの「ホリミヤ」が終われば毎月連載もあるかもしれません。

今月号で「魔法陣グルグル」の3度目のアニメ化が発表されていました。
現時点では、原作のどの部分をアニメ化するのかわかっていないので、いきなりグルグル2からのアニメ化もあり得ますし、初代のアニメ化されていない部分の続きからからもしれませんし、いっそのこと最初から、というのもある気がします。大穴でキタキタ外伝のアニメ化という可能性も……いや、ないか。
個人的には、やっぱりグルグルが面白かったのって初代の中盤くらいまでなので、最初からアニメ化をやり直してくれるのがいいなぁ、と思います。話として完結しているものですから、途中でオリジナル展開に入ることもないですし。
ただ、そうなると、とても1クールでは終わらないですし、2クールでも厳しい感じなので、無理かもなぁ、と思ったり。確実に見てみようという気にはなるのですが。
逆に、グルグル2からのアニメ化だと、そこまで見たいという気は起きません。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック