So-net無料ブログ作成
検索選択

ガンガンJOKER・4月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、ハッピーシュガーライフ、賭ケグルイ、双、Jヲタ男子朝比奈くん、など。
今月も読み応えがあってよかったです。

今月での最終回作品1作目「制服のヴァンピレスロード」。
最終的に夕凪と七夕のイチャイチャエンドなんだろうなぁ、と思っていたのですが、それとは少し違う終わり方で、最終回らしい最終回だったように感じました。
コミックスの巻数としては少ないですが、円満終了といっても差支えない出来ではないかな、と思います。
ただ、作者自身遅筆のようですし、次回作があるのかどうかというと、微妙なところかもしれません。

最終回作品2作目「偉大なる魔女プアン様の観察日記」。
最終回はプアンの友達トラウマの原因になったマーフィとの和解話となっていて、全てをやり尽して終わった、という感じになっていたのがよかったです。
こちらも円満終了と考えてよいのではないかな、と感じる終わり方でした。
次回作は何らかの形で出てくると思います。

来月では「いなかのおまわりさん」が最終回になる、とのこと。
もうかなり前から危ういと思っていた作品だったので、やはりここで終わるのか、と感じました。
現時点では終わる雰囲気が微塵もないので、来月いきなり終わる展開に持っていくのだろうな、と思います。
よくあるパターンとしては、突然誰かの転勤辞令が出るとか。
最終的には日常が続いていくENDになると思うのですが、捻りは欲しいところです。


今月からの新連載「ラグナクリムゾン」。
「スカイブルー」「殺意の戦鬼」を連載していた小林大樹さんの作品です。
今までの作品は、読み切りも含めて現代日本がベースにあって、そこにファンタジー要素があるという設定でしたが、今作は完全ファンタジーで、竜と人の戦いの物語となっていました。
現時点では、キャラが割と立っている、話もしっかり作られていて捻りもそれなりにある、絵のクオリティも高い、ということで、連載していく部分で不安なところはないように感じます。間違いなく水準以上の出来栄えで、合格ラインを易々突破ているように見えます。
今後の展開次第ではありますが、どこかで化けてくれれば、と思います。
これまで打ち切りが2回続いているので、これがダメならもう単独での連載はないと考えられますから、ここで踏ん張ってほしいです。

来月からの新連載で注目なのは「メイのメイデン」。
原作がガクキリオさんで、作画には他誌連載歴のあるかなり上手い人を持ってきているので、これはかなり期待していいのでは、と。
ただ、賭け事の話のようなので、「賭ケグルイ」と被る感じだったらちょっと怖いかも、と。
「賭ケグルイ」はもう本誌の看板作品ですから、完全に系統が同じだったらアンケートの食い合い以前にアンケートが取れない可能性もありますし。
そこだけが心配です。

もう1作の新連載も「キャタピラー」のコンビでの新連載なので、期待しています。
村田真哉さん原作の作品はいくつかありますが、今まで同じ作画の人がついたということはなかったですし、しかも「キャタピラー」という現行連載を抱えての上での連載なので、これはこれで期待していいのかな、と。きっと原作・作画の相性がいいということなのだと思いますし。


その他気になった作品としては、「ハッピーシュガーライフ」が今月すごくよかったです。
終盤間際まではセリフをあえて書かない展開で、こういう作画はスポーツとかバトル漫画だとたまにあるのですが、そうではない作品だと割と珍しいな、と感じながら中盤まで読んでいました。
そうしたら、終盤にまとめて書かれていなかったセリフがぎっしり書きこまれているページがあって、これはパズル形式で各シーンに当てはめていくのが単純に楽しいな、と感じました。
それに、おおよそどのシーンでどのセリフが使われたのか分かるように作画されていたので、演出が上手いなぁ、と感じました。
また、少し前にしょーこがメインの展開が続いていて、それにちょっとページを割き過ぎでは?、と思っていたのですが、今月でその意味がちゃんと出るものになっていたので、やられたな、と感じました。
話もまだまだ急展開が続いていくので、目が離せません。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

Gファンタジー・4月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、など。
今月も雑誌が厚くて読み応えがあってよかったです。読み切りも3作品ありましたし。

今月で最終回だった「ライルと槍」。
連載開始当初から常に終わりそうな雰囲気を出していた作品だったものの、最後はきれいに終われるのかどうか微妙な感じで、どうなるのかと思っていたら、どうにかこうにかまとまった終わり方になっていました。
ルイの父親のこととか、還元人のこととか、もっと掘り下げたかったのだろうな、という設定もありましたが、謎が謎のまま終わった部分はなくて、打ち切りっぽくはあるけど、円満終了といっても差し支えない終わり方だったな、と思えました。最終回にセンターカラーもついていましたし。
これが円満終了という括りに入っていたら、次回作も本誌で出てくると思います。

今月はルーキーカップが開催されていました。
3作品掲載されていましたが、実質「第三百二十七回八百万学園節分祭」と「お地蔵様のまにまに」の一騎打ちだろうと感じました。
読み切り単体の面白さだけだったら「お地蔵様のまにまに」が1番良かったのですが、連載化した後の将来性を込みで考えると「第三百二十七回八百万学園節分祭」の方が上かな、と。
「第三百二十七回八百万学園節分祭」の作者は先月の「薄明の先」と同じで、今作で作風がガラッと変わっていること、絵が安定していること、キャラが立っていること、など伸びしろがかなりあるように見えました。
ただ、今作の読み切りだけで考えると、いきなり名前付きのキャラが5人出てきてとっつきにくかったりして、ページ数も結構あるんだし、その辺りもう少し調整してほしかったな、と。
その点、「お地蔵様のまにまに」は、お地蔵様のキャラも割といい感じで、話に捻りもあったので、かなり読みやすかったです。反面、連載化した後はワンパターンになりそうでちょっと怖かったり。
最終的にはどっちもよかったりすると両方連載化というのもあるので、むしろその展開を待ち望んでいたりもします。

今月は「キューティクル探偵因幡」の番外編が掲載されていました。
本編終了から3年後の話で、エピローグがいろいろと語られていてよかったです。
連載終了に合わせてインタビュー記事と本誌連載陣からのメッセージがあって、その中にひっそりと堀田きいちさんの絵が。「君と僕。」が休載に入ってもうかなり経ちますが、絵が描けない状態ではないんだ、というのが分かったことにはちょっとホッとしました。
その他、さりげなく「小さな魔女の首輪」のチノクさんが6月号から新連載を始めるという情報もあり、これは結構楽しみだったりします。

その他今月気になった作品は「ももも怪レストラン」と「白衣の王様」。
「ももも怪レストラン」はコミックス発売に合わせてのセンターカラーでしたが、ページ数は少ない、背景は真っ白、内容も微妙というのがあって、これはムリヤリ描いているのだろうな、というのが見えました。
これはまたしばらくの間休載した方がよいのでは?、とちょっと感じました。

「白衣の王様」はセンターカラーこそなかったものの、掲載位置が上位で、作品紹介ページが3Pもあったり、1巻が重版されたという情報もあり、意外と人気がある様子なことにちょっとビックリしました。
本誌の打ち切りラインは大体コミックス3巻なので、まだわかりませんが……
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・4月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

それでは、総評です。
面白かったのは、ベルゼブブ嬢のお気に召すまま、無能なナナ、もし世界が同じ空の下に在ったなら、など。
新連載などの入れ替わりがあって、最近やや上向きになってきている感じがあるので、このまま上向きで行ってほしいところです。

来月で「天賀井さんは案外ふつう」が最終回、とのこと。
連載開始当初から、あまり長い話にはならないと言われていましたし、コミックスも次巻が最終巻だと告知されていたので、思っていたよりも早いけど予定通りここで終わるんだな、とまず思いました。
最終回では真木が異世界に旅立って、更にその60年後の世界についても描くようなので、今までの作品よりもエピローグが濃いめの話になりそうです。今までの城平作品は、エピローグといっても最終決戦直後くらいの話が描かれるくらいで、もっと時間が経った後の話が見たいのに、と思うことがそれなりにありましたし。
とりあえず、どうまとめてくるかに注目したいところです。

今月からの新連載「異世界で最強の杖に転生した俺が嫌がる少女をムリヤリ魔法少女にPする!」。
タイトルを見れば内容がそのままわかる代表例みたいな話となっていました。
話としてはかなりベッタベタなのですが、魔法少女ではなく変身アイテム視点の話になっているので、そこは他の魔法少女作品と多少は差別化されているかな、と感じました。
ただ、異世界で最強の杖に転生して魔法少女を誕生させるまでの流れにいまひとつ納得できなくて、これは最強の杖に転生するという設定のためにムリヤリ後付けで説明を付けたからなんじゃないかな、と思えて、そこはもう少しどうにかならないものかな、と思ってしまいました。
かなりページ数を割いて説明はされていたのですが、いくら説明を読んでも、なんでなんで?、と次から次に疑問がわいてくる感じで納得できなくて。
連載初回から説得力がないと、今後が大いに心配です。
絵に関しては、エロが前提の話なのにあまり上手くないので、その辺りも今後の不安要素です。


まだ連載3回目ですが「もし世界が同じ空の下に在ったなら」がなかなかいいのではないかな、と思っています。コミックスが出たら確実に買います。
前回は話の展開がまどマギっぽくなるか?、とちょっと心配だったのですが、今月の展開を見たらそういう方向性ではなかったのでホッとしました。
魔法少女やヒーローたちが戦う敵にもそれぞれ正義があって、魔法少女たちが引退した後、敵も敵で引退した生活をしている、という辺りは話の視点が面白いな、と素直に感じました。
いずれ伸びていってくれればな、と思います。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ゼロサム・4月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、あまつき、ボクラノキセキ、など。
今月も今月でビックリするレベルで雑誌が薄くて、来月15周年なのに大丈夫なの?、といろいろ心配になりました。紙質の問題もありますが、ページ数はジャンプと同レベルで値段は倍以上ですし……

来月で「マクロスΔ 黒き翼の白騎士」と「ヒトキリシェアハウス」が最終回になる、とのこと。
「マクロスΔ」に関しては、先月の段階で過去エピソードが終わっていて、いつ最終回になってもおかしくない状態だったので、予定通りの終了と考えてよさそうです。アニメ本編につながっていくような終わり方になるのではないかな、と思います。

「ヒトキリシェアハウス」に関しては、掲載位置と内容を考えると、まず間違いなく打ち切りなのだろうな、と思います。コミックス1巻発売までは実績もあるので看板クラスの扱いでしたが、それ以降は急速に扱いが悪くなったので、コミックスも売れてないんだろうな、と。
この作品の最大の敗因は、連載初回から今に至るまで話の方向性が見えなかったことだろうな、と思います。
いい意味で今後話がどうなるかわからないという作品もありますが、この作品に関しては、主人公が何かを目指すわけでもなく、かといって日常ギャグというわけでもなく、悪い意味でどう話が進んでいくのかが見えなくて、いろんな意味で中途半端だったように思います。
最期は日常が続いていくENDになりそうな気がします。

ただでさえ不足している連載がここで2作品減るのに、来月に新連載予告はなく……今後不安に思う要素だらけです。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック