So-net無料ブログ作成
検索選択

ガンガンJOKER・4月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、ハッピーシュガーライフ、賭ケグルイ、双、Jヲタ男子朝比奈くん、など。
今月も読み応えがあってよかったです。

今月での最終回作品1作目「制服のヴァンピレスロード」。
最終的に夕凪と七夕のイチャイチャエンドなんだろうなぁ、と思っていたのですが、それとは少し違う終わり方で、最終回らしい最終回だったように感じました。
コミックスの巻数としては少ないですが、円満終了といっても差支えない出来ではないかな、と思います。
ただ、作者自身遅筆のようですし、次回作があるのかどうかというと、微妙なところかもしれません。

最終回作品2作目「偉大なる魔女プアン様の観察日記」。
最終回はプアンの友達トラウマの原因になったマーフィとの和解話となっていて、全てをやり尽して終わった、という感じになっていたのがよかったです。
こちらも円満終了と考えてよいのではないかな、と感じる終わり方でした。
次回作は何らかの形で出てくると思います。

来月では「いなかのおまわりさん」が最終回になる、とのこと。
もうかなり前から危ういと思っていた作品だったので、やはりここで終わるのか、と感じました。
現時点では終わる雰囲気が微塵もないので、来月いきなり終わる展開に持っていくのだろうな、と思います。
よくあるパターンとしては、突然誰かの転勤辞令が出るとか。
最終的には日常が続いていくENDになると思うのですが、捻りは欲しいところです。


今月からの新連載「ラグナクリムゾン」。
「スカイブルー」「殺意の戦鬼」を連載していた小林大樹さんの作品です。
今までの作品は、読み切りも含めて現代日本がベースにあって、そこにファンタジー要素があるという設定でしたが、今作は完全ファンタジーで、竜と人の戦いの物語となっていました。
現時点では、キャラが割と立っている、話もしっかり作られていて捻りもそれなりにある、絵のクオリティも高い、ということで、連載していく部分で不安なところはないように感じます。間違いなく水準以上の出来栄えで、合格ラインを易々突破ているように見えます。
今後の展開次第ではありますが、どこかで化けてくれれば、と思います。
これまで打ち切りが2回続いているので、これがダメならもう単独での連載はないと考えられますから、ここで踏ん張ってほしいです。

来月からの新連載で注目なのは「メイのメイデン」。
原作がガクキリオさんで、作画には他誌連載歴のあるかなり上手い人を持ってきているので、これはかなり期待していいのでは、と。
ただ、賭け事の話のようなので、「賭ケグルイ」と被る感じだったらちょっと怖いかも、と。
「賭ケグルイ」はもう本誌の看板作品ですから、完全に系統が同じだったらアンケートの食い合い以前にアンケートが取れない可能性もありますし。
そこだけが心配です。

もう1作の新連載も「キャタピラー」のコンビでの新連載なので、期待しています。
村田真哉さん原作の作品はいくつかありますが、今まで同じ作画の人がついたということはなかったですし、しかも「キャタピラー」という現行連載を抱えての上での連載なので、これはこれで期待していいのかな、と。きっと原作・作画の相性がいいということなのだと思いますし。


その他気になった作品としては、「ハッピーシュガーライフ」が今月すごくよかったです。
終盤間際まではセリフをあえて書かない展開で、こういう作画はスポーツとかバトル漫画だとたまにあるのですが、そうではない作品だと割と珍しいな、と感じながら中盤まで読んでいました。
そうしたら、終盤にまとめて書かれていなかったセリフがぎっしり書きこまれているページがあって、これはパズル形式で各シーンに当てはめていくのが単純に楽しいな、と感じました。
それに、おおよそどのシーンでどのセリフが使われたのか分かるように作画されていたので、演出が上手いなぁ、と感じました。
また、少し前にしょーこがメインの展開が続いていて、それにちょっとページを割き過ぎでは?、と思っていたのですが、今月でその意味がちゃんと出るものになっていたので、やられたな、と感じました。
話もまだまだ急展開が続いていくので、目が離せません。