So-net無料ブログ作成

ガンガンJOKER・5月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、ハッピーシュガーライフ、賭ケグルイ、双、メイのメイデン、など。
今月は引き付けられる作品が多くて、いつにも増して読み応えがありました。

今月で最終回だった「いなかのおまわりさん」。
最終回は誰かの異動話だろうな、と思っていたらその通りの展開で、最終回らしいけどあまりにも捻りがなさ過ぎて残念だな、と感じる終わり方でした。
こういう終わり方しかなかったんだろうな、とは思うのですが、打ち切りなら最後くらい弾けてみようっていう展開はないものなのかな、と思ったりも。
次回作は既にWeb掲載で決まっているようなので、本誌復帰はなさそうな感じです。


今月からの新連載1作目「蝶撫の忍」。
ビッグガンガンで「キャタピラー」を連載している原作・作画コンビによる新連載です。
全くの新しい内容での新連載だとばかり思っていたのですが、ふたを開けてみれば蟲の話でした。時代が戦国時代なので、「アラクニド」のスピンオフというわけではなく(最終的に蟲の組織につながっていく展開はなさそうな雰囲気)、完全独立した新作の蟲作品、ということのようです。
まぁ、だからこその同じ原作・作画コンビで描くことになったのかな、とも思いましたが。
主人公は蝶の能力を持っていて、本能寺の変で死んだ信長の首を秀吉から守りつつ次世代の覇者に渡すために旅をする、という話なので、そこまで長い話にはならないような感じがします。
また、この時代での蟲の能力は忍術ということになっているようで、これはこれでアリな設定だな、と感じました。
すでに実績のある作品の原作・作画による同系統の新作なら、打ち切りのリスクも少なく連載していけるんじゃないかな、という気がします。

新連載2作目「メイのメイデン」。
こちらはコンビを組むのは初めてながらも、どちらも他誌連載歴のある作家さん同士の新連載です。
オリジナルのギャンブルで客と勝負をして、いつか運命の人に出会うのを夢見るデリヘル嬢の話、となっていました。
系統的には「賭ケグルイ」とほぼ同じなのですが、これはこれで非常によくできていて面白い話になっているので、ジャンル被りしていても何の問題もないな、と感じました。ジャンル被りがあるとアンケートの食い合いでどちらかの作品が打ち切られるとか共倒れになる場合が多々あるのですが、これはどちらの作品もそれぞれアンケートを取っていくのではないかな、と感じました。
以前掲載された読み切りや他誌連載中の「堕イドル」と同様、ギャンブルの設定、イカサマのやり方と見破り方、そこに至るまでのヒントの出し方など、相変わらずバランスが上手いな、と感じました。
絵もかなり上手くて原作者が求めるエロを十分表現できていると思いますし、いずれ本誌の看板に上り詰めることもあるのではないかな、と。
いつか「賭ケグルイ」とのコラボ企画とかも出てきそうな気がします。
今後にも期待しています。

今月特によかったのは「ハッピーシュガーライフ」と「ラグナクリムゾン」。
「ハッピーシュガーライフ」は、別の街に行ってしまったあさひをがそのままフェードアウトすることはまずないと思っていたものの、どうやってまた同じ街に呼び戻すかがわからなかったので、そこをどう描くかに注目していました。
その答えが今月出ていて、これは上手いなぁ、と感心する展開でした。今までの伏線も上手く活かしていましたし。
近いうちにアニメ化もあるんじゃないかな、と思います。

「ラグナクリムゾン」はタイトルにもなっているクリムゾンというキャラが出てきて、おおよそ話の方向性が見えてきました。
そこに至るまでの展開にちょいちょい良い捻りが加えられていて、これはかなり話作りを丁寧にやっているんだろうな、というのが伝わってきて、近いうちに化けそうだな、と感じました。
話もループものではなく、未来の知識を過去でどれだけ活用できるかの一発勝負的な感じになっていたので、その辺りも設定的に最近あまり使われないものを持ってきているのはいいな、と感じました。
今後も伸びていってほしい作品です。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

Gファンタジー・5月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

姪っ子もついに大学生になり、今までいろんなゲームやらアニメやらにはまっていましたが、最近は声優の神谷浩史さんに夢中のようです。
出演アニメをチェックするのはもちろん、「宇宙戦隊キュウレンジャー」に出ていると知れば、映画の「超スーパーヒーロー大戦」を観に行くくらいにはファンになっています。(ちなみに、映画には1分くらいしか出演していません)
漫画やアニメにはまる→特定のキャラにはまる→演じている声優にはまる、という美しい流れを今まさに見ている、という感じです。神谷浩史さんのファンになったのも、大元はリヴァイを神谷浩史さんが演じていたところからみたいですし。


では、Gファンタジーノ総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、など。
今月は全体的に面白かった感じで、雑誌の底上げがされている感じがしてよかったです。

来月で「死神と銀の騎士」と「博多豚骨ラーメンズ」が最終回、とのこと。
「死神と銀の騎士」に関しては間違いなく円満終了なので、問題ないです。
短期連載から長期連載に昇格して、打ち切りにならず最後までキッチリ描いた作品、というのは本誌では初めてなのではないでしょうか。同じく短期連載からの昇格作品「地縛少年花子くん」はこれから看板作品としてメディアミックスまであるかもしれませんが、円満終了になるかはまだわからないですし。
話としては今月で最終決戦まで終わっているので、最終的にシオンをどうするのか、このまま死ぬのか奇跡で生き永らえるのか、その辺りに注目しています。

問題なのは「博多豚骨ラーメンズ」。
連載開始時に紹介されていたメインキャラ6人がまだ全員ちゃんと紹介されていない段階で、話としてスタート地点にも立っていない、まだ序章の段階だと思っていたのですが……来月の終わりが小説1巻の終わりのところなのかどうなのか。
話としては、林憲明のエピソードが完結して終わり、という感じになりそうです。いろいろ伏線が置き去りになりそうで、その辺りちょっと怖いです。
「デュラララ!!」とか「魔法科高校の劣等生」みたいに、タイトルを変えて連載が続いていくという可能性もありますが、どうも告知を見る限り来月限りで終わるのでは、と。
果たしてどうなるのか……


来月からの新連載「白石君の動級生」は「小さな魔女の首輪」のチノクさんの新連載ということで、期待しています。
「小さな魔女の首輪」はかなり好きだったのですが、最後は残念ながら打ち切りだったので、次回作はないのでは?、とちょっと思っていたこともあり、ここでの復活はうれしかったです。
前作とはまた違う雰囲気の話になりそうなので、どんな風になっているのか、今から楽しみにしています。


今月の展開に驚かされたのは「黒執事」。
ここでネタバレは控えますが、とあるレギュラーキャラが大変なことになってしまいました。
この衝撃は、初期にマダムレッドが事件の黒幕だとわかった時以来でしょうか。
長期連載作品って割と登場人物たちがピンチになっても大丈夫だろうと感じて、そこまで緊迫感を持って見ることが少なくて、この作品に関してもそうだったのですが、今回で考えを改めました。
私自身、緊迫感を持って読んでいたのは「アカメが斬る!」と「鋼の錬金術師」くらいだったように思います。

「王室教師ハイネ」のアニメを見ました。
原作よりも大分ギャグ寄りの話になっていることにちょっとビックリしましたが、それがいいアレンジになっていて、かなり楽しく見られました。
ハイネの声はもっと少年声というか、高いと思っていたら意外と低くて、でも成人男性なんだからそういうものか、と妙に納得した部分もありました。
声は声優経験のない舞台中心の俳優さんたちがメインだというのでちょっと心配していたのですが、ふたを開ければ何の問題もなかったです。普通に聞けました。
絵もかなりきれいでしたし、これは間違いなく当たりアニメだな、と感じました。
今後も楽しみにしています。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・5月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

娘の幼稚園が始まって、更新時間もそれなりに取れるようになりました。
幼稚園の春休みは結構長めで毎日バタバタしていましたが、それがようやく落ち着いた感じです。
来年は小学生なので、その準備も何やかんや始めないとなのですが。

では、ガンガンの総評です。
面白かったのは、無能なナナ、はっぴぃヱンド、ばからもん、など。
今月は休載が多めでちょっと残念でした。

今月で最終回だった「天賀井さんは案外ふつう」。
60年後のエピローグまでキッチリ描いて、きれいに終わっていました。
結局異界のことはよくわからないままでしたが、下手に多くを語るより、これくらいの方がいいのかな、と感じましたし、もやもやする部分もなく終わったので、これはこれで円満終了かな、と。
ただ、当初期待したよりかは今までの作品みたいに引き付けられるところがなく、終始のんびり穏やかに終わった感じなので、その辺りが少し物足りない感じはしました。
本誌の危機を救うべく、望まれて始まった連載だったと思いますし、連載中は看板作品だったとは思うのですが、それにしてはメディアミックスもなく、連載期間もそれほど長くなく終わってしまったので、その辺りも少し残念な感じはしました。
次回作があるかどうかは微妙なところかもな、と思わないでもなく。
作画の水野さんの方は、何か原作付きですぐ帰ってきそうな感じですが。

今月からの新連載「はっぴぃヱンド。」。
終盤間際までは、田舎暮らしのほのぼの系作品かな、でも「ばらかもん」があるしジャンル被りになると新人さんの連載は厳しいんじゃないかな、と思って読んでいました。
それが一気に崩される展開になったときは、これはやりようによっては化けるかも、という期待に変わりました。
終盤の急展開に辿り着く前、ほのぼの系の展開なのだけど、不穏に表示される日付とか学級日誌のルールの伏線があったので、急展開なのだけど、その展開自体には納得がいきました。演出の仕方が上手いな、と感じました。
これを次回以降どう見せてくれるかに注目しています。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ゼロサム・5月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
おもしろかったのは、あまつき、ボクラノキセキ、など。
今月は15周年記念号でカラー冊子が付いて+100円という価格設定だったのですが、雑誌の総ページ数は500Pを割り込んでいて、月刊誌でここまでページ単価の高い雑誌は初めてかも、というレベルでした。
圧倒的に連載数が足りてない&休載が多すぎるせいなのですが……

今月で最終回だった「マクロスΔ 黒き翼の白騎士」。
未来に向かっていく終わり方で、サイドストーリーとして立派に役目を果たして終わった、という感じだったので、いい最終回だったと思います。
サイドストーリーとして程よい長さの連載でしたし、絵も安定していて、特にマイナスに感じる部分はなかったです。
これなら次回作はオリジナルで登場するのではないかな、と思います。

今月で最終回予定だった「ヒトキリシェアハウス」は原稿を落とす寸前だったようで、掲載された大半が下書きで、ページ数も少なめとなっていました。話としては盛り上がっているので、それなりにきれいに終わりそうな雰囲気はあるのですが……
ひとまず、来月に持ち越しです。

来月では「千年迷宮の七王子-永久回廊の騎士-」が最終回、とのこと。
まだコミックスが発売されていない段階で、ついこの前連載が始まったばかり、と感じる本作品ですが、来月で終わってしまうようです。
ただ、話としてはユアンの戴冠式が無事終わって完結、となりそうなので、中途半端に終わることはないのかな、と。
元々予定になかっただろう続編掲載だったので、元からこの長さを想定していたのかもしれませんし、もしかしたらまた別のサブタイトルがついて連載が始まるのかも、という気がしないでもなく。
その辺りの告知があるかどうかも、注目したいところです。

今月ひっそりと連載が開始されていたのは「彼女の腕は掴めない」。
元々はゼロサムオンラインでの連載作品なのですが、今月から出張掲載ならぬ出張連載ということで。
生まれつき両腕のない女子高生が、四肢欠損に性的嗜好を覚えるというアポテムノフィリアの男性に誘拐される、という話で、いろいろ切り込んでいる作品だな、と感じました。
話もかなり淡々と進んでいくので、それがまた不気味さと静かな怖さを醸し出していて、これなら出張連載になるのもわかるな、と感じる作品でした。
4月にはコミックスが発売されると告知されていたので、これは購入予定でいます。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック