So-net無料ブログ作成
検索選択

ガンガンJOKER・6月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、賭ケグルイ・双、ヴァニタスの手記、ラグナクリムゾン、など。
今月も読み応えがあってよかったです。

今月は3作品読み切りが掲載されていて、中でも「バール&チェーンソー」が面白かったです。
原作が「犬とハサミは使いよう」の作者で、実際にこの作品は読んだことはないものの、ラノベ作家らしいというか、すごくキャラが立っているな、と感じました。
大筋のストーリーはゾンビものとして王道だったのですが、このキャラだけで普通に連載になってもいけるのでは?、と感じました。肉に関する伏線も上手かったですし。
絵は粗削りなので、連載化の時はもう少し安定しているといいな、と思います。

来月は「アカメが斬る!」の作画を担当していた田代哲也さんの読み切りが掲載される、とのこと。
「アカメが斬る!」の続編で作画を担当しないようだったので、引き抜かれたかオリジナルで描きたいと思っているかどちらかだな、と思っていたら、後者でした。
原作付きの作品の作画担当者のオリジナル作品というと、あまり成功例を知らないので少し不安もありますが、期待もしています。


今月発売のコミックスが割と多くて本屋さんに行ったものの、有名どころしか置いてなくて、欲しいものは全て手に入れられませんでした。
こういうことが割と最近多くて、スクエニ系のコミックスだと、確実に人気があって売れている本と最初の1巻はほぼ確実に手に入るのですが、2巻以降のそこまで売れていないっぽい本というのは手に入りにくいです。
今月の本誌発のコミックスの場合、「ハッピーシュガーライフ」5巻、「イノセントデビル」1巻、は手に入ったものの、「Jヲタ男子☆朝比奈くん」2巻は手に入らなかったです。むしろ本屋さんには前者2作品しかなかったです。「Jヲタ男子☆朝比奈くん」の1巻発売の時は、ちゃんと入荷していたのですが。
一昔前みたいに、欲しい本は池袋で確実に買うというのではなく、地元で探してなかったら通販、という形になったことで、あまり部数が刷られていない本というのがより鮮明にわかるようになりました。
出版不況というのはもうずっと言われているので、出版社も在庫を抱えないためにより刷らなくなっているのかな、とも思います。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

Gファンタジー・6月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

先日「堕イドル」の2巻が発売されたので早速読んでみたら、2巻で打ち切りになっていた、という事実が判明しました。これ、結構ショックでした。
原作のガクキリオさんの話では、アンケート自体はかなり取れていて1巻の初版も多めに刷られたくらいだったけど、その1巻が売れなくて打ち切りになった、とのこと。
アンケートが取れているならもう少し様子を見るとかないんだ、というのが意外でした。内容は確実に面白かったのに……
ただ、原作ベースでの続編掲載はブログで細々と続けるとのことなので、その辺りは追いかけて行こうと思います。


では、Gファンタジーの総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、死神と銀の騎士、など。
今月コミックス発売がある作品に、軒並み解説ページがついていたのはなかなか親切でいいな、と思いました。

今月での最終回作品1作目「死神と銀の騎士」。
エピローグに丸々1話割いたというのもあり、きれいな最終回になっていました。
冒頭でいきなりシオンが消えたときは、随分あっさりした終わり方にしたなぁ、と思っていたのですが、そこから各騎士のその後が割と細かく入っていて、さらに未来の話に入ってからのハッピーエンドとなっていて、ちょっとグッとくるものがありました。
ハッピーエンドでキッチリ終わった作品の中でも、この作品の終わり方はかなり上位に来る感じがしました。ベタな終わり方でも、この終わり方がよかった、と思えるものでしたし。
次回作は確実に来ると思うので、期待したいです。

最終回作品2作目「博多豚骨ラーメンズ」。
前回の劣勢状況からどう巻き返すのかと思っていたら、きれいな大逆転劇があって、何やかんやできれいに終わったな、と思える最終回でした。
これがおそらく小説1巻の終わり方で、人気があったら続編も……ということだったと思うのですが、残念ながら告知はありませんでした。
決してつまらない作品ではなかったですし、それなりに面白く読んでいたのですが、唯一欠点があったとしたら、主人公が斉藤なのか林なのかである意味ぶれて見えたところかな、と。
元々群像劇の話というのはわかっていたのですが、同じ群像劇の「デュラララ!!」は罪歌編だったら杏里、黄巾賊編だったら正臣が主役というのがはっきりした上で周りのキャラが生きているという感じがしたのに、こちらは最初斉藤が主役で途中から林に切り替わった感じになって、結局どちらが主役なのかよくわからなくなってしまいましたし。
原作のアニメ化が決まっていたら連載が終わることはないと思うので、原作のアニメ化はないのだろうな、と感じました。予め決まったうえでの連載化と思っていたのですが……


今月からの新連載「白石君の動級生」。
「小さな魔女の首輪」を連載していたチノクさんの新連載です。
心に思っていることを上手く言葉にできないコミュ障少年が、新天地で頑張る話、となっていました。
第1話では新しいクラスに入ったら動物だらけだった、というところで終わっていたので、ベタな展開で考えると、クラスメイト全員動物が人に化けた姿、ということなのだと思います。
ただ、まだわかっていることが少ないので、主人公だけが人間で間違って動物クラスに入ってしまった(これが1番ベタ)、実は主人公も動物、他のクラスの生徒はそのことを知っている、などいろんな可能性が考えられるで、まだ何とも言えません。
でも、タイトルからしてクラスメイトが動物が人間に化けた姿だというのは確定っぽいので、その辺りの設定は「妖怪学校の先生はじめました!」とちょっと被るかな、と思えて少し心配です。
絵は前作に比べて格段に上手くなって安定しているので、その辺りは心配しなくても大丈夫そうです。
とりあえず、来月を待ちたいです。


※ここから「黒執事」に関するネタバレや考察が入るので、一旦隠します。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・6月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、無能なナナ、はっぴぃヱンド、ベルゼブブ嬢のお気に召すまま、など。
今月は休載からの復帰作もいくつかあって、まずまずの読み応えでした。

来月で「再生のファンタズマ」が最終回、とのこと。
元々掲載位置が後ろのことが多くて、ここ最近は謎解きが割と出ていたり、最終回を匂わせるような登場人物の発言があったりしたので、やっぱり終わるのか、とまず感じました。
話としてそれなりに区切りがついて終わる感じはありますが、全てが丸く収まるようなハッピーエンドはないかな、という気がします。シュマリが生き返ってよかったねENDはありそうですが……
「屍姫」の次の連載ということで鳴り物入りで始まった連載でしたが、短期で(おそらく打ち切り)終わってしまうということで、残念でした。
まぁ、前作は少女たちが武器を持って(ノーパンで)戦う、というところに個性があったのに、今作は似たようなファンタジーバトルものだけど、男主人公がヒロインを守るという極々王道な話で、大きな個性が出せなかったのが打ち切りの原因だろうな、と思います。連載の最初から最後まで、悪くはないけど普通の話、という印象が変わらなかったですし。
次回作があるかどうかは微妙なところでしょうか。

来月からの新連載はどうやらまたエロ系の作品のようです。
明らかに「戦×恋」から始まっているエロの流れですが、「戦×恋」は1・2巻合計で10万部売れているということで、2万部売れてトントンという漫画業界なら、それなりのヒット作になっているというのもあり、似た系統の作品を投入してくるのは仕方ないのかな、と思います。
あまりにエロ系の作品が増えると、アンケートの食い合いで共倒れとかもありそうですが……
個人的にはあまり歓迎できない流れなので、少し残念です。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ゼロサム・6月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、ボクラノキセキ、ファイアーエムブレム、Landreaall、など。
今月も休載多めで雑誌が薄くて残念でした。

今月での最終回作品1作目「ヒトキリシェアハウス」。
主人公たちを取り巻く環境が少し改善されて日常が続いていく、というそれなりに王道な終わり方となっていました。打ち切りだった割にはまとまりが良かったな、と感じました。
前作「Are you Alice?」は長期連載&円満終了だったものの、今作は短期連載&打ち切りだったので、次回作も同じコンビでの連載、というのはないかもしれないな、と思います。
別のコンビでの連載なら、十分あり得るとは思うのですが。

最終回作品2作目「千年迷宮の七王子-永久回廊の騎士-」。
いろいろな問題がきれいに解決して、円満終了となっていました。
タイトルを変えての続編掲載もあり得るかな、と思っていたのですが、外伝のコミックスが発売されるものの、連載はない様子。なので、「千年迷宮の七王子シリーズ」はここで完結のようです。
ただ、円満終了であることは確かなので、この原作・作画コンビによる新連載はいずれ出てくるのではないかな、と思います。

今月からの新連載「僕×{おネエマフィア×任侠ヤクザ}」。
タイトル通りの話の新連載です。
小学5年生の男の子がヤクザの家でおネエマフィアと同居するギャグ寄りな話となっていました。
本誌でのギャグ枠は現在「ストレンジプラス」のみなので、ギャグ枠の連載はありだな、と思います。
内容としても、よくあるなんちゃってヤクザではなくて本格的なヤクザの話も少し入っているようなので、その辺りにも少し期待してもいいのかな、と思います。
しばらくは様子見な感じになりますが。

今月「拝み屋横丁顛末記」がいきなり終わりそうな展開になっていてビックリしました。
横丁再開発・正太郎が実家に帰ることになる・正太郎の父登場、と今までにない急展開で、あと2回くらいで終わってもおかしくない話になっていました。
何やかんや横丁は残るという展開になるとは思うのですが、そこで最終回になってしまうのかどうか、見守りたいです。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック