So-net無料ブログ作成

ゼロサム・8月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、あまつき、Landreaall、拝み屋横丁、など。
今月は休載作品が4作品あった上に雑誌もかなり薄くて残念でした。
アニメ放映がもうすぐ始まり、表紙にもなっている「最遊記 RELOAD BLAST」の本編掲載がなかったのが1番きつかったです。

今月で最終回だった「拝み屋横丁顛末記」。
最終回にして初登場だった大家さんの祖父とか、正太郎に霊感がないのは封印されているからだという事実がわかったりとか、最終回にいろいろ盛り込んできたなぁ、というのが、最終回だという感慨深さよりも先に来た感想でした。
終わり方はほぼ予想通りでしたが、これはこれでこの作品らしいな、と感じられてよかったです。
次回作は普通ならすぐにでも出てきそうですが、他誌でも割と描いている作家さんなので、その辺りはどうなんだろうなぁ、と思ったりも。
何を描いても平均以上のものは出てきそうではありますが。


来月には大型新連載が用意されているとのことですが、タイトルも作者も未発表、でも表紙&巻頭カラーは決まっている、という異例の形となっていました。
現時点で考えられることは、ここまで大々的な新連載をやるのであれば、新人ではなく、本誌でも他誌でも連載歴があって、少なくともそれがアニメ化レベルくらいにはヒットしている作品を手掛けた人だろう、ということくらいでしょうか。
その前提をもとに考えられる作家さんを考えると、

1.高河ゆんさん
今まで数々の連載作品を途中放棄して新作を発表してきているので、「LOVELESS」の最新刊を出したところで連載を中断して新作の連載をやる、というのは考えられなくもないです。
約1年「LOVELESS」の連載が中断していますが、これは新作の構想を練っていたからかも、と。

2.本誌で既に連載をしている作家さんが掛け持ちで連載をする
本誌の看板の一角を担う「魔界王子」「カーニヴァル」「あまつき」の各作家さんたちが新連載を立ち上げるのでは、と。既に連載が終わっている作家さんであればこういう発表の仕方はないと思うので、並行連載なら1ヶ月隠すかなぁ、と。

3.本誌初登場の講談社系列の雑誌で描いている作家さん
一迅社は講談社系列の雑誌社になりましたから、そちらからビッグネームの作家さんが流れてきてもおかしくはないかな、と。ここまで範囲が広がると作家さんの予想はできませんが、本誌の作品傾向からすると女性作家さんではないかな、と。

こんな辺りでしょうか。
果たして誰がやって来るのか……
本誌を救ってくれる作家さんであることを願います。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック