So-net無料ブログ作成
検索選択

ゼロサム・9月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、あまつき、ボクラノキセキ、破天荒遊戯、など。
長期連載作品がごそっと抜けそうで、そこにメディアミックス作品の新連載ばかりやって来るので、もうそういう方向性になっていくのかなぁ、と感じています。

来月で「あまつき」が最終回、とのこと。
1年くらい前から、もうすぐ終わるという感じのことがコミックスでも言及されていましたから、予定通りの終了となりそうです。
漆原関連のことをどう処理するのか、というのが気になりますが、それ以外の部分はきれいに終わりそうな感じで、大団円を期待していいのかな、と。
今月の終わり方を見ると、最終回は数年後の話になりそうでもありますが……
その辺りも含め、どういう終わり方になるのか、待ちたいです。

今月からの新連載「Fate/Grand Order-mortalis:stella-」。
スマホゲームの大型版権新連載で、作画は「テイルズオブゼスティリア」の作画も担当していた白峰さんです。
この連載には講談社の力が大きく関わっているようで、そもそも「Fate/Grand Order」の連載自体が別冊マガジンとの並行連載で、本誌では英霊マシュの視点で物語が描かれる、とのこと。やはり連載の立ち位置としては、別冊マガジンの方が上なんだろうな、と感じました。
ただ、第二章以降は交互に章担当が入れ替わるとのことで(本誌は基本的に偶数章担当)、ストーリーを全て理解したいならどちらの連載も読まないといけない、という構成になっているということもあり、連載自体が添え物扱いということではないようです。
今までもテイルズシリーズとかマクロスとか、大型版権取ってきたなぁ、と思う新連載はそれなりにありましたが、これはそれらを超えて最大の大型版権のように感じます。それはやっぱり大手出版社でないとできないことなのかな、と思ったりも。

肝心の内容はというと、原作がしっかりしている分、それなりに難しい話でも読みやすかったので、連載していく分には問題ないかな、と。
むしろ、別冊マガジン側の予告カットの絵がちょっと下手に見えたので、本誌は大丈夫だけど、別冊マガジン側も大丈夫と言えるのか?、と少し心配になりました。
まぁ、カラーが下手でも白黒が上手い作家さんはたくさんいますが……


↑でも少し触れましたが、先月で「拝み屋横丁顛末記」が終わり、来月で「あまつき」が終わり、どうも「Landreaall」も終わりそうな気配になってきて、長期連載陣がここで一気に抜ける雰囲気となってきました。
「あまつき」の高山しのぶさんに関しては、既に新連載が控えているとコミックスで告知されていたので早々に復帰してくると思われますが、来月からの新連載は小説原作ということで、オリジナル作品がどんどん減っていくなぁ、と感じます。
新人さんの作品はもうWEB掲載が基本みたいになりましたし、版権作品を扱った方が最低限の利益は確保できるというのもあって、大手出版社の雑誌でないともうこの手法になっていくのかな、と思ったりも。角川なんかはかなり前から版権作品主体ですし。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック