So-net無料ブログ作成

ゼロサム・4月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。
ちょっとバタバタしていて感想が遅れ気味になっています。すみません。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、悪役令嬢、人外さんの嫁、ストレンジプラス、など。
いろいろと連載が入替っているので、雑誌としてリニューアルしてないのにリニューアルしているような感じがしてしまっています。

今月での最終回作品1作目「魔界王子」。
先月の段階で最終決戦は終わっていたので、今月はエピローグがメインとなっていました。
各キャラにちゃんとした決着をつけての大団円終了だったな、と感じました。終わり方としてはこれ以上ないものだな、と思います。
作画担当の雪広うたこさんは来月からオリジナル新連載をスタートするということで、その辺り本誌は早いなぁ、と感じます。「あまつき」→「未完成サイコロトニクス」もそうでしたし、喜久田ゆいさんもかつて休みなしで連載終了→新連載の流れがありましたし。
原作が付いていない連載だということに一抹の不安はありますが、見てみないことには何とも言えないので、ひとまず来月を待ちたいです。

最終回2作目「僕×{おネエマフィア×任侠ヤクザ}」。
終わり方は日常が続いていくENDで、先月の段階で話に波乱は起きていなかったというのもあり、この終わり方しかなかっただろうな、と感じました。
コミックスすら出ないのでは?、と思っていましたが、4月にちゃんと発売されるようです。
ただ、これだけ短命の連載だったので、次回作があるとしても原作が付くものとかになりそうな気がします。絵は上手いですし。

最終回3作目「A3!」。
初舞台の千秋楽が無事に終わって大団円……かと思いきや、夏公演に向けて新メンバーを募集しなければいけないという話から、その新メンバーらしき新キャラが最後に出て終わる、といういろいろと含みを持った終わり方となっていました。
それでいて続編の告知はなく、最終回に表紙にまでなっているのにこのまま終わるのかな?、と思うとなんだかなぁ、と思ってしまったり。
コミックスの売り上げ次第で続編が出てくることもあり得るのかな、とも思いますが……


今月からの新連載「カーストヘイト」。
男性でも妊娠可能で、いろんな動物の因子を持った人種が暮らす世界。そこは優性種・劣性種・貴重種に分かれていて、主人公は優性種で劣性種を見下しているのに、劣性種の男に惚れてしまう、という話でした。
世界観とか話の進め方とか高河ゆんさんっぽい雰囲気のある話だな、と思っていたら、作者コメントで「LOVELESS」が好きだと書いてあったので、やっぱり影響はあるんだな、と感じました。
高河さんの作品は、人を好きになるのに性別など関係ない、設定解説は作中でも最小限、ついて来られる人だけついて来い、みたいなところがあるので、この作品もそんな感じかな、と。
割と好き嫌いがわかれる作風になりそうなので、今後を見守りたいです。


また、先月末に発売された「ストレンジ・プラス」の最新刊で、本作は次巻で完結する、という告知がされていました。なので、ここ最近出ていた「そろそろ終わるんじゃないか感」は本物だったようです。
全200話で終わるとのことなので、残り8話。その間にいろんなところに決着をつけるのではないかな、と思います。ラスティとか貴世子とか……まぁ、いっぱいいますし。
冒頭にも書きましたが、雑誌としてリニューアルしてないのにリニューアルした雑誌のようにいろんなものが入替っていっている感じがします。
半年後くらいにどうなっているのか……
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

ガンガンJOKER・3月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、遺書公開、渋谷金魚、ラグナクリムゾン、など。
今月も読み応えがあってよかったです。

今月で最終回だった「妹さえいればいい。 外伝 妹にさえなればいい!」。
先月で話にほぼ決着がついていたので、最終回はバレンタインネタに絡めたエピローグでした。
ページ数も少なめでかなりあっさりした印象ではありましたが、ハッピーエンドで連載を完走した形になっているので、次回作は何かしらの形で出てくると思います。

また、今月で「オタカレ腐女カノ」の本誌掲載が最後となり、次回以降はガンガンpixivに移籍となる、とのこと。
移籍という形なので打ち切りというわけではないですが、紙媒体からWeb媒体への移籍となると、左遷という形に近いのかな、という気がします。まだコミックスも出ていないですし、連載開始からあまり経過していないですが、本誌内ではあまりパッとしない感じなのかな、と。
ただ、内容的に紙媒体よりWeb媒体の方がウケそうな内容ではあるので、そういう判断ということもあり得ますが。
雑誌が休刊するわけでもないのにWeb移籍自体がかなり珍しいことなので、この連載がどこまで続くのかは気になります。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

Gファンタジー・3月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、show window、など。
今月は休載が多くて残念でしたが、代原で掲載されていた読み切りが当たりだったので、そこは救われた感じがしました。

来月で「白衣の王様」が最終回、とのこと。
ここ2~3ヶ月で終わりそうな展開を持ってきていたので、やはりここで終わるのか、とまず感じました。
今月の展開を見る限りだと、来月ですべてまとめて大団円、というのはちょっと無理な感じがしたので、どこまで描いてくれるかに注目したいです。
コミックス全5巻で、4巻発売記念でフェアをやるくらいですから、打ち切りというわけではなく円満終了という流れだとは思うのですが。

冒頭にも書きましたが、今月掲載されていた読み切り「show window」はなかなかいい読み切りでした。
今月は「デュラララ!!」「グランネリエ」「そのアイドル吸血鬼につき」が休載でした。ただ、「グランネリエ」がギリギリ掲載できるかどうかで掲載できなかったために(アンケートには「グランネリエ」があるので)急遽入ってきた代原という形の読み切りで、目次にタイトルもないですが、それにしてはすごくよくできた話だなぁ、と感じました。
ショーウィンドウの中のクマのぬいぐるみ視点で店に訪れる人たちを観察する、という話だったのですが、こういうぬいぐるみ視点の話の場合、誰かに買われていく話が大半なので、私もそういう展開を予想していました。
そうしたら、結局最後まで買われることはなかったというのにまず驚き、更にはぬいぐるみたちは子供たちに飽きられるまでが自分の使命だと達観していたり、買ってくれた子の趣味に自分を合わせていくのも当然だと思っていたり、といろいろ今まで見てきた作品とは違う切り口で見せてくれたのがすごくよかったです。
絵もかわいらしくてよかったですし、この作品で連載というのは難しいかと思うので、別作品でまた出てきてくれたらな、と思います。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・3月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

何やかんやで大変だったインフルエンザも何とか我が家を通り過ぎて落ち着きました。
結局私はインフルエンザにはかからなかったと思われるのですが、実際のところ娘がインフルエンザにかかる1週間くらい前に熱はないのに異様に体がだるくてお腹も壊して……みたいなのがあって、そのときインフルエンザだったのでは?、と思わないでもなく。
それが娘と旦那に移った可能性も否定できず……なのですが、今となってはもうわからないです。

それでは、ガンガンの総評です。
面白かったのは、無能なナナ、はっぴぃヱンド、FFLS、など。
最近また連載陣の入れ替わりが激しくなっているので、これがいい方向に向かえば、と思います。

今月で最終回だった「生きてますか?本田くん」。
エピローグまで話に入っていたので、内容的にはキッチリ終わったな、という感じがしました。
ただ、ゾンビを消す方法などはかなり無理矢理で都合よく処理してしまったな、という風に見えて、その辺り、やはり打ち切りだからなのかな、と思ったりも。
ゾンビが街に溢れ返る設定といえばパニックホラーなのですが、この作品はそのゾンビがあまり驚異的に描かれていないせいか、パニックホラーという雰囲気があまりありませんでした。どちらかと言えばギャグテイストで。
それはそれでそういう設定もアリなのかな、と思いつつも、時々入るシリアスなシーンではゾンビの脅威が静かに広がっている雰囲気があったりして、終始シリアスなのかギャグなのかはっきりせず、どちらにしろ中途半端な印象でした。
明るいゾンビものだったら下手にシリアスを入れないで、ギャグに全振りするくらいにしてほしかったです。
それだったらまた違ったかも、と思わないでもなく。
実績のある作家さんなので、次回作は何かしら出てくるだろうとは思います。

来月で「ちちとこ」が最終回、とのこと。
学年末の話が続いていたので、学年を上がらせるのかどうなのか、という部分に注目していましたが、学年を上がる前に最終回、ということになっていました。
学年を上がらせて話が続いていくと思っていたので、少しビックリしました。
話としては、将の誕生日があって、母親も帰宅して、と最終回らしいエピソードが出てきていたので、このままきれいに終わってくれそうな感じがします。


今月からの新連載「異世界ピクニック」。
小説が原作で作画が水野英多さんの作品です。
現実世界のどこかとつながっている、普通とは少し違う世界を女の子2人が探索する、という話でした。
原作のある作品を描かせたら右に出る者はいないくらいの水野さんなので、この作品もまずは安心して読める感じになっていました。
いきなり100Pくらいの掲載になっていましたが、読んでいて長いとは感じませんでしたし、絵も安定していて、連載していくのに全く問題はないな、と感じました。
原作が現時点で2巻しかないので、連載としてはそう長いものではないのかもしれません。
原作が2巻だけであれば、既にアニメ化が決まっているということもないのではないかな、という気がします。

今月掲載されていた読み切り「受験戦争」はなかなか評価の難しい作品だな、と感じました。
共学化されたお嬢様学校に何が何でも入学しようとする男子が特殊能力を使って受験に挑む話で、話としては読み切り内でもう完結していて、これを連載に、というのはちょっと難しい感じです。
ですが、特殊能力で受験に挑む、というのが結構珍しい切り口だな、と感じたので、この話を作る力があるならもうそれは即連載できるレベルの才能なのでは?、と思いますし、将来性はすごくあると思います。
反面、このレベルの作品を何本も描けるのかというのが未知数というのもあり。
絵はちょっと古臭い感じですが、熱い感じは伝わってきました。
原作・作画と初めから分かれているので、もしかしたら別の作画で別の読み切りを、とかもあるのかな、と思ったりも。
とにかく、次回作が読んでみたいです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ゼロサム・3月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

今年はインフルエンザB型が流行っているとのことで、娘も熱が出たからと病院に連れて行ったらインフルエンザB型にかかっていたことがわかりました。
2年前にインフルエンザA型にかかったときは、別の風邪だったり結膜炎だったりがあって予防接種ができなかったというのがあったのですが、今年はしっかり2回受けさせた上でかかってしまいました。
ただ、予防接種の効果なのか、発症2日目でほぼ熱が下がっているので、何とか今週いっぱいの外出禁止で治まりそうです。
ついでに旦那も同じくインフルエンザB型にかかってしまって、現在家では私だけ1人元気な状態です。

では、ゼロサムの総評です。
面白かったのは、人外さんの嫁、破天荒遊戯、悪役令嬢、など。
連載の入れ替わりがかなり激しくなっていて、大ナタが振るわれている感じがします。半年後くらいにどうなっているのか……いろいろ心配です。

今月で最終回だった「罪科のグリム」。
謎解きに入ってからの展開は早かったですが、終わるまでに数ヶ月時間をかけていたのもあって、割とまとまりの良い終わり方になっていたように思います。俺たちの戦いはこれからだENDみたいな感じではありましたが、これはこれでこういう終わり方でいいのではないかな、と。
ただ、今回の連載で絵が漫画向きではないというのがわかったので、次回作は難しいかな、という気がします。原作が付いてどうこうっていう話でもないですし。

来月で「魔界王子」「A3!」「僕×{おネエマフィア×任侠ヤクザ}」の3作品が最終回になる、とのこと。「魔界王子」に関しては数ヶ月前から終わりそうな雰囲気が出ていましたし、長期連載の終わりということでハッピーエンドできれいに終わってくれるかな、と思います。既に最終決戦は終わっていますから、あとはエピローグだけですし。

「A3!」に関しては、初舞台が終わったら最終回というのもなくはないと思っていたものの、それなりに人気もあるみたいでしたから、初舞台→千秋楽→攻略キャラ決定→1つのエンディング、くらいまで続くのではないかな、くらいに思っていました。
それが初舞台千秋楽で終わり、ですから、話としてスタートラインに立ったところで終わってしまう感じなのが残念です。
元々長い連載にはならないと思っていたものの、予想より早い幕引きになってしまいました。

「僕×{おネエマフィア×任侠ヤクザ}」に関しては、コミックスも出ていない、むしろ出るのかどうかも怪しい状態での最終回告知で、編集長交代で大ナタ振るってるなぁ、と最も感じた告知でした。
元々ページ数の少ない連載だったので、コミックスが出るほどのページも溜まっていないように思いますから、「赤ずきんちゃんは狼さんを泣かせたい!」のときみたいに、紙媒体のコミックスを出さず、Webコミックのみになる可能性もあるかな、と。最悪、コミックスが出ないというのもあり得るかと。


今月からの新連載1作目「人外さんの嫁 宵町の巫女」。
ゼロサムオンラインで連載中の「人外さんの嫁」のスピンオフ作品です。
本編の方は男子高生と人外生物夫婦の4コマですが、スピンオフの方は女子高生と人外生物の夫婦でシリアス寄りなストーリー漫画ということもあり、一見するとスピンオフの方が本編なんじゃないかと思うような作りになっていました。
一通り読んでみた感じはなかなか面白くて、連載していく分には問題ないかな、と感じました。
描いているのも本編の原作担当者ですし、もともと絵の上手い作家さんでしたから安心して読める感じがしました。

新連載2作目「少年はカッコウを孕む」。
人間に托卵する人間そっくりなオスのみの生物・カッコウの物語……ということなのですが、ちょっと考えるだけでいろんな謎が出てくる設定となっていて、例えば、

・カッコウはオスしかいなくて人間に托卵するなら、カッコウを含めると人類は相対的にオスが多くなってしまうのでは?
・カッコウと知らずにカッコウと結婚する女性もいるのでは?

などなど、細かいところをつつくとボロがいろいろ出てきそうな設定の危うさを感じました。
反面、やろうとしていることは割と意欲的だな、とも感じるので、その辺りはあまり気にせず読んだ方がいいのかもしれないな、と思ったりも。
絵に関してはかなり癖があって、特に人の顔を斜めから見たりして片目になっている絵がかなり多く出てくるのですが、顔パーツの配置がちょっとおかしくてかなり不気味に見えるとか、割とマイナス面が目立ちました。
今後に関してはちょっと心配な作品です。

それにしても、来月の新連載も男が孕む話みたいで、流行りなのかと思ったり思わなかったり……
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

ガンガンJOKER・2月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、ハッピーシュガーライフ、遺書公開、イノセントデビル、など。
今月も読み応えがあってよかったです。

来月で「妹さえいればいい。 外伝 妹にさえなればいい!」が最終回、とのこと。
TVアニメは終わりましたし、前回でそろそろ終わりそうな雰囲気を出していましたから、終わることに対して特に驚きはありませんでした。
話としてもハッピーエンドで終わりそうなので、安心して最終回を待てそうです。

また、先月で「うっかり体育大生」が最終回だったことに今月号の掲載がなくて初めて気が付きました。
前回は掲載ページ数が多いなぁ、くらいには思っていたのですが、まさに最終回、という内容ではなかったので、今月も続くものだとばかり思っていました。
内容はすごく好きだったので、コミックスは買う予定です。

今月からの新連載1作目「よなかのれいじにハーレムを!!」。
「まほらば」などの連載歴のある小島あきらさん原作の作品です。
遺伝特質で幽霊が見える主人公にハーレムを築かせて自分を認識できる人を増やしたい幽霊の話、となっていました。
主人公のハーレムに参加させられそうになる女の子はいわゆるチョロインで結構ベタな感じのキャラなのですが、話としてはそれを逆手に取った展開になっているので、これは面白くなっていくのではないかな、と感じました。
ワンパターンになりそうなのが怖いという部分はありますが、絵は割とかわいいですし、しばらく連載していく分には問題ないかな、と思います。

新連載2作目「ガールズ×セクハライフ」。
読み切りからの連載昇格作品で、隣同士に住んでいる幼なじみ(女)がただひたすら主人公(女)にセクハラしまくる、という話です。
こちらもワンパターンにるのが怖いというのはありますが、ワンパターンを楽しむ作品でもある気がするので、その辺りは今後を見るしかないかな、という気もします。
絵は下手ではないものの、萌えるにはちょっと足りない気がしないでもなく。
セクハラする方が頭が良くて、される方が悪い、という設定はいいと思いました。

新連載3作目「齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定~やだこの生贄、人の話を聞いてくれない~」。
なろう小説が原作のタイトル通りの内容の作品です。
ただ穏やかに暮らしたい草食ドラゴンの元に思い込みの激しい生贄がやって来ていろいろ振り回される、という。
あまり期待せずに読み始めたのですが、読んでみたら結構面白かったです。
話の進むテンポがいいので一気に読めました。
原作が小説1冊分しかないようなので、あまり長い連載にはならないと思われます。


ドラマの「賭ケグルイ」はとりあえず1話視聴しました。
夢子が思っていたよりもちゃんと夢子に見えたのがよかったですし、芽亜里もなかなか。
鈴井がちょっと出しゃばり過ぎに見えたものの、その辺りは今後の展開次第かな、というのもあり。
会長のキャストだけ発表されていないのが気になりつつ、割と楽しく今後も視聴できそうな感じがしました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

Gファンタジー・2月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、博多豚骨ラーメンズ、など。
今月は雑誌がすごく厚くて、読み応えがありました。

今月で「KING OF PRISM by Pretty Rhythm-パーティタイム-」が最終回となっていました。
元々長い連載にはならないと思ってはいたものの、最初から短期連載だと明言せずに3話で終わるのは本誌では珍しいことなので、ちょっとビックリしました。
今更ながらに思えば、最初から終わることが決まっていたからこそ、作品として似た傾向にある「DYNAMIC CHORD」とほぼ同時期に連載が始まったのか、と感じる部分もありましたが。
内容的には最後まで振り切ったものだったので、作者の次回作は何らかの形で出てきそうな気がします。

今月からの新連載「ニル・アドミラリの天秤」。
乙女ゲーが原作でTVアニメ化も決まっている作品のコミカライズで、作画は連載歴のある優月祥さんということもあり、それなりに力の入った新連載のような感じがしました。
内容はというと、思っていた以上に話に入りやすかったのと、原作通りに男キャラが軒並みしっかりと格好いいというのがあったので、かなりの好感触でした。
絵に関しては、動きがぎこちないとか、老執事が年老いて見えないとか若干気になるところはありましたが、もともとアクションものではないですし、老執事が話に物凄く絡んでくるわけでもないと思うので、連載していくに当たって問題はないかな、と。攻略対象のキャラがこれだけ格好いいならもうそれで十分かな、と思いますし。
安心して読んでいけそうな感じがしました。

今月から「ももも怪レストラン」が長期休載に入る、というひっそりとした告知がありました。
コミックス発売記念で何とか掲載されて以降の掲載がなく、毎号休載告知が出ていましたから、これは仕方のない判断だったかな、と思います。
一度長期休載から復活している作品ではありますが、このままフェードアウトも十分あり得るのではないかな、と思います。
これまでの誌面上の扱いからして、上手く行けばアニメ化まであったのではないかな、くらいには思っているのですが、こうなってしまってはそれもなくなったな、と思います。

現在割と多めの連載がある本誌ですが、今月号の内容を見ると終わりそうな作品がちらほら見えてきました。
「青春×機関銃」はTGCが終わったら最終回となりそうですし、「白衣の王様」は何となく展開的に終わりそうな感じ、「幽落町おばけ駄菓子屋」は次回から最終章とのことですし、「魔法科高校の劣等生 来訪者編」は既にエピローグに入った感じがありますし、「DYNAMIC CHORD」はアニメ原作だけにそう長い連載でもなさそう、ということで。
連載数が足りないというわけではないですが、一気に作品が抜けると寂しくなるな、と思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・2月号感想&秋アニメ総括 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

昨年末に「スーパーマリオオデッセイ」を一通りクリアしたので、元々娘がプレイしていた「スプラトゥーン2」をプレイしてみることにしました。
……チュートリアル後の最初のステージすらクリアできず、プレイを断念しました。
元々シューティングは苦手なのですが、これほどまでに自分が動けないとは、とビックリしました。
FPS全般プレイできないな、と感じました。


では、ガンガンの総評です。
面白かったのは、無能なナナ、FFLS、はっぴぃヱンド、など。
ここのところ連載陣の入れ替わりもあったりして、いい連載も増えてきているので、悪くはない感じになっているとは思います。

来月で「生きてますか?本田くん」が最終回、とのこと。
数ヶ月前から終わりそうな雰囲気が出ていたので、やはりここで終わるのか、と感じました。
おそらくは打ち切りだと思うのですが、話としてはそれなりにまとまって終わりそうなので、ハッピーエンドになりそうな気がします。

来月からは原作付きの水野英多さんの新連載が始まるので、期待しています。
原作が付いているときの水野英多さんの作品はハズレがないですから、今作も大丈夫なのでは、と。

来月は読み切りも2作品掲載されるとのことで、いろいろと期待が持てます。


今回の更新では、視聴していた秋アニメの個人的総括も記しておきます。

魔法陣グルグル
夏からの2クールで原作を最初から最後までやり切っていました。
ただ、やっぱり2クール目も話の進むスピードが異様に速くて、ついていくので精一杯、という感じでした。
反面、原作では後半はつまらなかった印象だったのですが、アニメでは割と面白く観ることができました。この辺りはスピードが速かったのが逆に良かったのかな、と感じたりもしました。
なので、終わってみれば話の進むスピードが速かったことに関しては一長一短だったのかもしれません。

キノの旅
原作がショートストーリーの連続というのもあり、どのエピソードを持ってくるのか毎回楽しみでした。
その中でシズや師匠、キノの旅の始まりなど重要エピソードはキッチリ入れていて、かなり面白く観られました。以前のアニメと違って声優さんたちもみんな上手かったですし。
2期を期待したいです。

3月のライオン
こちらはアニメ2期目で現在も2クール目を放映中です。
1期目同様丁寧にアニメ化されているので、安心して観ていられます。
内容的にはイジメ問題のところなので、結末を知ってはいても見ていてきつい部分があったりはするのですが。

魔法使いの嫁
こちらも2クール目が現在放映中の作品です。
原作の雰囲気を壊さず活かしつつ丁寧にアニメ化されていて好印象です。
ただ、1期中盤の辺りは画面が全体的に真っ暗な時が多くて、非常に見難かったのが残念でした。

ブラッククローバー
コミックスは買っていないものの、ジャンプでそれなりに面白く読んでいる作品のアニメだったので一通り見ていました。
……10話くらいでもういいや、と思って視聴中断しました。
1クールで終わるならそのまま見続けたと思うのですが、このまま続くなら見るのが苦痛になってくるな、と感じて。
声も絵も決して悪くはないと思うのですが、アニメオリジナル部分が結構多くてなかなか話が進まないのがあって。引き延ばそう、引き延ばそうとしている感じがダメでした。

このはな奇譚
原作は1話完結の話が多いというのもあり、いいエピソードを選んで丁寧にアニメ化されていて、楽しく観ていました。原作よりもエロ成分とか百合成分が薄めなのは、まぁアニメなので仕方ないかな、と思いつつ。これはこれでよかったです。

ちなみに、アニメ化作品の原作本って大抵大増刷されてどこの本屋さんでも見かけるようになるものなのですが、この作品に関しては普段から店売りしているところを見たことがなくて常に通販で手に入れていた時と全く状況が変わらなかったです。
出版社が大手ではないのはわかるのですが、アニメ化してもそこまで増刷かけなかったのかな、と思ったり。
アニメ化したんだから新刊は店売りのものを買えるな、と意気揚々と本屋さんに行ったら姿も形もなく。売り切れた……というわけではなさそうでした。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ゼロサム・2月号感想 [スクエニ]

あけましておめでとうございます!


今年もよろしくお願いします。
今年から娘が小学生になるので、送り迎えがなくなる分、それなりに自分の時間が持ててゲームとか本を読んだりとかできるようになるのでは、と思っています。


本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

面白かったのは、ボクラノキセキ、悪役令嬢、破天荒遊戯、など。
いくつも終わりそうな作品が出てきた中で、来月は新連載が2作品来るとのことなので、ちょっと未来に希望が持てた感じがしました。

来月で「罪科のグリム」が最終回、とのこと。
先々月辺りから終わりそうな雰囲気が出ていて謎解きが進んでいたというのもあり、やはりここで終わるのか、とまず感じました。なので、最終回になることに対して驚きはありませんでした。
謎解きは一通り終わりそうなので、モヤモヤするような終わりにはならない気がします。
ハッピーエンドになってくれれば、と思います。

休載が多いせいで連載不足を常に感じる本誌。今までは休載が多い作品をすぐに掲載できるよう誌面を空けて、掲載できなければオンラインから出張掲載とか代原読み切りで賄ってきたのですが、今後はそういう方針を止めたのかな、と今月号を見ても感じました。
「LOVELESS」「最遊記RELOAD BLAST」を次号予告から消して休載告知もなくし、「少年進化論」は連載休止を発表、そこへ来月新連載2作品投入、ということで。
「罪科のグリム」以外にも「瞬間ライル」が終わりそうなので、連載数自体変わらないかもしれないのですが、改革が入ってきている気がします。
編集長も気が付けば先月号から変わっていますし。
ここからよくなってくれることを祈りたいです。
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

ガンガンJOKER・1月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、賭ケグルイ、双、渋谷金魚、など。
今月はアカメやヒノワの出張掲載があったりして、いつもより充実して読めた感じがしました。

今月で最終回だった「Jヲタ男子☆朝比奈くん」。
満を持してのコンサート回で、有終の美を飾ったように思います。
このネタを作者は1番描きたかっただろうな、と思いましたし、コンサート本編は描かなくても十分雰囲気が伝わって来たので、すごくよかったです。
連載期間はそこまで長くなかったですが、ネタ切れする前にスパッときれいに終わって、読後感がよかったです。
次回作にも期待したいです。

今月からの新連載「弱キャラ友崎くん」。
ラノベ原作の作品で、作画は本誌連載歴のある千田衛人さん。
学力・運動・容姿・コミュ力全てが平凡以下のモブキャラ的な主人公がとあるネトゲでは最強で、ある日ゲームで2位の人とサシオフをすることになって会いに行ったら、相手は学校のリア充代表みたいな女子。何だかんだでそのヒロインで人生を改革してもらうことになる、という話でした。
導入はもうベッタベタなのですが、それでなおコミカライズするということは、きっとここから確実に面白くなるのだろうな、と思います。アニメ化企画もきっと進行しているのでしょうし。
なので、この作品の評価は次回以降を見ないと何とも言えないかな、と。
絵に関しては、以前の連載の時よりかなり安定して読みやすくなっていたので、連載していく分には問題ないかな、と思います。

今月号で実写版「賭ケグルイ」の主要キャストと人気投票結果が発表されていました。
実写版のキャストは、若手俳優をあまり知らない私でも全員知っている、というかなり豪華な感じになっていました。
今回発表された主要キャラの3人とも「スカッとジャパン」に出ていて、それぞれどんな役をしていたかって覚えているのですが、特に芽亜里役の森川葵さんはきつい感じの敵役から清純なヒロインまで結構幅広く演じていてかなり上手い印象だったので、森川さんが芽亜里を演じるなら心配はないな、と思っています。「人狼ゲーム ビーストサイド」でも結構印象に残りましたし。
鈴井役の高杉真宙さんも、昼ドラ出たりとかしていてよく見ていましたし、夢子役の浜辺美波さんは咲で知ってますし、これはもう見るしかないな、という感じです。

人気投票に関しては、何やかんや夢子が1位を取るのだとばかり思っていたら、芽亜里が1位でちょっとビックリしました。しかも、夢子は5位で副会長の方が順位が上だったりして、結構予想外でした。
ちなみに私は会長推しなので、会長2位で思っていたより上だったな、と思ったりもしました。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック