So-net無料ブログ作成

君の名は。・観てきました [映画]

新海誠作品の長年のファンとしては観に行かなければ!、ということで、公開初日に観に行ってきました。
これまでの作品は全国公開といってもそこまで多くの映画館では上映していなくて、「秒速5センチメートル」までは渋谷、ようやく前作の「言の葉の庭」で池袋上映まで広がってきて、今回も池袋でやってくれればいいなぁ、くらいに思っていました。(「星を追う子ども」は娘出産直後で行けなかったのですが)
そうしたら、今回は近所の映画館でも上映するというのがわかって、調べたら全国300スクリーン公開になっていて、そんなに全国区の作品だっけ?、と少しビックリしました。

そして、当日。
夏休み期間中とはいえ、平日の昼間にも関わらず、300人以上はいる大きめの劇場で半分は席が埋まっていたことに、今度はビックリしました。
今までの作品は公開場所がかなり限られていたためにほぼ満席状態でしたが、全国300スクリーン公開になってなおこれだけ人が入るのは、近所の映画館では希少なことです。下手な邦画よりよっぽど人がいました。
男女比としては、7割男性3割女性、アニメ映画でもやはり子供の姿はなかったです。
以前よりも女性比率が上がったな、と感じました。

では、まずはネタバレのないところかなの感想を。

単純に、すごくよい映画でした。
序盤の入れ替わりの話から途中で別方向に話が向かうのですが、その流れも自然で無理矢理な感じはしませんでした。
というのも、いろんな場所にさりげなく伏線が張ってあって、あれはそういう意味だったんだ、と後々思い返すことで、全ては1本の線の上に乗っていたんだな、とわかるからです。
観終わった後、少なくともこれで作品的にコケることはない、というのは強く感じました。

音楽に関しては、新海誠作品と言えば天門さんの音楽、そうでなくても穏やかで切ない感じの音楽が定番だったのですが、今回は一転してRADWIMPSの割と激しい音楽が主体となっていました。
でも、これがまた上手く映像と噛み合っていて、これはこれでいいなぁ、と感じました。
今までの作品でもそうでしたが、音楽に映像を合わせるのが本当に上手いです。

映像に関しては言わずもがな。
実写取り込みからのCG変換技術は素晴らしいの一言で、東京の景色はかなりリアリティがありました。
この辺りは「言の葉の庭」と似たような感じで。
田舎の風景もやっばりきれいで、一瞬しか映らないような、蜘蛛の巣に雨粒がかかっているところとかもすごいですし、景色を見るためだけでももう1回観てもいいかな、くらいに思います。
キャラデザも回を重ねるごとによくなっていっていますし、映像に関しては文句の付け所がなかったです。


それでは、ここからネタバレありです。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

予告犯・観てきました [映画]

原作が好きで、映像化してもそこまで地雷にはならないだろうと思われたので、観に行ってきました。
原作が好きで観に行った映画としては、「映画 黒執事」のときなど、舞台変更やらキャラの性別変更やらいろいろあって、そこにはもう地雷原しかない雰囲気だっったのですが、この作品に関しては真逆でした。
原作がコミックス全3巻という程よい長さであり、現代劇であり、主役級のヒロインが存在することで性別変更などの改変がないというのもあり、そこまでおかしな映画になっていることはないのではないかな、と。

娘を幼稚園に預けている間に観に行かないといけないというのがあり、平日午前中に観に行ってきました。
丁度割引が利く日だったというのもあってか、公開3週目に入った平日でも20人くらいはお客さんがいて、意外と人がいるな、という印象でした。
土日でもここまで入らない作品もありましたし。


内容に触れるとネタバレを含んでしまうので、ここからは隠します。
なお、原作のネタバレも含みます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

イン・ザ・ヒーロー・観てきました [映画]

公開日が「ルパン三世」と同じなため、あまり話題に上っていないように感じる本作品。
私自身、旦那が観に行きたいと言い出すまでこの作品の存在を全く知りませんでした。

これはスーツアクター(戦隊物などの変身後の中の人)の話で、主演の唐沢寿明さんもかつてはスーツアクターで、仮面ライダー好きの旦那は唐沢寿明さんが売れる前にライダーマンの中の人だったというところから知っているため、どうしても観に行きたい、でも1人では行きにくいというのでついて行きました。

そこまで話題になっていない映画ということで、劇場も150人くらいしか入れない小さいところで、公開初日の初回上映で観客が13人とかなり少なめでした。
でも、最初からそこまで動員が見込めないと考えられているせいか、「R100」のときみたいに大きな劇場で観客が少ないという大爆死状態は避けられていたのではないかな、と思います。

そんな感じで、興味もなかった映画&話題になっていなくて観客も少なめ、ということであまり期待していなかったのですが、いざ観てみるとかなり面白かったです。
スーツアクターって特撮の中の人以外にどんな仕事してるの?、特撮の撮影現場ってどんな感じ?、というのがわかるのが楽しかったりして、140分という長めの上映時間でも全く飽きることなく観られました。
映画の中だけの戦隊物「神龍戦士ドラゴンフォー」の主題歌を串田アキラさんがちゃんと歌っているとか、モーションキャプチャーを利用したゲーム画面が出てくるとか、細かいところもしっかり作られていてよかったです。
スーツアクターの経験があるということもあって、唐沢寿明さん本人がスタントをあまり使わずアクションしているとかも凄いですし、とにかく唐沢寿明さんが50代とは思えない肉体をしているところも素晴らしかったです。

脇役陣にしても、寺島進さんが女性であるピンクのスーツアクターを演じていたりとか(実際過去に演じたことがあるそうです)、福士蒼汰さん演じる一ノ瀬が序盤ではバカにしていた戦隊物に対して徐々に本気で取り組んでいくところとか、いい感じに話を盛り上げてくれて、中盤でもダレるところがなかったです。

個人的に唯一失敗だと思ったのは、映画に行く前に公式サイトで私があらすじを見てしまったこと。
公式サイトのあらすじは映画冒頭の説明だけかと思いきや、映画の終わる30分前くらいにある最大の山場についてまで説明していて、いつになったらその設定出てくるの?、と映画を観ている間考えてしまって、これは知らないまま観ていたかったな、と。

観て損はしない映画になっていたかと思うので、気になった方は観てみてもいいかと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

実写版「黒執事」・観てきました [映画]

まず最初に、映画館で観るべきか、スルーするべきか、非常に悩んだ作品でした。
キャスト、あらすじ、予告編、どこからどう見たってそこにはもう地雷しか埋まっていないとわかりきっている作品です。
でも、怖いもの見たさでどれだけ酷いかを確認するため、あえて地雷原に踏み込んでみようと思い、映画館へ観に行くことにしました。

私が観に行ったときは公開3週目に突入していたというのもあり、スクリーンは100席くらいしかない、近所の映画館でも1番小さな場所でした。
それでも3割くらいの席は埋まっていて、思っていたよりも人はいるな、と感じました。
ただでさえ人のあまり入らない映画館なので、観客が10人切っているかも?、とすら思っていたので。

客層は99%女性だろう……と思っていたら、半々くらいで、思いの外男性が多くてビックリしました。
年齢層はかなり若い感じで、10~20代前半がほとんど、という感じでした。


それで肝心の内容はというと……
先日の感想でチラッと書きましたが、思っていたほど悪くはなかったです。
結構アクションがしっかりしていて、アクションシーンは割と見応えありました。
俳優復帰作でいろいろ心配されていた水嶋ヒロさんのセバスチャンも、まぁそう言われればセバスチャンに見えないこともないな、くらいには思ったので、あんなのセバスチャンじゃない!、レベルを想像していただけに、意外といけるかな、と。

でも、ストーリーそのものが結構ツッコミ所満載で、これは脚本失敗しているな、と感じました。
一緒に観に行った原作を全く知らない旦那は、いろいろおかしすぎて失笑ものレベル、くらいに言ってましたし。原作を知っている私としては、まぁ仕方ないんじゃないかな、という部分が3割、残り7割同意、という感じでした。

とりあえず、1800円払ってまで観る価値はないと思いました。

では、ここからネタバレありの感想です。
かなりボロクソ書いているので、嫌な方はスルーしてください。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

トリック劇場版ラストステージ・観てきました [映画]

「トリック」は元々リアルテイムでドラマを見ていなかったのですが、数年前に旦那に勧められて第2期までは全てDVDで観ていました。
なので、それ以降の話とか以前の劇場版も観ていないので内容を知らなかったのですが、今回シリーズ完結ということで、だったら劇場で観てこようかな、ということで観てきました。

公開2週目ということで、上映スクリーンは150席くらいしかない小さな場所でしたが、席は7割くらいは埋まっていて、意外と人がいるな、という印象でした。
年齢層は同年代より若い感じで、20代半ばくらいが主流、という感じ。ドラマ1期から見ている人が見に来ているというわけではないのかな?、と感じました。
男女比が女性7~8割だったのも意外でした。


ではまず、ネタバレのないところから感想を。

話は全体的に明るい雰囲気で、最終章とは言いながらも、初見であっても内容がわからないことはない感じで、いい娯楽映画なんじゃないかな、と感じました。
序盤にキャラ解説みたいなのが軽く入りますし、話としてはほぼこの作品のみで閉じているので、ドラマ・映画と全て観ているわけではない私でも特に問題はありませんでした。
ただ、ラストシーンはドラマを知らないと感動できないだろうな、というのはありましたが。

笑い所は至る所にあって、最初から最後まで特に飽きることはなかったです。
堤監督らしく、「SPEC」のネタも入っていました。「SPEC」には「SPEC」でトリックネタが入っていたというのもあり。
他にも細かくいろんなネタが入っているので、これはパンフレットを買って確認した方がより楽しめるかと思います。

今回の事件の犯人は、ちょっとわかりやすかったな、というのが残念でした。
キャスティングで大体分かるのと、とあるネタのせいで舞台であるスンガイ共和国に入る前に犯人の目星がついてしまう、という。
謎解きも、すんごい後出し感満載だったのが残念でした。

話としてちゃんと最終章だったかというと、その辺りは最後取ってつけた感じがしたのが残念でした。
なくても話は成立しますし、続編を作ろうと思えば作れる感じでしたし。
まぁ、その辺りスッキリさせないのもまた堤監督らしいのかな、と思ったりも。

では、ここからネタバレありの感想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

SPEC~結~爻ノ篇・観てきました [映画]

映画の前編を観たら、そりゃ後編も観るよね、ということで観てきました。
観に行ったのはたまたま映画の日と重なった12/1(日)で、映画の日に映画を見に行ったことがまずなかった&しかも休日と重なっていた、ということで、映画館は激混み。
チケット販売の最後尾にプラカード持った人が立つレベルで、近所の映画館でここまでチケット売り場に人が並んでいるのは初めて見ました。

この映画の客入りも映画の日と重なっていたのもあってか、1番広いスクリーンだったにも関わらず、座席の7割は埋まっていました。
全編の時よりも1.5倍くらいは人がいたように思います。

それで内容はというと、タイトルで「結」と言っているだけあって、今回ばかりは「SPEC」としてキッチリ終わっていました。
ただ、「ケイゾク」を知らない人は小ネタとか含めて最後は意味が終わらなかったかも、という気がします。
情報量もすごく多いので、映画を観るだけではなくて考察サイト見たりとかしないと、全部はわからないかもしれません。
私も考察サイト巡りをしているところです。

また、後編だけあって序盤からクライマックス突入しているので、中だるみは少なかったです。
最後まで一気に観られた感じがしました。


では、ここからネタバレありの感想です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

清須会議・観てきました [映画]

三谷幸喜監督作品は旦那さんも私も好き、ということで今回も観に行ってきました。

この映画、上映時間が158分とかなり長め。
なので、近所の映画館では2スクリーン体制で上映していて、私が見たスクリーンは150名くらいしか入れない割と小規模なものでした。
ですが、席は95%埋まっている状態で、空いているのは最前列くらいでした。
ここまで混むことが少ない映画館だけに、ちょっとビックリしました。

まずは、ネタバレのないところから感想を。
上映時間は上記の通り158分とかなり長めだったのですが、そこまで長さを気にせず観られました。

キャスト陣がかなり豪華で、ワンカットのみとか、特にそこまで重要でもないシーンに知ってる俳優さんがモリモリ出てきたりしました。
そういう点からも飽きない仕様だったように感じました。

また、話自体はかなり真面目な歴史もの、といった感じで、他の三谷映画作品のように笑いの要素はそこまで多くありませんでした。
それでも笑えるところはたくさんありますし、時代考証もしっかりしているように見えましたし、歴史にそこまで詳しくなくても話にはついていけましたし、歴史ものの割には万人向けだったな、と感じました。


では、ここからネタバレありの感想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

spec~結~漸ノ篇・観てきました [映画]

「ケイゾク」のドラマ→「ケイゾク」のスペシャルドラマ→「ケイゾク」の映画→「spec」のドラマ→「spec」のスペシャルドラマ(翔)→「spec」の映画(天)→「spec」のスペシャルドラマ(零)

と、ここまで観続けてきたら、そりゃもう観るしか選択肢がないよね、という状態というのもあり、観に行ってきました。
前後編映画で後編が今月末というのもあり、こりゃ早く観に行かないといけないなっていうのもあって、公開3日目に観てきました。

今回は久しぶりに近所の映画館に行ったのですが、思っていたよりも人が入っていた印象でした。
多分「天」のときよりも人は多くて、全体の4割くらいは埋まっていたのでは、と。
ご新規さん完全お断り、な内容だけに、もっと人はいないと思っていました。


内容としては、後編の公開が近いというのもあって、伏線張るだけ張って中途半端に終わっているブツ切れ状態。一応話の区切りはちょっとついているのですが、最後はスタッフロールさえ流れないので、他の前後編ある映画よりもブツ切れ感は激しいかな、と。
スタッフロールが流れないのは、多分顔を見せていない登場人物を誰が演じているのかを隠しているからだと思われます。

一見さんお断りな内容だったのは言わずもがなで、ドラマとかの前知識なしに向井理さんが好きだからとかの理由でこの前後篇だけ観ようっていうのは止めた方がいいと思います。
そう考える人は少ないかと思いますが、やっぱり展開的に全ての人間関係や誰がどういうスペックを持っているかとかわかってないと話についていけないです。

では、ここからネタバレありの感想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

R100・観てきました [映画]

旦那さんが松本人志さんのファンで、松本人志監督作品は毎回観に行っている……と以前にも書きました。
今回も今回で、映画代は負担するから、と言われてついていきました。

いつもなら近所の映画館に行くのですが、今回は池袋に用事があったので、池袋で観ました。
池袋の映画館は割と混む方で、以前「電車男」が上映されていた時は公開初週でもないのに昼の2回上映分が満席で入れなくて、近所の映画館に行ったら半分も埋まってなかったとか、「アンフェア」のときも似たような状況がありました。

それでも「しんぼる」「さや侍」のときは近所の映画館で予約要らないレベルでガラガラだったので、まぁ平気だろうと予約なしで行きました。
で、その予想は当たったものの、想像以上の人の少なさに、これは映画館が悲鳴を上げるレベルでは?、というくらいの人の少なさでした。
公開初日、初回上映で私と旦那さん入れても17人。
初回上映といっても11:00スタートで、早すぎる時間というわけでもないのに。
平日観に行った「凶悪」とほぼ同レベル、しかも池袋でこの人数というのでは……


さて、では内容はどうだったかというと……シュールすぎてもう何が何だか……
ネタとしてそれは禁じ手じゃないのかなってこともやっていて、そりゃ海外の映画祭で最低評価も付くよなぁ、という感じでした。

観終わった後、「凶悪」はその日の夜の夢に出てくるくらい強烈で、いい意味でも悪い意味でも心に深く刻み込まれた映画となったのですが、「R100」は何も残らなかったなぁ、と感じました。
所々笑えるところもあるのですが、それにしてもシュールすぎて……
まぁ、タイトルの「R100」は100歳にならないと理解できない世界観の映画ってことなので、こういう感想になるのも当たり前なのかもしれませんが。


では、ここからネタバレありの感想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

凶悪・観てきました [映画]

たまたま見ていたテレビでこの映画のインタビューをしていて、実際の事件を元にしていることと、主演が山田孝之さんだというのがあって、ちょっと興味が出たので、実際観に行って来ました。

観に行ったのは平日の昼間で、たまたま旦那さんが休みを取れたので、じゃあこの際行こうよ、ということで観に行きました。

いつもなら割と近所の映画館に行くのですが、この「凶悪」は公開館数がさほど多くなく、近所の映画館では上映していなくて、少し離れた映画館に行きました。

観に行ったのが平日昼間というのもあると思いますが、観客数は私と旦那さんを入れても12人。
平日昼間なんてこんなもの?、いやいやそれにしても少な過ぎでは?、そんなに話題になってない?、などなど不安になりましたが、実際観てみるとすごくよくできた作品で、いろいろと考えさせられました。

では、ここからネタバレありの感想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック