So-net無料ブログ作成

言の葉の庭・観てきました [映画]

新海誠監督の最新作が公開されるとなったら観に行くしかない!、ということで、公開2日目に観に行ってきました。
前作の「星を追う子ども」のときは、公開日が娘の生後1週間くらいのときで、さすがに公開期間中に映画を観に行けるような状態ではなかったというのもあり、泣く泣く諦めた……というのがあったので、今作はちゃんと映画館に行こう!、と決めていました。

前々作の「秒速5センチメートル」のときは、単館上映&舞台挨拶ありだったというのもあり、私が観に行った公開初日で満席でしたが、今作は公開館数も増えて舞台挨拶の回が取れなかったというのもあり、席は全体の7割埋まっているかな、というくらいでした。
それでも、結構人多いな、という印象はありました。

とりあえずネタバレのないところから感想を書くと、上映時間は1時間と短めで、冒頭に10分くらいの別の新作短編も上映されたので、「言の葉の庭」自体は45分くらいでした。
映画と言えば1時間半以上あるのが当たり前になっていますが、長さとしてはこれでちょうどよかったです。
無駄なシーンってなかったと思いますし、中だるみみたいなのもなくて、最後の盛り上がりもかなり感情移入できました。
相変わらず背景はきれいでしたし、舞台が知らない場所ではない新宿だったというのもあって、上手く再現出来てるなぁ、と思ったりも。
思っていた以上に当たり作品だったという印象で、これはもう1回行ってもいいくらいに思いました。
まぁ、既に劇場限定でブルーレイが先行発売されていたりするので、それを家で観てもいいのですが。
別に新海監督ファンでもない旦那さんを無理矢理連れて行きましたが、これは面白いという評価だったので、信者フィルターがかかっているわけでもないと思います。

前作の「星を追う子ども」はブルーレイで観ましたが、これは無駄に長かった印象もあったので、やっぱり新海監督は短編の方が上手いんじゃないかな、と感じました。
「ほしのこえ」「秒速5センチメートル」はどちらも短編ですし。


では、ここからネタバレありの感想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

劇場版ストロベリーナイト・観てきました [映画]

実は初日の1回目に上映されたものを観てきていました。
何だかんだで忙しくて、感想を書くまでにちょっと期間が開いてしまいましたが。

TVCMでは、興行成績1位獲得!、という風にやっていますが、私が観に行ったときは席が全体の2割くらいしか埋まっていなかったです。
初日にこれで大丈夫?、と思うレベルでした。大爆死するんじゃないかな……と心配になったくらいで。
午後の上映の方が人が入ったとは思いますが、本当に思っていた以上に人がいなかったです。

年齢層は割と高めだった印象です。
30代とかの同世代が多かったかな、と。
中高生とか20代の人は少なかったように感じました。
まぁ、PG12指定ということもありますが。

ドラマはスペシャルドラマから連ドラまで全て観ているものの、原作は読んでいない作品です。
でも、ドラマは結構好きで、「シンメトリー」「右では殴らない」「ソウルケイジ」などはかなり好きでした。
なので、映画もかなり期待しつつ観に行きました。

で、一通り観た感じだと……ドラマの方がストーリーよかったかなぁ、と感じました。
全編に渡って雨を降らせたとか、クライマックスシーンは道路を全面封鎖して撮影したとか、映画でしか出来ないことをしていたのはよかったと思うのですが、ストーリー的に大どんでん返しみたいなのもなく(いや、犯人にちょっと意外性はありましたが)、いまひとつ物足りない感じがしてしまいました。

ドラマを見ていないとちょっと人間関係わかりにくいってところはありましたが、映画だけ観ても話についていけるとは思います。
多分ここからまた連ドラ発展もあるんじゃないかな……という気がしないでもないですが、ドラマが好きだった人でもあえて観なくてもいいんじゃないかな、と感じる映画でした。


では、ここからネタバレありの感想です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q・観に行ってきました [映画]

「序」「破」と公開2日目に観に行っていたのですが、今作は公開初日に観に行ってきました。
理由としては、ネットでのネタバレを偶然見てしまうことを恐れたからです。
とにかく早く観ておいて、触れるネタバレなど存在しないようにしよう、と。
「破」が上映されたくらいの時代ではそうでもなかったと思うのですが、最近はちょっとネット巡回すると2chまとめスレのタイトルだったり、Twitterのつぶやきだったりが目に入って、それがネタバレだったということが少なくなかったです。
なので、とにかく楽しみにしていた映画だからこそ、本当にネタバレには気を付けました。

で、今作が最速上映される17日0時以降ネットを一切見なかったのですが、一応ネタバレに気を付けていた旦那さんがYahooニュースでエンディングテーマを誰が歌っているかを知ってしまい、私もそのネタバレに巻き込まれました。
1人だけネタバレされたら悔しいからだそうで。
Yahooニュースというのは盲点ではあったのですが、スタッフロールが流れるところで知って驚きたかったというのが少し残念でした。

そんなわけで公開初日に観に行ったわけですが、劇場は満席でした。
いつも通りのどんな大作でも座席が半分埋まればいい方、という近くの劇場がまさかの満席。
私は事前予約したので希望の席とそこまで遠くないところで観られましたが、当日劇場でチケットを取った人はもれなく最前列付近になっていたのではないかと思われます。
池袋、新宿あたりの劇場なら同じような状況もありましたが、ファミリー層の多い近くの劇場では初めてでした。


では、ここからストーリーに関する話です。
少しでもストーリーに触れると全てがネタバレに通じるので、全て隠して書きます。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

おおかみこどもの雨と雪・観てきました [映画]

元々は公開初週くらいに行こうかどうしようか迷っていた作品だったのですが、急な予定が入って行かないままでいました。
それから数週間。
公開から日数も経過したし、見るとしたらDVDかな……と思っていたところで、旦那さんの同僚がこの映画を観ていたく感動したらしく、是非見に行った方がいいですよ、とくに子持ちの人は、と言われたそうで、だったら観に行ってみようか、ということで行ってきました。

公開から既に4週が経過し、「逆転裁判」のときのように既に1日に1回しか上映しない状態も考えられたのですが、この作品は未だ2スクリーン体制で1日6回上映、という状態で、まずこのことにビックリしました。
劇場自体100席前後の小さいところを使ってはいましたが、「借り暮らしのアリエッティ」でも公開4週過ぎていたら1スクリーンで1日4回くらいだったので、これは息の長い作品になっているんじゃないかな、と次に感じました。
実際、席の半分くらいは埋まっていましたし、公開初週でもここまで人の入らない映画もあるというのに……というところにも驚かされ、観る前からこれは口コミ人気で広がっているのでは?、と感じて期待も膨らみました。


まずネタバレのないところから感想を書くと、確かにこれは子持ちの人にお勧めしたい、むしろ観るべきではないか、と感じる作品になっていました。
多分、まだ子供を産んでいなかったり、ましてや独身時代だったらここまで感動しなかっただろうな、とも感じたので、子供のいる・いないで感想の変わる作品かもしれません。
劇場には意外と就学前っぽい子供たちも多くいたのですが、内容的にはもっと上世代向けに見えたので、子供達にはあまり面白くない話かもな、とも感じました。
実際、上映中に飽きてしまった子供もいましたし。

ストーリーは序盤から結構劇的な展開があって、ストーリーに触れると全てネタバレになってしまいそうなので、以降は隠して書きます。

では、ここからネタバレありの感想です。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

SPEC 天・観てきました [映画]

※最初からネタバレありでいくので、ご注意ください。


この作品はテレビドラマから連続している作品で、そのテレビドラマも元をたどれば「ケイゾク」という作品の続編的な位置付けでした。
元々この「ケイゾク」すら私は知らなかったのですが、旦那さんがファンだったというのもあり、「ケイゾクのドラマも全部一緒に見るから、SPEC含めて観てほしい。」と頼まれて、ケイゾクドラマ→ケイゾクドラマスペシャル→ケイゾク映画→SPECドラマ→SPECドラマスペシャル……とかなり長い時間かけて観てきた作品でした。
なので、ここまで観ておいて映画を観ないわけにはいかないだろう、ということで、SPECの映画も観に行ってきました。

GWの真っただ中ということもあってか、公開3週経過しているのに、120席くらいの小さい劇場とはいえ、席は8割くらい埋まっていました。
年齢層は比較的高めで、20代後半以上の人が大半だったように感じました。


それで内容はというと、本っ当にスペシャル含めドラマをしっかり全部見てない人にはわからないものとなっていました。
ドラマから映画化された作品でも、「ライアーゲーム」などは映画だけでも十分観られますし、「SP」も観られないことはない、という感じでしたが、「SPEC」に関してはドラマを見てないと内容が1ミクロンもわからない、くらいドラマとの連続性が強かったです。

それでいて、この映画だけでは内容が完結していないという……
まぁ、「ケイゾク」の映画からしてよくわからない終わり方をしていたので、「SPEC」もきれいに終わらないだろうとは思っていたのですが、ここまでとは……という感じでした。
「SP」で革命篇のない野望篇だけ見せられたような、そんな感じです。

で、パンフレットによると続編はもう決まっているようで。
ドラマが「起」、ドラマスペシャルが「翔(承)」、今回の映画が「天(転)」、最後に「結(欠?)」だそうで。
サブタイトルが「起承転結」になっているとは言われるまで気付かなかったものアレなのですが、ここまで来たら最後まで観るしかないよなぁ、と現時点で思っています。


今回の映画では、一応津田と一(ニノマエ)についての話は終わっているのかな、という感じではありましたが、キャストインタビューでは2人とも続編に出るのでは?、というのを匂わせているので、何とも言えない感じです。
結局何も終わってない感じで、モヤモヤしています。
でも、観るんじゃなかったというわけでもなく……微妙です。

スペックホルダーなのにどんな能力かが明かされていない潤については、多分時間を戻す能力を持っているんじゃないかとは思うのですが。
次がいつ公開になるかはわかりませんが、のんびり待ちたいと思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

劇場版 逆転裁判・観てきました [映画]

※最初からネタバレありです。お気を付け下さい。


原作は好きだけど、映画は絶対に地雷作品だから観ない方がいいだろう……と思っていた作品だったのですが、旦那さんが観たいというので、観に行ってきました。

公開4週目に入っているということもあり、近所の劇場では既に上映回数は1日1回、席数も120席くらいの小さい場所で上映するだけになっていました。
それでも40~50人くらいは観る人もいて、公開2週目だった「しんぼる」のときより人は入っているなぁ、という印象でした。
意外と女性多めで驚きました。

内容はというと、ほぼ1作目の「逆転裁判」と同じで、第4話の狩魔検事の事件をメインに、それ以外はダイジェスト版、という感じでした。トノサマンの事件は軽く触れられるだけでしたが、一応原作っぽいキャラも出ていました。

原作のギャグも所々入ってきていて、そこまでスベっている感じもなく、これはこれでよかったかな、と感じました。
全編シリアスにしたり、全編オリジナルにするよりかはよかったのではないかと。

キャラもほぼ原作通りで、糸鋸刑事が妙に有能に見えたこと、キリっとした成歩堂くんが全体的に少なめだったこと、そして御剣検事以外は違和感ありませんでした。
証拠品を投げつけるところとか、よく再現しているなぁ、と思いましたし。

ただ、私の大好きな御剣検事は……きっと誰が演じてもダメだったと思うのですが、あれは御剣じゃない、と思ってしまいました。
唇が厚すぎるんですよね、でもって私は唇の厚い人ってあまり好きではなくて。
髪型もよく再現しているとは思うのですが、ズラはズラだろう、という感じで。

その他、狩魔の右腕について、原作だと狩魔って絶対に右腕を動かさないのですが、映画だと動かしまくりで、そこは原作に準拠しようよ、と思ってしまいました。
最後の最後で狩魔はなぜ右腕を動かさなかったのか、というのがわかるのがいいのに。


そんな感じで、意外と地雷でもなかった仕上がりになっていました。
最後にロゴが出て来る所なんかは好きな演出でしたし、1800円出して観るほどではないけど、時間の無駄ではなかったかな、と。
やろうと思えば2も作れそうですが、制作費を回収できていそうにもないので、2はないんじゃないかな、という気がします。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

カイジ2 人生逆転ゲーム・観てきました [映画]

1を観たのだから2も……ということで観てきた作品です。

実は公開2日目に観に行って、300席くらいある劇場で半分埋まるか埋まらないか、くらいの感じでした。
あまり混まない劇場なので、いつも通りという感じでしょうか。
年齢層は若い人が多めで、「ステキな金縛り」とは全く違う印象でした。
学生も多かったように感じました。

私の中で1を観たときと大きく変わったのは、原作を読んだこと。
1のときは原作を知らなかったので、いろいろ端折られている部分についてツッコミ所だと思った部分も、2については説明過多になるから仕方なかったんだろうな、と感じるようになって、映画の観方が少し変わりました。

それでどうだったのかというと、きれいにまとまっているけどそれだけだったな、と感じました。
今回は「パチンコ沼の攻略」がメインになっていますが、どうやって攻略するのか原作でもう知ってしまっているので、最後まであまりドキドキ感がなかったです。
1のときも最後は勝つというのがわかってはいても勝ち方がわからなかったので、ある程度ドキドキしたりはしたのですが。

ただ、キャラのイメージは原作をそこまで崩さず、これもこれでアリだな、と納得のいく形になっていて、観てよかったな、とは思えました。


では、ここからネタバレありの感想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ステキな金縛り・観てきました [映画]

葬式の手配だのなんだの、とにかく忙しかった時に数時間だけ時間が空き、折角だからと初日に観に行くことができた作品です。

劇場は150席くらいしかない小さいところだったのですが、8割くらいは埋まっていて、いつもガラガラな劇場にしては混んでいたように感じました。
年齢層は20代後半以上が多い感じで、全体的には高めかな、という印象でした。

まずはネタバレのないところから感想を。
上映時間は2時間半くらいありましたが、そこまで長さを感じることなく観ることができました。
今までの三谷作品同様、肩の力を抜いて、何も考えずに素直に楽しむことが出来る作品になっていました。
娯楽映画としては丁度いい感じです。

笑いもいろんなところに散りばめられていて、それでいて話に筋が通っているのでツッコミ所などほとんどなかったです。
1800円分、十分楽しめたな、と感じました。


では、ここからネタバレありの感想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

さや侍・観てきました [映画]

松本人志監督作品は、「大日本人」「しんぼる」と2作続けて劇場で観てきました。
旦那さんが昔っからの松本人志ファンということで、半ば連れて行かれるような形でしたが。

で、この2作品に共通していたのは、

・公開前に作品の内容がほぼ隠されている
・作品の内容がシュールで結論は丸投げ気味
・主演が松本人志

ということで、良く言えば作品のレベルが高すぎて一般人には理解ができなく、悪く言えばつまらないけど面白くもない作品でした。

「大日本人」→「しんぼる」の流れである程度わかりやすい内容にはなっていましたが、それでもまだシュールで、観た後は何かもやもやが残る感じになっていました。

しかしながら、3作目の「さや侍」は公開前から内容がある程度公開されていて、それが、

・母親を失って笑わなくなった若君を笑わせるために1日1芸を披露する侍の話

というもので、結構ストレートなものになっていました。
先の2作品の内容から、もう松本人志監督作品は劇場で観ない、と思っていたものの、あらすじを知ってから「さや侍」はちょっと観たいかも……と思って、観に行くことにしました。

私は公開2日目に観に行きましたが、劇場は150席くらいしかない小規模タイプのところなのに2~3割くらいしか席が埋まっていなくて、これは先の2作品の傾向からかなり敬遠されているな……と感じました。
「大日本人」のときは大きな劇場が確保されていて人の入りもそれなりでしたが、それに比べるとガクッと落ちた感じがしました。


ではまず、ネタバレのないところから感想を。

内容は既に公開されているあらすじ通り、かなりストレートなものになっていました。
若君を笑わせるために侍が体を張って芸をする、という1点に話が集中していて、素直に笑える展開が多かったです。

主役の侍を演じている野見さんが演技未経験の一般人というのは有名な話ですが、一般人だからこそ本気でやっているんだろうな、というのが伝わってきて、どうせ演技でしょ?と思えない緊迫感があったのが良かったです。
また、野見さんには台本すら渡されなかったという話もありましたが、実際に観てみるとこれも確かにそうだな、と思える展開になっていました。
多分、こういう芸をしろ、という指示だけされていて、野見さんはそれを必死でやっているだけなのだろうな、と。セリフらしいセリフがほとんどありませんでしたし。
でも、それを周りがフォローするように動いていたので、話としてしっかり成立していたのはすごいな、と感じました。

映画を観て素直に笑いたいな、という人にはお勧めの映画です。
最終的に観てよかったと思える映画になっていました。


では、ここからネタバレありの感想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

SP 革命篇・観てきました [映画]

本来なら公開2日目に観に行く予定だった映画でしたが、地震の影響で行く予定だった映画館が無期限休業になってしまい、少し遠めの映画館で観ることとなりました。

公開から2週間が経過していましたが、元々混む映画館なのと、おそらく私のように他の映画館から流れてきた人もいるだろうと思われ、劇場はほぼ満席状態でした。


では、まずネタバレのないところから感想を。

私はドラマ、映画前作、直前のテレビスペシャル「革命前夜」、全て観た上で今回の「革命篇」を観に行ったので内容は理解できたのですが、テレビだけ観ていて終わり方が気になったから最終作だけ観に来た、「野望篇」は観たけど「革命前夜」は観逃した、という人にはちょっとわかりにくい内容になっていました。
全て観ているのを前提にして話が作られています。
一応回想シーンである程度フォローはされているのですが……
人間関係が割と複雑なので、最後の方の展開を理解するためには、予習が必須です。

また、前作「野望篇」はアクションがメインで、今作「革命篇」は謎解きがメインだという風にも言われていましたが、「革命篇」も結構アクションシーンが多かったです。
確かに「野望篇」のときよりもアクションシーンは少なかったですが、それでも映画の半分以上はアクションシーンだったかな、と。
その辺りの吸引力はさすがで、終始飽きさせない作りになっていました。
多分テレビ放映するときは大幅カットされてしまうと思うので、全編観たいという方は映画館かDVDなどで観た方がよいかと思います。

いつもの四係メンバーは、「野望篇」までだと、わりと個別に動いていることが多かったのですが、「革命篇」ではいろいろと連携していて、その辺り見せ方が違っていたのはよかったです。


それでは、ここからネタバレありの感想です。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック