So-net無料ブログ作成
検索選択

ゼロサム・8月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、あまつき、Landreaall、拝み屋横丁、など。
今月は休載作品が4作品あった上に雑誌もかなり薄くて残念でした。
アニメ放映がもうすぐ始まり、表紙にもなっている「最遊記 RELOAD BLAST」の本編掲載がなかったのが1番きつかったです。

今月で最終回だった「拝み屋横丁顛末記」。
最終回にして初登場だった大家さんの祖父とか、正太郎に霊感がないのは封印されているからだという事実がわかったりとか、最終回にいろいろ盛り込んできたなぁ、というのが、最終回だという感慨深さよりも先に来た感想でした。
終わり方はほぼ予想通りでしたが、これはこれでこの作品らしいな、と感じられてよかったです。
次回作は普通ならすぐにでも出てきそうですが、他誌でも割と描いている作家さんなので、その辺りはどうなんだろうなぁ、と思ったりも。
何を描いても平均以上のものは出てきそうではありますが。


来月には大型新連載が用意されているとのことですが、タイトルも作者も未発表、でも表紙&巻頭カラーは決まっている、という異例の形となっていました。
現時点で考えられることは、ここまで大々的な新連載をやるのであれば、新人ではなく、本誌でも他誌でも連載歴があって、少なくともそれがアニメ化レベルくらいにはヒットしている作品を手掛けた人だろう、ということくらいでしょうか。
その前提をもとに考えられる作家さんを考えると、

1.高河ゆんさん
今まで数々の連載作品を途中放棄して新作を発表してきているので、「LOVELESS」の最新刊を出したところで連載を中断して新作の連載をやる、というのは考えられなくもないです。
約1年「LOVELESS」の連載が中断していますが、これは新作の構想を練っていたからかも、と。

2.本誌で既に連載をしている作家さんが掛け持ちで連載をする
本誌の看板の一角を担う「魔界王子」「カーニヴァル」「あまつき」の各作家さんたちが新連載を立ち上げるのでは、と。既に連載が終わっている作家さんであればこういう発表の仕方はないと思うので、並行連載なら1ヶ月隠すかなぁ、と。

3.本誌初登場の講談社系列の雑誌で描いている作家さん
一迅社は講談社系列の雑誌社になりましたから、そちらからビッグネームの作家さんが流れてきてもおかしくはないかな、と。ここまで範囲が広がると作家さんの予想はできませんが、本誌の作品傾向からすると女性作家さんではないかな、と。

こんな辺りでしょうか。
果たして誰がやって来るのか……
本誌を救ってくれる作家さんであることを願います。
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガンJOKER・7月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、賭ケグルイ、双、ヴァニタスの手記、ハッピーシュガーライフ、など。
他にも面白い作品が多々あって、いつもながらに読み応えがありました。

今月掲載された読み切り「カクリヨアカウント」。
「アカメが斬る!」の作画を担当していた田代哲也さんの作品なので、不安半分、期待半分みたいな感じで読み始めました。
読み終えてみると、悪くはないけど連載化は厳しいのではないかな、と感じました。
前半はラブコメ展開に見せておいて後半バトルになっていくところとか、後半グロ描写多めになるところとか、下手な救いを残さないで終わるところとか、いいと思えるところはそれなりにあったのですが、大枠の設定がベタすぎるなぁ、と。
要は現代版退魔師もので、ジャンプとかの読み切りでもありそうだなぁ、という。ジャンプでグロ描写っていうのはほぼないので、その辺りで差別化はできているのですが……


今月新刊が発売された「渋谷金魚」。
以前ここで、本屋さんでは確実に売れているだろう作品と最初の1巻は入荷されるけど、それ以外は通販でないと手に入りにくい、と書きました。
なので、「渋谷金魚」も2巻は本屋さんにないだろうな……と思っていたら、平積みで売っていてちょっとビックリしました。
しかも、書店フェアをやっていたり、コミックスの続きが今月掲載分というのは人気作品が良くやるタイプの掲載方法なので、どうも「渋谷金魚」は人気があるし売れてもいるらしい、というのがわかってきました。
この作品、かなり好きなので頑張ってほしいです。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

Gファンタジー・7月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

ここ最近ちょっと更新が遅れていたのは、風邪を引いていたからでした。
1週間くらい咳が止まらなくて、そろそろ医者に行かないとダメかな……と思っていたら、いきなり鼻水に移行して翌日スパっと症状が消えて治ってしまいました。こんなことは初めてで、よくわからなかったです。
娘も娘で風邪を引いていて、症状が流行中のアデノウィルスが原因の通称プール熱っぽかったので病院に連れて行ったものの、結果は陰性で、よくわからないけど普通の風邪だったようです。

では、Gファンタジーの総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、冥土の恋は閻魔次第、など。
「キューティクル探偵因幡」の10Pかけたコミックス宣伝などもあって、割と楽しく読めました。

来月で「妖飼兄さん」が最終回、とのこと。
ずっと終わりそうな雰囲気が続いていたので、やっぱり終わるのか、とまず感じました。
でも、打ち切りというわけでもなく、謎解きも一通り終わっていますから、円満終了できれいに終わってくれるのではないかな、と。
兄弟仲良く妖怪レンタルショップを経営していくENDになるのではないかな、と思っています。


※ここから少し「黒執事」とアニメ「王室教師ハイネ」のネタバレアリの話です。


今月は「黒執事」で大きな動きがありました。
シエル双子説を裏付ける真シエルが登場して、いよいよ物語最大の謎解きが始まるのではないかな、という雰囲気になってきました。どこまで謎解きをしてくれるかはまだわかりませんが……
それにしても、ミュージックホール編が始まったときはここまで本編に食い込んでくる話になるとは思っていなかったですし、ソーマが襲われた段階で犯人を予想できていた人はすごいなぁ、と改めて思いました。
来月の展開も楽しみです。


「王室教師ハイネ」のアニメが先日終了しました。
最後はオリジナル展開できれいにまとめていて、後味の良い終わり方になっていました。
ひとまずミュージカルのことは告知されていましたが、アニメ2期があるかどうかは触れられていなかったので、今後のDVDの売り上げとかミュージカルの結果次第なのだろうな、と感じました。
最終話にアインスを出してくるという、若干続編を意識した作りではありましたが。

アニメを一通り見終わって感じたのは、これはかなり出来がいいアニメだったな、ということ。
人物・背景は原作の雰囲気を損なうことなくきれいでしたし、心配していた声優経験の浅いメインキャストもふたを開けてみれば各キャラに合っていて、すごくよかったです。
これならば、アニメと同じキャストでミュージカルをやるのだからこそ観に行きたいな、と思える土壌はしっかりできていたな、と。
これが成功例になれば、同じようなアニメとミュージカル連動作品も出てくるのではないかな、と感じます。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・7月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、無能なナナ、ベルゼブブ嬢のお気に召すまま、ねねね、など。
割と作品の入れ替わりが激しいこの頃ですが、エロ多めになっていくのは個人的にはちょっと残念です。

今月で最終回だった「再生のファンタズマ」。
カラーはあったものの完全な打ち切り仕様の終わり方で、俺たちの戦いはこれからだENDとなっていました。第一部完からの第二部予告で終わっていたような感じでした。
一端敵に敗北したところで話が終わって、2年後にそれぞれがパワーアップして、シュマリもそこで復活させて話が進んでいく予定だったのだろうな、というのは見えました。
「屍姫」が円満終了してからの打ち切りなので、次回作はあると思うのですが、全くの別ジャンルになるか原作が付くかのどちらかになりそうな気がします。
本誌では、円満終了後の連載(原作付き・続編は除く)は打ち切りになる法則が続いているなぁ、と感じます。

今月からの新連載「不徳のギルド」。
予告からしてエロだと告知されていたので、内容は連載初回らしく定番のエロネタとなっていました。スライムが服の中に入り込むとか、むしろ古典じゃないのかってくらい使い古されたネタですが……
設定も腕の立つ冒険者が新人女性冒険者の面倒を見ることになる、というもので、この辺りは敢えてベタな設定にしたのかな、と思ったりも。
作者は以前「ばのてん!」を連載していた河添太一さんで、前作にしても今作にしてもも二匹目のどじょう狙いの作品になっている気がしないでもなく。
それでまぁ、エロ狙いならもうそれはそれでいいのですが、果たしてこの絵でそそるのか?、と言われるとそうでもないような気がして仕方ありません。話を見る限り、「戦×恋」というより「ながされて藍蘭島」に近い雰囲気で、「ながされて藍蘭島」よりエロは濃いめではあるものの、いろいろ中途半端な印象でした。
エロの二匹目のどじょうは難しいのでは?、という気がします。

来月からの新連載「FINAL FANTASY LOST STRANGER」は、スクエニ社員がFFの世界に転生する、という異世界転生の話のようで、ものすごく色物の気配がしました。
ただ、原作はゲームの脚本なども手掛けている水瀬葉月さんで、作画は「階段途中のビッグノイズ」の亀屋樹さんということで、それなりに力が入っている雰囲気もあったり。
「階段途中のビッグノイズ」に関しては、かなり面白かった記憶がありますし、ここで起用されるっていうことは少なくとも負け戦前提とか二匹目のどじょう狙い的なものではないのかな、と。
期待と不安が入り混じります。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ゼロサム・7月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、あまつき、破天荒遊戯、拝み屋横丁顛末記、など。
今月も雑誌が薄くて残念でした。でも、もうこれ以上厚くなることはなさそうで、その辺りも寂しいです。

来月で「拝み屋横丁顛末記」が最終回、とのこと。
毎号掲載作品としては「Landreaall」に次ぐ長期連載でしたが、ついに来月で終わってしまうそうです。
先月いきなり終わりそうな展開に入っていたのでもしや、と思っていたら、案の定でした。
ギャグマンガだったので、エンドレス連載になっているものだとばかり思っていましたが、いつかは区切りを付けなくてはいけないということなのか、ここで終わるようです。
まぁ、面白かったとはいえ、割とマンネリ化していたというのもあるので、ここで区切りがつくのはいいことなのかもしれません。
何やかんやで、横丁存続で今まで通りの日常が続いていくENDになりそうです。

今月からの新連載「A3!」。
スマホゲームが原作の役者育成もので、潰れる寸前の弱小劇団の総監督になって、劇団を立て直していく話、となっていました。
今月は導入部分の、どのようにして総監督になったのか、が描かれていて、展開的にはかなりベッタベタで都合のいい感じになっていました。でも、これはこれで導入部分ですし、作品的にはストーリーよりもキャラ重視なので、これはこれで仕方ないのかな、と。ここからどうやって立て直していくかの方が重要ですし。
絵に関しては、割と上手いので、連載していく分には特に問題ないかな、と思います。
今後の流れとしては、劇団員の個別掘り下げ→個別ルートorハーレム、という感じでしょうか。
この辺りはもうテンプレで行く以外に考えられないので、展開としては王道になるんだろうなぁ、と思っています。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガンJOKER・6月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、賭ケグルイ・双、ヴァニタスの手記、ラグナクリムゾン、など。
今月も読み応えがあってよかったです。

今月は3作品読み切りが掲載されていて、中でも「バール&チェーンソー」が面白かったです。
原作が「犬とハサミは使いよう」の作者で、実際にこの作品は読んだことはないものの、ラノベ作家らしいというか、すごくキャラが立っているな、と感じました。
大筋のストーリーはゾンビものとして王道だったのですが、このキャラだけで普通に連載になってもいけるのでは?、と感じました。肉に関する伏線も上手かったですし。
絵は粗削りなので、連載化の時はもう少し安定しているといいな、と思います。

来月は「アカメが斬る!」の作画を担当していた田代哲也さんの読み切りが掲載される、とのこと。
「アカメが斬る!」の続編で作画を担当しないようだったので、引き抜かれたかオリジナルで描きたいと思っているかどちらかだな、と思っていたら、後者でした。
原作付きの作品の作画担当者のオリジナル作品というと、あまり成功例を知らないので少し不安もありますが、期待もしています。


今月発売のコミックスが割と多くて本屋さんに行ったものの、有名どころしか置いてなくて、欲しいものは全て手に入れられませんでした。
こういうことが割と最近多くて、スクエニ系のコミックスだと、確実に人気があって売れている本と最初の1巻はほぼ確実に手に入るのですが、2巻以降のそこまで売れていないっぽい本というのは手に入りにくいです。
今月の本誌発のコミックスの場合、「ハッピーシュガーライフ」5巻、「イノセントデビル」1巻、は手に入ったものの、「Jヲタ男子☆朝比奈くん」2巻は手に入らなかったです。むしろ本屋さんには前者2作品しかなかったです。「Jヲタ男子☆朝比奈くん」の1巻発売の時は、ちゃんと入荷していたのですが。
一昔前みたいに、欲しい本は池袋で確実に買うというのではなく、地元で探してなかったら通販、という形になったことで、あまり部数が刷られていない本というのがより鮮明にわかるようになりました。
出版不況というのはもうずっと言われているので、出版社も在庫を抱えないためにより刷らなくなっているのかな、とも思います。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

Gファンタジー・6月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

先日「堕イドル」の2巻が発売されたので早速読んでみたら、2巻で打ち切りになっていた、という事実が判明しました。これ、結構ショックでした。
原作のガクキリオさんの話では、アンケート自体はかなり取れていて1巻の初版も多めに刷られたくらいだったけど、その1巻が売れなくて打ち切りになった、とのこと。
アンケートが取れているならもう少し様子を見るとかないんだ、というのが意外でした。内容は確実に面白かったのに……
ただ、原作ベースでの続編掲載はブログで細々と続けるとのことなので、その辺りは追いかけて行こうと思います。


では、Gファンタジーの総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、死神と銀の騎士、など。
今月コミックス発売がある作品に、軒並み解説ページがついていたのはなかなか親切でいいな、と思いました。

今月での最終回作品1作目「死神と銀の騎士」。
エピローグに丸々1話割いたというのもあり、きれいな最終回になっていました。
冒頭でいきなりシオンが消えたときは、随分あっさりした終わり方にしたなぁ、と思っていたのですが、そこから各騎士のその後が割と細かく入っていて、さらに未来の話に入ってからのハッピーエンドとなっていて、ちょっとグッとくるものがありました。
ハッピーエンドでキッチリ終わった作品の中でも、この作品の終わり方はかなり上位に来る感じがしました。ベタな終わり方でも、この終わり方がよかった、と思えるものでしたし。
次回作は確実に来ると思うので、期待したいです。

最終回作品2作目「博多豚骨ラーメンズ」。
前回の劣勢状況からどう巻き返すのかと思っていたら、きれいな大逆転劇があって、何やかんやできれいに終わったな、と思える最終回でした。
これがおそらく小説1巻の終わり方で、人気があったら続編も……ということだったと思うのですが、残念ながら告知はありませんでした。
決してつまらない作品ではなかったですし、それなりに面白く読んでいたのですが、唯一欠点があったとしたら、主人公が斉藤なのか林なのかである意味ぶれて見えたところかな、と。
元々群像劇の話というのはわかっていたのですが、同じ群像劇の「デュラララ!!」は罪歌編だったら杏里、黄巾賊編だったら正臣が主役というのがはっきりした上で周りのキャラが生きているという感じがしたのに、こちらは最初斉藤が主役で途中から林に切り替わった感じになって、結局どちらが主役なのかよくわからなくなってしまいましたし。
原作のアニメ化が決まっていたら連載が終わることはないと思うので、原作のアニメ化はないのだろうな、と感じました。予め決まったうえでの連載化と思っていたのですが……


今月からの新連載「白石君の動級生」。
「小さな魔女の首輪」を連載していたチノクさんの新連載です。
心に思っていることを上手く言葉にできないコミュ障少年が、新天地で頑張る話、となっていました。
第1話では新しいクラスに入ったら動物だらけだった、というところで終わっていたので、ベタな展開で考えると、クラスメイト全員動物が人に化けた姿、ということなのだと思います。
ただ、まだわかっていることが少ないので、主人公だけが人間で間違って動物クラスに入ってしまった(これが1番ベタ)、実は主人公も動物、他のクラスの生徒はそのことを知っている、などいろんな可能性が考えられるで、まだ何とも言えません。
でも、タイトルからしてクラスメイトが動物が人間に化けた姿だというのは確定っぽいので、その辺りの設定は「妖怪学校の先生はじめました!」とちょっと被るかな、と思えて少し心配です。
絵は前作に比べて格段に上手くなって安定しているので、その辺りは心配しなくても大丈夫そうです。
とりあえず、来月を待ちたいです。


※ここから「黒執事」に関するネタバレや考察が入るので、一旦隠します。

続きを読む


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・6月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、無能なナナ、はっぴぃヱンド、ベルゼブブ嬢のお気に召すまま、など。
今月は休載からの復帰作もいくつかあって、まずまずの読み応えでした。

来月で「再生のファンタズマ」が最終回、とのこと。
元々掲載位置が後ろのことが多くて、ここ最近は謎解きが割と出ていたり、最終回を匂わせるような登場人物の発言があったりしたので、やっぱり終わるのか、とまず感じました。
話としてそれなりに区切りがついて終わる感じはありますが、全てが丸く収まるようなハッピーエンドはないかな、という気がします。シュマリが生き返ってよかったねENDはありそうですが……
「屍姫」の次の連載ということで鳴り物入りで始まった連載でしたが、短期で(おそらく打ち切り)終わってしまうということで、残念でした。
まぁ、前作は少女たちが武器を持って(ノーパンで)戦う、というところに個性があったのに、今作は似たようなファンタジーバトルものだけど、男主人公がヒロインを守るという極々王道な話で、大きな個性が出せなかったのが打ち切りの原因だろうな、と思います。連載の最初から最後まで、悪くはないけど普通の話、という印象が変わらなかったですし。
次回作があるかどうかは微妙なところでしょうか。

来月からの新連載はどうやらまたエロ系の作品のようです。
明らかに「戦×恋」から始まっているエロの流れですが、「戦×恋」は1・2巻合計で10万部売れているということで、2万部売れてトントンという漫画業界なら、それなりのヒット作になっているというのもあり、似た系統の作品を投入してくるのは仕方ないのかな、と思います。
あまりにエロ系の作品が増えると、アンケートの食い合いで共倒れとかもありそうですが……
個人的にはあまり歓迎できない流れなので、少し残念です。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ゼロサム・6月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、ボクラノキセキ、ファイアーエムブレム、Landreaall、など。
今月も休載多めで雑誌が薄くて残念でした。

今月での最終回作品1作目「ヒトキリシェアハウス」。
主人公たちを取り巻く環境が少し改善されて日常が続いていく、というそれなりに王道な終わり方となっていました。打ち切りだった割にはまとまりが良かったな、と感じました。
前作「Are you Alice?」は長期連載&円満終了だったものの、今作は短期連載&打ち切りだったので、次回作も同じコンビでの連載、というのはないかもしれないな、と思います。
別のコンビでの連載なら、十分あり得るとは思うのですが。

最終回作品2作目「千年迷宮の七王子-永久回廊の騎士-」。
いろいろな問題がきれいに解決して、円満終了となっていました。
タイトルを変えての続編掲載もあり得るかな、と思っていたのですが、外伝のコミックスが発売されるものの、連載はない様子。なので、「千年迷宮の七王子シリーズ」はここで完結のようです。
ただ、円満終了であることは確かなので、この原作・作画コンビによる新連載はいずれ出てくるのではないかな、と思います。

今月からの新連載「僕×{おネエマフィア×任侠ヤクザ}」。
タイトル通りの話の新連載です。
小学5年生の男の子がヤクザの家でおネエマフィアと同居するギャグ寄りな話となっていました。
本誌でのギャグ枠は現在「ストレンジプラス」のみなので、ギャグ枠の連載はありだな、と思います。
内容としても、よくあるなんちゃってヤクザではなくて本格的なヤクザの話も少し入っているようなので、その辺りにも少し期待してもいいのかな、と思います。
しばらくは様子見な感じになりますが。

今月「拝み屋横丁顛末記」がいきなり終わりそうな展開になっていてビックリしました。
横丁再開発・正太郎が実家に帰ることになる・正太郎の父登場、と今までにない急展開で、あと2回くらいで終わってもおかしくない話になっていました。
何やかんや横丁は残るという展開になるとは思うのですが、そこで最終回になってしまうのかどうか、見守りたいです。
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガンJOKER・5月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、ハッピーシュガーライフ、賭ケグルイ、双、メイのメイデン、など。
今月は引き付けられる作品が多くて、いつにも増して読み応えがありました。

今月で最終回だった「いなかのおまわりさん」。
最終回は誰かの異動話だろうな、と思っていたらその通りの展開で、最終回らしいけどあまりにも捻りがなさ過ぎて残念だな、と感じる終わり方でした。
こういう終わり方しかなかったんだろうな、とは思うのですが、打ち切りなら最後くらい弾けてみようっていう展開はないものなのかな、と思ったりも。
次回作は既にWeb掲載で決まっているようなので、本誌復帰はなさそうな感じです。


今月からの新連載1作目「蝶撫の忍」。
ビッグガンガンで「キャタピラー」を連載している原作・作画コンビによる新連載です。
全くの新しい内容での新連載だとばかり思っていたのですが、ふたを開けてみれば蟲の話でした。時代が戦国時代なので、「アラクニド」のスピンオフというわけではなく(最終的に蟲の組織につながっていく展開はなさそうな雰囲気)、完全独立した新作の蟲作品、ということのようです。
まぁ、だからこその同じ原作・作画コンビで描くことになったのかな、とも思いましたが。
主人公は蝶の能力を持っていて、本能寺の変で死んだ信長の首を秀吉から守りつつ次世代の覇者に渡すために旅をする、という話なので、そこまで長い話にはならないような感じがします。
また、この時代での蟲の能力は忍術ということになっているようで、これはこれでアリな設定だな、と感じました。
すでに実績のある作品の原作・作画による同系統の新作なら、打ち切りのリスクも少なく連載していけるんじゃないかな、という気がします。

新連載2作目「メイのメイデン」。
こちらはコンビを組むのは初めてながらも、どちらも他誌連載歴のある作家さん同士の新連載です。
オリジナルのギャンブルで客と勝負をして、いつか運命の人に出会うのを夢見るデリヘル嬢の話、となっていました。
系統的には「賭ケグルイ」とほぼ同じなのですが、これはこれで非常によくできていて面白い話になっているので、ジャンル被りしていても何の問題もないな、と感じました。ジャンル被りがあるとアンケートの食い合いでどちらかの作品が打ち切られるとか共倒れになる場合が多々あるのですが、これはどちらの作品もそれぞれアンケートを取っていくのではないかな、と感じました。
以前掲載された読み切りや他誌連載中の「堕イドル」と同様、ギャンブルの設定、イカサマのやり方と見破り方、そこに至るまでのヒントの出し方など、相変わらずバランスが上手いな、と感じました。
絵もかなり上手くて原作者が求めるエロを十分表現できていると思いますし、いずれ本誌の看板に上り詰めることもあるのではないかな、と。
いつか「賭ケグルイ」とのコラボ企画とかも出てきそうな気がします。
今後にも期待しています。

今月特によかったのは「ハッピーシュガーライフ」と「ラグナクリムゾン」。
「ハッピーシュガーライフ」は、別の街に行ってしまったあさひをがそのままフェードアウトすることはまずないと思っていたものの、どうやってまた同じ街に呼び戻すかがわからなかったので、そこをどう描くかに注目していました。
その答えが今月出ていて、これは上手いなぁ、と感心する展開でした。今までの伏線も上手く活かしていましたし。
近いうちにアニメ化もあるんじゃないかな、と思います。

「ラグナクリムゾン」はタイトルにもなっているクリムゾンというキャラが出てきて、おおよそ話の方向性が見えてきました。
そこに至るまでの展開にちょいちょい良い捻りが加えられていて、これはかなり話作りを丁寧にやっているんだろうな、というのが伝わってきて、近いうちに化けそうだな、と感じました。
話もループものではなく、未来の知識を過去でどれだけ活用できるかの一発勝負的な感じになっていたので、その辺りも設定的に最近あまり使われないものを持ってきているのはいいな、と感じました。
今後も伸びていってほしい作品です。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック