So-net無料ブログ作成
検索選択

Gファンタジー・3月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、黒執事、地縛少年花子くん、薄明の先、など。
今月も雑誌が厚くて読み応えがあってよかったです。

今月で最終回だった「K RETURN OF KINGS」。
先月の段階で最終決戦は終わっていたので、今月はエピローグがメインの話でした。
各キャラのその後が満遍なく描かれている感じで、ハッピーエンドで読後感が良かったです。
コミックスは全2巻なので、思っていたより短くまとめたんだな、と感じました。「K」シリーズとしての連載が長かったので、もっと長く連載しているようなイメージでした。それに、1期のアニメは全3巻でしたし。
TVアニメは既に次回作が発表されていますが、コミカライズの発表は特になかったです。いずれアニメ放映が始まったらコミカライズはあると思うのですが……2期のアニメのコミカライズを短くまとめているだけに、もうコミカライズはないという可能性も否定できない気はします。

来月で「ライルと槍」が最終回、とのこと。
毎号終わりそうな雰囲気で話が進んでいたので、ここで終わることに対してそこまで驚きはなかったです。
ただ、今月号の展開を見る限り、きれいに終わることができるのかな?、という雰囲気ですし、少なくともハッピーエンドにはならないように見えるので、どのあたりを着地点にするのか、気になるところです。
謎解きもまだいろいろ残っているので(ルイが父親に嫌われていた理由とか)打ち切り仕様な終わりになるかもな、というのが少し心配なところです。


今月は読み切りが3作品掲載されていて、中でも「薄明の先」がよかったです。
この作品を読む前に、この作品自体66Pあるというのが書かれていたので、これはいろいろ詰め込み過ぎているパターンの作品かな、とちょっと警戒していました。でも、実際読んでみると66P必要な作品だと思える内容で、無駄な部分は一切なかったです。
66Pあっても、長すぎず短すぎずのいいバランスだと思えましたし、作画も安定していて読みやすかったです。
謎解きの出し方とか伏線の張り方とか、もう少し練り込みがあればもっとよくなりそうな感じはしたので、これは編集さんがつけば伸びるところなんじゃないかな、と思います。
再登場を期待したい作家さんになりました。


今月ちょっと酷いな、と思ったのは「白衣の王様」。
先月の段階で、今月は足を失った女の子の義肢製作を製薬会社と競う、ということに決まっていました。
最終的にシーヴァたちが勝つだろうな、とは思っていたのですが、そこに至るまでの内容が、

・シーヴァたちに与えられた義肢製作期間が1週間。
・製薬会社の作った義肢が計算(設計)ミスで、CM撮影中が初装着な上、女の子の足に装着不可。
・シーヴァ作成の義肢を装着した女の子が、リハビリなし&どこにもつかまらずいきなり歩く。

という、いくらなんでもこれはない、というもので、この内容でよく編集は通したな、と感じました。
100歩譲って製作期間に関しては一応フォローもあるので納得できないこともないのですが、製薬会社のCMに出そうとしていた義肢がそもそも設計段階で間違ってるとか、車椅子生活がそこそこ長い女の子が義肢をつけていきなり支えもなしに歩くとか。
いくらマンガでもこれは……と。
元から話としていろいろ危うい作品ではありましたが、今後がいろいろ心配になりました。


今月はTVアニメ「王室教師ハイネ」の詳細がいろいろと発表されていました。
舞台版とアニメ版の役者が同じというかつての「サクラ大戦」方式ということですが、こちらはメインキャストが舞台経験はあるけど声優経験があまりない方々ということで、アニメがちょっと心配になりました。
最近は芸人とかタレントの映画でのゲスト声優でもなければ、棒読みの人はそこまでいない状態ではありますが……
とりあえず、アニメは視聴予定なので、あとは見てから感想を書こうかと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・3月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、無能なナナ、ばらかもん、ベルゼブブ嬢のお気に召すまま、など。
「ねねね」の本格連載もスタートして、雑誌としてちょっと上向きな感じになってきたように思うので、このまま行ってくれたらな、と思います。

今月からの新連載「ねねね」。
短期連載からの長期連載昇格作品で、ひとまず隔月連載として連載スタートしました。
長期連載昇格のお約束で、連載初回は新キャラ登場。今後もう少し準レギュラーのキャラが増えるだろうな、と思います。
それでも根幹にあるのは主人公2人の微笑ましい新婚生活のやり取りなので、その辺りが崩れていないのはよかったです。本格連載になっても癒される雰囲気は健在で、連載していく分には全く問題ないな、と感じました。
今後にも期待したいです。

来月からは「異世界で最強の杖に転生した俺が嫌がる少女をムリヤリ魔法少女にPする!」という新連載が始まる、とのこと。
タイトルからしてラノベ原作なのかと思いきや、そうではなくオリジナルのマンガ原作で、単純に原作・作画が分かれているタイプの作品のようです。
WEB小説では異世界転生ものが飽和状態で……みたいな記事を読んだことがあるので、その中であえてこの話をやって大丈夫なのかな?、とまず感じました。でも、かつて執事ものの流行が終わりそうなところで「黒執事」の連載が始まるとGファンタジーで告知されたとき、連載前は不安だったけどふたを開けたら大ヒットという例もありますし……とりあえず、読んでみないことには何とも言えない感じでしょうか。
また、煽りに「エロコメ」と書いてあったので、「戦×恋」でエロがそこそこ受けているというのもあり、エロ系作品をもう1作投入しよう、ということなのかな、とも感じました。おそらく、タイトル通りの話になるでしょうし。
でも、予告カットを見る限り、あまり絵が上手くなさそうで、それでエロを描かせるのはどうなのかな、と思ったりも。エロなら絵が上手ければ上手いほどいい、と私は思っていますし、「ながされて藍蘭島」「戦×恋」にいまひとつ馴染めないのも、あまり絵が上手くないからだったりしますし。
総合すると、不安の方が大きい新連載です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

最近のおすすめマンガ [漫画全般]

ここ最近、めっきりコミックスを買うことも減って、最盛期では月に30~40冊は買っていたのですが、ここ最近は10冊程度に落ち着いています。
ただ、1度集め始めたら最終巻まで買うというポリシーは曲げていないので、コミックス1巻を買うときは以前よりも自分の中のハードルを上げていて、本当に手元に残したい作品かどうかを考えてから買うようになりました。
ここ最近は「コミックスREVIEW」の更新もできていないので、そんな中でこれはと思った作品を紹介してみたいと思います。

・約束のネバーランド

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス)

約束のネバーランド 1 (ジャンプコミックス)

  • 作者: 出水 ぽすか
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2016/12/02
  • メディア: コミック


ジャンプで連載中の作品で、現時点ではコミックス2巻まで刊行中です。
とある孤児院で暮らす11歳の少年・少女が、実は自分たちが食料として育てられているということに気づいて、孤児院からの脱出を計画する、という話です。
この話が「脱出編」と既に公式に命名されているので、脱出後の話もすでに想定されているのだと思われます。

主人公の少年・少女は非常に頭がよくて(頭がいいことについて必然性もある)、孤児院を監督する大人(ママ&シスター)と様々な駆け引きをしていて、そこに引き込まれます。大人も大人で頭がいいので、お互いボロを出さず、表面上は穏やかに過ごしつつ、それぞれの目的のために動いていく様子は、いつも息をのむ展開で飽きさせません。
印象的には「DEATH NOTE」を読んでいた時の感覚に近いです。

・春の呪い

春の呪い 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

春の呪い 1 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)

  • 作者: 小西明日翔
  • 出版社/メーカー: 一迅社
  • 発売日: 2016/04/25
  • メディア: コミック


「このマンガがすごい2016 オンナ編」の2位に選ばれたことで一気に知名度が上がった作品ですが、そうなる前にコミックス1巻の発行部数が10万部を超えたという告知があったので、見ている人は見ているんだな、というのを実感した作品でした。
マイナー雑誌の新人作家のコミックス1巻なんて、なかなか日の目を見ることなんてないですし。

19歳で亡くなった妹・春の婚約者と交際することになった女性・夏美の物語で、冒頭でタイトルの「春」が人名だったということがわかることが第一の衝撃。その春が亡くなる直前に口から発したのは姉ではなく婚約者の名前で、何よりも妹のことが大切だった夏美にとってそれは絶望の言葉なのだけど、妹の婚約者は実は夏美のことが好きだったというのが第1話でわかる、という内容の濃さに第二の衝撃。
この後は人の心を抉ってくる心理描写が素晴らしく、グイグイ話に引き込んでくるので、完結の2巻まで一気に読めます。
現時点でも品薄状態(特に2巻)に感じますが、いずれ手に入りやすくなるとは思います。

・堕イドル

堕イドル(1) (講談社コミックス)

堕イドル(1) (講談社コミックス)

  • 作者: 山口 アキ
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2016/12/09
  • メディア: コミック


ガンガンJOKERで掲載された漫画賞原作部門受賞作の読み切り「囚人のジレンマ」の原作者が、実はもうデビューしていたというのを知り、そのデビュー作を読んでみたら非常に面白かったので、ここで紹介します。

アイドル戦国時代の現代で、地下アイドルとしてようやく芽が出始めたアイドルの女の子が、関わると不幸になるという男性と偶然出会ったことで巨大な客船に幽閉され、命を懸けたゲームをすることになる、という話。
この命懸けのゲームの内容が、非常に面白いです。
主催者側から出されるゲームのルールや勝利条件からゲームの本質を見抜いて勝ち残らなければならない、という辺りは「ライアーゲーム」とか「カイジ」に近い感じでしょうか。
ゲームのヒントの出し方も、簡単すぎず難しすぎずのいいバランスで、読者に提示するヒントのさじ加減が非常に上手いです。

「囚人のジレンマ」を読んだとき、この原作者は世に出る才能の人だと思ったのですが、それが思いの外早く現実化したな、と感じました。
作画もかなり絵が上手い人がついているので、これから伸びていく作品ではないかな、と思っています。

・ハッピーシュガーライフ

ハッピーシュガーライフ(1) (ガンガンコミックスJOKER)

ハッピーシュガーライフ(1) (ガンガンコミックスJOKER)

  • 作者: 鍵空 とみやき
  • 出版社/メーカー: スクウェア・エニックス
  • 発売日: 2015/10/22
  • メディア: コミック


もう既刊として4巻まで出てしまっているものの、改めて紹介したいのでここに書きます。
愛が理解できなくて常に満たされない思いを抱えていた少女・さとうが少女・しおと出会って愛を知ることができた。2人は一緒に暮らしながらお互い満たされていくものの、2人の前には様々な障害が出てくる、という感じの話です。

登場人物のほとんどがいい感じの変態でいい意味で狂っていて、いいキャラ揃いです。
主人公のさとうからして、しおのためなら殺人でも厭わない冷徹少女だけどしおの前ではデレデレのギャップ萌え、大人の女性に監禁されて幼女趣味に目覚めた太陽、ドM教師などなど、見所キャラ盛りだくさんです。
話の展開が少し遅めですが、それでいて謎解きは割と早めに出てきたりもするので、いろいろとバランスが取れている感じはします。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ゼロサム・3月号感想 [スクエニ]

本日の更新は、「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

先日、マックのハッピーセットを買いました。セットのおもちゃがマリオシリーズのもので、それを娘が欲しがったので。
出てきたおもちゃはヨッシーで、説明書には「甲羅を押すと舌が飛び出ます」という感じのことが書いてありました。

……甲羅?
ヨッシーの背中についているのって甲羅なの?
あれって鞍じゃないの?
そもそもヨッシーって恐竜でしょ?恐竜の背中に甲羅ってあるの?

……ということが頭の中を駆け巡ったので調べてみたら、ヨッシーは恐竜の一種でカメ族でもある、ということがわかりました。
本当に甲羅でした。
まぁ、ガメラみたいなものか、と思ってみたりも。
スーパーマリオワールドで初めてヨッシーを見てからもう20年以上経過しましたが、今の今までヨッシーの背中に甲羅があるとは思ってもいなかったので、それなりにショックだったりしました。


では、ゼロサムの総評です。
面白かったのは、あまつき、拝み屋横丁、破天荒遊戯、など。
今月はゼロサムオンラインからの出張掲載はなかったものの、雑誌がおそらく過去最高に薄くて、出張掲載がないとこんなものなのか、とビックリしました。
休載は2作品ありますが、これで定価600円って結構きついと思います。

今月からの新連載「ファイアーエムブレムif ニーベルングの宝冠」。
3DSの同名タイトルのゲームソフトのコミカライズで、暗夜王国の王子が主人公の話となっていました。
作画は「+C」「テル・セル」などの連載をしていた遊行寺たまさんで、初回からかなり安定している内容だな、と感じました。
元々登場人物の多いゲームで、漫画の方も最初からかなり多めのキャラが出ていたのですが、そこまで混乱することもなく、割と読みやすかったのはよかったです。
今後の連載も問題ないかな、と思います。

昨年の8月くらいから「LOVELESS」の新刊が出るとずっと告知されているものの、延期延期でついには次の発売予定日が4月になっていました。
この間ずっと漫画の連載も止まっていますし、ここまで休載期間&発売延期が長かったのもかなり久しぶりなので(結婚・出産の辺りではかなり休載していたと思いますが)、ちゃんと復活するのかどうなのか、心配です。
ただでさえ未完作品の多い作家さんなので、ここで投げ出されたら……という不安が消えません。

今月は「最遊記RELOAD BLAST」のアニメ化発表があったのに、本編は休載という残念な形になっていました。
アニメシリーズを完結させるというような告知はないので、ある程度区切りのいいところでまた次につないでいくような形になるとは思いますが、それにしても原作ストックが足りない状態だと思うので、こちらも早く復活してもらいたいところです。
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガンJOKER・2月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、賭ケグルイ・双、渋谷金魚、Jヲタ男子☆朝比奈くん、など。
今月は読み切りも多く掲載されていて、いつもより読み応えがあった感じでよかったです。

今月で最終回だった「高橋さんが聞いている。」。
いろいろあって盗み聞きの日常に戻る、という終わり方になるのかと思っていたら、最後にエナが御影と奈良に話しかけるところで終わっていて、あぁそう来るのか、と感心しました。
ここから続いた部分の話も気になったりはしますが、その直前で終わったのは、それはそれでよかったと思います。これはこれでいろいろと想像できますし。いい最終回でした。
アニメ化もあるのではないかと思っていた作品でしたが、そうならないまま終わってしまったものの、円満終了であることは確かなので、次回作は何らかの形で出てくるかと思います。

今月からの新連載「そらいろフラッター」。
WEBマンガのフルリメイク版の連載ということで、すでに終わりが確定している作品の連載、ということになります。
転校先の高校のクラスメイトがゲイだった、というところから話が始まっていて、結構セクシャリティな部分に切り込んでいく作品のようです。
絵柄はかわいらしいですが、内容的には真面目にゲイのことを考えていて、今後はそれ以外のバイとかレズとかにも切り込んでいきそうなので、どこまで描いてくれるかとか気になるものの、あえて原作の方を読まずに楽しみたいと思います。
現時点では、能代がちょっと素直で実直でグイグイ行き過ぎる感じのキャラに見えて微妙な部分もあるのですが、話が進めば慣れ来るかな、と思います。
「綴」もこれくらい切り込んでいくような内容だったらよかったのに、と思ったりも。
今後に期待したいと思います。

今月は4作品読み切りが掲載されていました。
「ぽ子さんの打ち合わせ事情」「死神のラメント」など、連載を見据えているわけではなく、純粋に読み切りとして面白い作品があったのもよかったですが、「いちいち細かい一関」はこのまま連載化しても面白そう、と素直に思える作品でした。
原作・作画と分かれている作品で、原作は漫画賞の原作部門出身者によるものということで、ここ最近漫画賞の原作部門出身からの作品が多く掲載されている中、ほとんどが当たり作品だという、ものすごい層の厚さを見せつけられている感じがしています。
原作・作画の分業制は一昔前に比べてだいぶ増えましたし、それに伴って原作部門の漫画賞も増えましたが、そこまで多くもないので、割と才能のある人がスクエニに集まっているのかも、とも思ったり。
絵が描けなくて漫画家を諦めた人も昔は多かったでしょうが、分業制が浸透してきた中で、埋もれるはずだった才能の人たちがちゃんと出てこられるようになったのは、素直に良かったと思います。
今後も、原作部門出身者の読み切りは、より注目していきたいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

Gファンタジー・2月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、地縛少年花子くん、など。
今月も雑誌が厚くて、読み応えがあってよかったです。

今月で最終回だった「キューティクル探偵因幡」。
ヴァレンティーノとの話はまだまだ続きがありそうですが、因幡家の確執とか因縁に関してはすっきりきれいに終わって、話としていい区切りがついて終わったな、と感じました。
これからも話を続けることはできそうですが、無駄に長引かせずにここで終わってよかったな、と思います。
再来月には番外編の掲載もあるとのことですから、ヴァレンティーノとの話は番外編の方で何かしら出てくるのかもしれません。

来月では「K RETURN OF KINGS」が最終回、とのこと。
予定通りにキッチリ終わりそうな感じです。
TVシリーズは既に次回作が発表されているので、その連載告知などもあるかな、とも思っています。
それに伴って、次回作をにおわす終わりになっているかもな、と思っていたりも。

「王室教師ハイネ」のアニメは春アニメとなるようです。
これからキャスト発表とかいろいろな情報が出てくるかと思いますし、これは私もちゃんと視聴しようかな、と思っています。
おそらくは1クールなので、話をどこで区切っているかも気になるところです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・2月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、無能なナナ、ばらかもん、ベルゼブブ嬢のお気に召すまま、など。
連載陣の入れ替わりがあったものの、雑誌全体のレベルはあまり変わらず、という感じなので、今年も今年で休刊にならないかが心配です。

今月からの新連載「もし世界が同じ空の下に在ったなら」。
かつて世界を救った元魔法少女・英雄たちの話で、華やかな世界から引退して普通の人としての生活に戻って、そのギャップに悩むところから話は始まっていました。
現役の魔法少女や英雄を育成する話、引退しても未だ強い力を持っている人の話ならよくありますが、これは完全に力を亡くした後の話なので、話の切り口としては結構面白いな、と感じました。
絵は全体的に粗くてぎこちない感じがあるのが少し残念ですが、今後伸びそうな感じがするので、期待したいところです。
掘り下げ方によっては化けるかもしれないな、と思います。

来月からは「ねねね」が隔月連載化されるとのことで、期待しています。
短期連載のときからすごく面白かったですし、人気を受けての長期連載化なので、いずれ看板になる可能性もあるのではないかな、と。
とりあえずスタートは隔月連載とのことなのですが、Gファンタジーでの「ホリミヤ」が終われば毎月連載もあるかもしれません。

今月号で「魔法陣グルグル」の3度目のアニメ化が発表されていました。
現時点では、原作のどの部分をアニメ化するのかわかっていないので、いきなりグルグル2からのアニメ化もあり得ますし、初代のアニメ化されていない部分の続きからからもしれませんし、いっそのこと最初から、というのもある気がします。大穴でキタキタ外伝のアニメ化という可能性も……いや、ないか。
個人的には、やっぱりグルグルが面白かったのって初代の中盤くらいまでなので、最初からアニメ化をやり直してくれるのがいいなぁ、と思います。話として完結しているものですから、途中でオリジナル展開に入ることもないですし。
ただ、そうなると、とても1クールでは終わらないですし、2クールでも厳しい感じなので、無理かもなぁ、と思ったり。確実に見てみようという気にはなるのですが。
逆に、グルグル2からのアニメ化だと、そこまで見たいという気は起きません。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ゼロサム・2月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

このゼロサムを買うため本屋さんに行ったとき、ついでにここ最近発売されたコミックスをまとめて買おうと思っていたのですが、「春の呪い」の2巻がどこへ行っても売り切れで困りました。
「春の呪い」2巻は24日発売で、「このマンガがすごい!」のオンナ編2位に入っているだけに、確実に売り切れるとわかっていたのですが、スコッと忘れて28日に本屋に行ったらどこにも見当たらず……
ジャンプの「約束のネバーランド」も確実に売り切れると思って、こちらはしっかり覚えていて発売日に本屋さんに行ったら思いの外大量入荷されていて肩透かしだったのですが、「春の呪い」はやはり初版でそこまで刷らないということなのでしょう。
それでまぁ、思い当たる本屋さんを片っ端から探して、7件目でようやく発見しました。
ショッピングセンター内の、元からあまり人のいない本屋さんだったのですが、だからこその穴場だったようです。


では、ゼロサムの総評です。
面白かったのは、拝み屋横丁、あまつき、など。
今月はまた一層雑誌が薄くなっていて、残念な感じでした。

今月で最終回だった「LOVE&HATE」。
思っていたよりもまとまりはよかったな、という印象でした。
いろいろ解決していない問題はありますが、話として一応区切りはついていたので、そこまで打ち切り感は強くなかったです。
ただ、原作・作画が分かれている上での打ち切りとなると、再登場の多い本誌でも同じコンビでの連載はもうないかな、という気がします。

今月からの新連載「罪科のグリム」。
主に小説の挿絵などを描いているらしい作家さんの新連載で、絵の雰囲気は「魔界王子」の雪広うたこさんに似ているな、というのが第一印象でしたが、それにしても絵が上手いな、と感じました。
反面、おそらくアシスタントさんが描いただろうモブはちょっと下手で、その辺りのギャップというか違和感がなくなればもっといいのにな、と少し残念でした。
話の方はというと、グリム童話に探偵・バトル・ファンタジー要素を入れた感じで、まだ何とも言えず。キャラにちょっと好感が持てないのがマイナスでした。
ただ、今後伸びる要素はあるので、これからに期待したいと思います。

来月からは「ファイアーエムブレムif」の連載が始まる、とのこと。
FEシリーズは過去いろんなコミカライズがありましたが、発売元の任天堂からいろいろストップがかかったとか何とかで、ある時期にほぼ一斉に打ち切りになってから、私自身もゲームをプレイしなくなって、しばらく触れていないコンテンツとなっていましたが、ここにきて再び触れることになりました。
ゲーム自体は1年半前に発売されたものですから、強引なタイアップとかメディアミックス企画の一環でもないようですし、作画は遊行寺たまさんとのことなので、それなりに期待してもいいのかな、と思ったりも。

来月はせめてページ単価が1P1円を切るくらいには厚い雑誌であることを願いたいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガンJOKER・1月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、早速総評です。
面白かったのは、アカメが斬る!、渋谷金魚、Jヲタ男子朝比奈くん、など。
今月はページ数も多く、いつにも増して読み応えがありました。

今月で最終回だった「アカメが斬る!」。
今月は大臣絡みの結末も含め、全体的にはエピローグの話となっていました。
アニメ版はもっとあっさりしたものでしたが、こちらは各キャラキッチリと最後まで描かれていてよかったです。
レオーネが生きていたのは想定内でしたが、少しだけ寿命が延びただけだったとか、タツミは生き残ったものの竜のままだとか、たとえ最終回でも都合のいい展開でなかったのはよかったです。
この作品を最初から思い返してみても、一切話に無駄がなかったな、と思います。誰がどこで死んで……とかが計算しつくされていて、無駄な引き延ばしもありませんでしたし、名作といっていい出来だと思います。
ファンブックで、シェーレが初期に死ぬこと、タツミがブラートからインクルシオを引き継ぐこと、マインがタツミの恋人になること、全部最初から決まっていたということが書かれていて、それを見たときは心からすごいと思ったものです。
いつかまたこのコンビによる連載が来てくれればな、とは思いますが、原作のタカヒロさんはいろんなものを手掛けていて多忙でしょうから、ちょっと難しいかもな、と思ったりも。

ひっそりと「綴-手紙-」も最終回となりました。
本編があまりにも……な出来で、最後の3話は別の視点での話になったので、そこでの巻き返しに一縷の望みをかけていたのですが……最後の3話の方がご都合主義満載で、これはもうどうにもならないな、という残念な最終回でした。
今後はもう原作をつけていくしかないように思います。絵はかわいいので、その辺りはどうとでもなりそうですし。

来月では「高橋さんが聞いている。」が最終回、とのこと。
「アカメが斬る!」や「繰繰れ!コックリさん」よりも先に最終回が来るとばかり思っていた作品でしたが、なんやかんや先の2作品よりも終わるのがちょっと遅くなった作品でした。
ちょっと引き伸ばしすぎた感じもしてしまいますが、ひとまず来月できれいに終わってくれそうなので、まとめ方に期待したいところです。
序盤は割と人気があって、アニメ化もあるんじゃないかな……と思っていたのですが、残念ながら何もないまま終わってしまうようです。

こうして長期連載陣が次々に抜けていっているわけですが、本誌にはまだ「賭ケグルイ」「ハッピーシュガーライフ」「ヴァニタスの手記」などの強い連載陣がいますし、将来性の高い「Jヲタ男子朝比奈くん」「渋谷金魚」などもあるので、この安定性はまだまだ保たれるな、と感じます。
来月からは新連載が3作品用意されていますし、まだまだいけそうな感じがします。

今月からの新連載「賭ケグルイ(仮)」。
「賭ケグルイ」のスピンオフ2作目で、こちらはゆるーい4コマとなっています。
本編のような際どいギャンブルをするわけでもない、のんびりした日常の話なので、こちらは気楽に読める感じです。
絵がそこまでかわいくないのがちょっとネックかな、とは思いますが、そのうち慣れてくれば平気かな、と。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック

Gファンタジー・1月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

では、早速総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、地縛少年花子くん、など。
今月はかなり雑誌が厚くて、読み応えがあってよかったです。

来月で「キューティクル探偵因幡」が最終回、とのこと。
もう完全に終わる形に持っていっているので、次回できれいにまとまってくれると思います。
気合が入っているという今月の見開きもいろんな意味でよかったですし、これは安心して最終回を待てるな、と感じました。
最終回に期待したいです。

今月からの新連載1作目「冥土の恋は閻魔次第!」
漫画賞の受賞作品を連載化した作品で、優秀だけどやる気のない閻魔とその補佐官である女の子・兎鞠のラブコメになるようです。
地獄の十王が出てくる辺り、設定は割と細かく作られているんだな、と感じられたのはよかったのですが、メイン設定である主役2人が結構ベッタベタなキャラなので、この2人にどれだけ個性が出るかに今後がかかっているように思います。
兎鞠は素直にかわいいと思えるキャラなので、これが後々活きてくればなぁ、と思います。

新連載2作目「そのアイドル吸血鬼につき」。
以前「Dance with Devils-Blight-」の連載をしていた七都サマコさんのオリジナル作品です。
アイドルものと吸血鬼ものを合わせた話で、ギャグとシリアスが半々くらい。絵は上手いけど、突出して面白いところも今のところなくて、今後次第かなぁ、という印象でした。
吸血鬼ものの作品自体が、現時点でそこそこ存在するので、その辺りでどう個性を出せるかにかかってくると思います。

アニメ版「王室教師ハイネ」の続報があり、普通にTVアニメとなるようです。コミックスの特装版の特典でなくてホッとしました。
キービジュアルも公開されて、とりあえず原作とかなり似た感じの絵になるようですし、クオリティは問題なさそうな感じです。
既にキービジュアルが出てくるということは、春アニメになるのかな、という気がします。

今月掲載された読み切りは、代原っぽい「寡言な猫田くん」を除いて、どちらも月例賞の入選作品ということで、割とレベルの高い作品でした。
「星見くんの今日の吉凶」は、これはもう連載になってもいいレベルじゃないかな、と思う出来でした。本誌で少ないギャグ枠として期待できるのではないかと。「キューティクル探偵因幡」も終わってしまうことですし、新たなギャグ枠としていけるのではないかと。

「1/8-One-Eighth-」に関しては、この設定を投稿作でやってしまったのはもったいなかったのではないかな、と感じました。
投稿作とか読み切りでたまにあるのですが、とにかく作者の思い入れが強いのだろうな、と感じる作品で、おそらく表に出していない細かい設定も裏にたくさんあるのだろうな、というのを感じました。
ただ、タイトルにもなっている、おそらく作者が最も描きたかっただろう部分を語るにはこのページ数では足りなくて、終盤駆け足だったのが惜しかったです。
同じ世界観で、例えば別のキャラのエピソードとか、今回の牢屋の話の部分だけとか、もう少し短いエピソードだけをここで語っておいて、連載化したら大きくやるとかの方がよかったのではないかな、と思ったりも。
絵はちょっとぎこちないところがありましたが、割と安定していて読みやすかったので、次回作が何らかの形で出てきてくれれば、と思います。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック