So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
スクエニ ブログトップ
前の10件 | -

ゼロサム・8月号感想&春アニメ総括 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、悪役令嬢、未完成サイコロトニクス、ファイアーエムブレム、など。
今月は下書きだったり画面が白かったりの作品が多めで、いつになくギリギリ感がありました。

今月で最終回だった「ファイアーエムブレムif ニーベルングの宝冠」。
どうあがいてもきれいに終わるのは不可能だと思っていたのですが、読んでみたら考え得る限り1番きれいな最良の終わり方をしたな、と感じました。
ラスボスの正体とか諸々わからないままでしたし、もちろん最終決戦も描かれませんでしたが、白夜と暗夜の騎士たちが手を取り合って戦っていこうとする部分で終わっていて、読後感はよかったです。
ほんのりとその後の世界についても触れられていたので、ハッピーエンドと言えなくもない感じでもあり、これ以上の終わり方はなかったのではなかろうか、と。
これなら次回作もいずれ出てくるのではないかな、と思います。

今月は来月からの新連載攻勢についての告知がありました。
「A3!SUMMER」については、前作「A3!SPRING」が結構人気があってコミックスの売り上げもよかったようなので、満を持しての続編、という感じでしょうか。
それ以外にも4作品新連載が控えているのですが、どれも原作付きであまり冒険をしていない感じのラインナップになっていました。
「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」が好調なので、その系列で一迅社アイリスNEOからのコミカライズが2作品来たり、メディアミックスでアニメ原作の作品が来たり、オトメイトのゲーム原作が来たり、と。
「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」がおそらく予想以上に売れているので、これから一迅社アイリス原作でのコミカライズがもっと増えてくるかと思います。


春アニメが一通り最終回を迎えたので、視聴していたアニメについて軽く総括を。

封神演義
冬からスタートの2クールだったのですが……ただただ酷い、の一言でした。
キャラデザは原作準拠で声も問題ないのですが、ストーリーの切り取り方が悪すぎました。
仙界大戦がメインに据えられ、ラスボスは聞仲で、真のラスボスとかはもうサラッと流すだけで終了。原作を知らない人は本当にわけわからなかったと思います。
終わり方は原作と同じ感じでしたが、妲己の消え方とかアニメの描写だけでは説得力なさすぎでしたし。
多分スタッフが聞仲好きだったんだろうなぁ、というのは伝わってきました。
いや、私も聞仲好きですけど……封神演義はこうじゃない、としか思えなかったです。

斉木楠雄のΨ難
こちらも冬からスタートの2クールアニメ。
こちらは最初から最後まで楽しめました。
照橋さんが風邪から復活したときに、いつもまとっているオーラがレインボーだった時が1番笑いました。これはアニメじゃないとできない演出というのもあって、なおよかったです。
第3期を匂わせる終わり方だったので、続編にも期待しています。

銀河英雄伝説
あれだけ壮大な物語をTVアニメで1クール、劇場3部作で完結にするというのが最初に告知されたときは、封神演義の二の舞になるのではないかと思ったものでしたが、杞憂でした。
TVアニメがアスターテ会戦のラインハルトとヤンの直接対決直前で終わる、というすさまじい終わり方をしたものの、話として無理に省略したところもなく、これはこれでよかったな、と。
艦隊戦も旧作アニメより随分進化した描写になっていて迫力がありましたし、話を変にオリジナル展開にもしていませんでしたし。
劇場版はちゃんと観に行こうと思っています。

あまんちゅ! あどばんす
アニメ2期も1期同様癒される内容でよかったです。
文化祭のピーターの話を3週かけて入れ込んできたりするのは原作ファンのことをよくわかっているな、と思ったところでしたし、てこがダイビングのアドバンスの資格を取るところで終わるというのもキリが良くて素晴らしかったです。
3期もあったらいいな、と思います。


シュタインズ・ゲート ゼロ
原作を知らないまま観ています。なので、割と毎回ドキドキできていいです。
本編のときの出来と遜色がないので、安心して観ていられるのもいいです。
あと1クール分あるので、最終的な感想はまだ出ていないですが。

フルメタル・パニック
実はこの作品のアニメをちゃんと観るのは初めてなのですが、原作をきっちりこなしつつ、いいスピードで進んでいると思います。ナミがウィスパードなのでは?、という部分についてそこまで言及がなかったのが少し残念なくらいで。
製作が遅れに遅れた上に、度々総集編が入って来るのは仕方ないかとも思いつつ。
原作ラストまでちゃんと完走してくれることを祈っています。


レイトンミステリー探偵社 カトリーのナゾトキファイル
原作未プレイながら、レイトンシリーズのアニメなら観てみようと思って視聴しています。
思いの外出来はいいのですが(特に2話)、次第に謎解きが簡単になってきているのと、度々登場するゲスト声優に素人がいるときついのが少し残念です。
アニメレイトンの声が山寺宏一さんなのですが、ゲーム版の大泉洋さんにすごく寄せていて全く違和感ないレベルだったのには驚かされましたが。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

ガンガンJOKER・7月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、遺書公開、渋谷金魚、ラグナクリムゾン、など。
他にも面白い作品がたくさんあって、今月も読み応えがありました。

今月からの新連載「死神のラメント」。
読み切りからの連載昇格作品で、シリーズ連載ということもあり、おそらく連載期間は3~4ヶ月で、コミックス全1巻予定になる作品ではないかな、と思います。
連載初回は読み切りの焼き直し版、といった感じで、人に愛されて死にたい死神と博愛に見えて誰も愛していない男の子の設定解説的な話でした。
絵は読み切りのときより上手くなっている印象で、読みやすかったです。
ここからどういうまとめに持って行くのか、注目したいです。

今月の「お従兄さんの引っ越しの片づけが進まない」で新キャラ・美扇が出てきました。
藤嗣の従姉で高帆のはとこという設定で、この説明だけだと3人がどういう関係なのか全くわからなかったので、同じことを感じる人もいるだろうと思って、ひとまず家系図を書いて考えて出てきた結論が以下の通りです。

従兄.jpg

まず、藤嗣と高帆の父親同士が兄弟と仮定。(高帆は藤嗣の父方系従妹)
次に、藤嗣と美扇の母親同士が姉妹と仮定。(美扇は藤嗣の母方系従姉)
この設定のみであれば高帆と美扇に血縁関係はあまりせん。

しかし、これに高帆と美扇がはとこという設定が加わると、高帆と美扇の祖父母世代が兄弟ということに。
なので、高帆と藤嗣の父方系祖父、美扇と藤嗣の母方系祖父が兄弟。
ということは、藤嗣の両親はいとこ同士で結婚していることになって、いとこ同士の結婚が二世代続くとちょっと血が濃すぎるんじゃないかな……と思ってしまったりも。
まぁ、はとこまで血縁が離れると高帆と美扇にほぼ面識がないというのはあり得る話ですが……
多分、血族が絡んでくる恋愛をベースに考えていて、なおかつ高帆と美扇にほぼ接点がなかったという前提条件を満たすにはこうするしかなかったとは思うのですが、はとこ設定はいらないんじゃないかな、と思わないでもなく。

今月はスクウェア・エニックス漫画大賞の準大賞受賞作品が2作品掲載されていました。
どちらも読み切りとしてはレベルが高かったのですが、それぞれに欠点があって大賞とはならなかったのかな、と感じました。
「万円無限ゲーム」に関しては原作向きの感じで、「賭ケグルイ」とか「メイのメイデン」とかそういう系統の原作者になっていきそうな感じがしました。
漫画賞の総評で服のセンスがないとバッサリやられていましたが、読んでみると確かにそうで、その辺りも原作に集中した方が伸びていきそうな部分でもあるな、と感じました。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

Gファンタジー・7月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、地縛少年花子くん、など。
面白い作品とそうでないのとが二極化しつつあるように感じたので、そうなると雑誌としてちょっと怖くなるというのもあり、今後が少し心配になりました。

今月は「王宮のトリニティ」が巻頭カラーで、そんなに人気が出ているんだ、とちょっとビックリしました。
「白衣の王様」のときもそうだったのですが、世間の人気と自分の感覚が違う作品が続いてくると、もう自分の感覚は古いのかな、と思ってしまいます。「青春×機関銃」も個人的にはダメだったのにアニメ化してますし、「妖怪学校の先生はじめました!」も人気出てますし。

ただ、今月の「王宮のトリニティ」に関しては、面白いと感じました。
王族にとっての結婚は義務で、もう許嫁もいるわけだけど、他に好きな人ができて困ってしまう、という。周りの人も下手に駆け落ちを勧めるとか身分違いの恋を応援するわけでもなく、それなりに諫めたりとかがあったのはよかったな、と。
これで王道から少しずつ外れていくと、人気がなくなったりするのかな、と思ったりもするわけですが、個人的にはその方がいいと思ってしまいます。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・7月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、ばらかもん、ベルゼブブ嬢のお気に召すまま、など。
今月は休載作品が2作品あり、読み切りもいまひとつな感じで、少し残念でした。

来月で「Im~イム~」が最終回、とのこと。
今月号で最終決戦が終わっているので、最終回はエピローグメインになりそうです。
ハッピーエンドになりそうなので、まとめ方に注目したいです。
ここのところカラーが多かったり人気投票があったりしたので、もしかしたら水面下ではアニメ化が決まっていて、このまま終わらず新章突入の可能性もあったら、それはそれで怖いな……と思っていたのですが、そうはならなかったようです。
いい感じの勢いのまま最終回を迎えてくれて、ホッとした部分もありました。


今月からの新連載1作目「旅とごはんと終末世界」。
読み切りからの連載昇格作品で、人がほとんどいなくなった世界でロボットの女の子と犬が保存食や狩りをして得たもので食料調達しつつ人探しの旅をする、という話でした。
ロボットなのにエネルギー補給が人間と同じなの?、というところにいきなり違和感があったのですが、人がほとんどいない終末世界を料理しながら長期間旅するという設定上、主人公を不老不死の肉体にするかロボットにするかしないといけなかったんだろうな、と思うので、混ぜちゃいけない設定を混ぜ込むしかなかったのかな、とも思いつつ。
とりあえず、ワンパターンにならずにどれだけ話を進められるか、見守りたいです。

新連載2作目「弩アホリズム」。
ガンガンWING→ガンガンONLINEと連載してきて第一部完となっていた作品の続編です。
第一部完のところから直接話が続くのか、別の主人公を立てるのかどちらになるのかな、と思っていたら、後者でした。やはり、第一部完の時から期間が開いているだけに、前者は選べなかったのでしょう。
話が進んでいくと、第一部のキャラと合流していく形になるのではないかな、と思います。
とりあえず第二部第1話は、未読の読者でも話に入りやすくなっていたので、ここから完結まで持って行ってくれればな、と思います。

今月は休載作品が2作品あったというのもあり、読み切りが3作品掲載されていました。
それぞれがそれぞれにいいところよりも悪いところが目立つなぁ、と感じたのですが、1番扱いが悪そうな「おれの邪魔なライバル」が私の中では1番即戦力になるんじゃないかな、と感じました。
他の2作品がものすっごい粗削り状態だったというのもありますが、「おれの邪魔なライバル」はこの設定のまま連載しても面白そうな感じがしました。
本誌よりもむしろONLINE向けかもしれませんが。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ゼロサム・7月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、ボクラノキセキ、悪役令嬢、Landreaall、など。
今月は番外編掲載が多く、掲載ページ数自体が少ない作品も多くて、とにかく代原が多いな、と感じました。こういう状態は非常に危険なのですが……

来月で「ファイアーエムブレムifニーベルングの宝冠」が最終回、とのこと。
連載できる最長期間連載した結果、やはり途中で終わってしまう感じになっています。これはもう最初から決まっていたことではあるのですが……
今月号の展開を読んだ感じだと、マクベスを倒すところまでは行くんじゃないかな、と。ただ、その後暗夜王がどうなったとか、カムイがどうなったとか、その辺りまでは描けないだろうな、と思います。俺たちの戦いはこれからだENDでしょうか。
まぁ、最後がダイジェストで無理矢理完結させてエピローグまで入るとか、そういう展開はないと思うので、無理矢理にでもハッピーエンドということもないのだろうな、と。仕方のないことですが。

今月からの新連載「あけのもり」。
読み始めたときは、すごく「tactics」っぽいな、と感じました。
鬼天狗っぽいのが封印されていて、神社関係者っぽい少年がその封印を解いてしまう辺りが。
まぁ、読み進めていくとそこまで似ているというわけでもなかったのですが、今度は個性が全くないな、と感じました。
キャラ設定にしても、あらすじにしても、どこかで見たことある作品をいろいろ継ぎ合わせた感じで、あまりに普通すぎるな、と。
ただ、絵は上手いです。カラーも白黒も新人とは思えないレベルではあります。
でも、それだけで連載していけるとも思えませんし……先行きがすごく不安です。


今月号はここ最近はそこまで酷くなかった代原ラッシュが復活していて、少し残念でした。
元々番外編掲載が多い予定だったようですが、それに加えて本編短めの作品が重なり、休載予定が出ていた「破天荒遊戯」を下書き状態で掲載したり、作品として目次に載らない読み切りが掲載されたり、出張掲載が山ほどあったり……とにかくページを埋めようとした痕跡がすごかったです。
こういう事態が起こらないように、編集長が変わったり、休載の多い作品はバッサリと長期休載に切り替えたりしたはずなのに……
休刊危機が訪れないことを願います。
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:コミック

ガンガンJOKER・6月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、遺書公開、渋谷金魚、賭ケグルイ、双、など。
今月も読み応えがあってよかったです。

今月からの新連載1作目「事情を知らない転校生がグイグイくる。」
「賭ケグルイ(仮)」を連載している川村拓さんのオリジナル新連載です。
死神と呼ばれて嫌われている女の子にグイグイいく転校生の男の子の話、となっていました。
「賭ケグルイ(仮)」もそうなのですが、まぁ絵に関してはお世辞にも上手いとは言えない作品です。でも、話は結構いい感じに読めました。これはこれでこの絵で十分だな、と思えるくらい。
これは連載していくのに何の問題もないな、と思えたので、今後にも期待したいです。

新連載2作目「ラブコメ(物理)」。
読み切りからの連載昇格作品で、小柄でかわいいのだけど、異様なまでに怪力の女の子に恋をした男の子の話です。
話としては女の子の怪力にとにかく振り回される、という展開なので、これを今後どう広げていくかに注目したいところです。
ただ、絵に関しては、ヒロイン・志乃は非常に気合が入っている感じでかなりかわいく描けているのですが、それ故に他のキャラが手抜きで描かれているように見えてしまって、残念でした。
読み切りの時よりも志乃は上手くなっているけど、他のキャラは下手になっているように感じてしまいました。
他のキャラも志乃レベルになれば文句はないのですが……

今月はまた食べ物系の読み切りが掲載されていました。
割と食べ物系の読み切りが多い本誌では、今まで奇をてらった設定の作品が多かったのですが、今月はかなり直球でした。ルームシェアしている女の子同士で、料理上手な子の料理を堪能する、という。
出てくる料理もポテトコロッケと焼き肉という平凡なもので、個性がないと言えば個性がない作品でした。
ただ、今まで掲載された食べ物系の読み切りの中では群を抜いて絵が上手くて、だからこその定番展開だったのかもしれません。
絵だけで連載まで行くかどうかとなると……微妙かとは思うのですが。


いろんな雑誌を買っている中で、私の読み方は基本的に前から順に読んでいって、作者コメントまで基本は全部読むスタイルです。
しかしながら、たまにどうしても雑誌を買うのと同時に読みたい作品というのが出てくることがあります。
現在はジャンプで「約束のネバーランド」、Gファンタジーで「黒執事」、ガンガンで「無能なナナ」、本誌だと「遺書、公開。」です。
本誌は他にも「賭ケグルイ」辺りも早く読みたいのですが、何作品も先に読むともう順番がややこしくなるので、各雑誌1作品までにしています。
それで今月の「遺書、公開。」もよかったなぁ、と感じました。そしてまた引きがいいので、来月号もまず真っ先に読むだろうと思います。
今月号は赤﨑が嵌められてるんじゃないか、くらいまでは想像できていましたが、それ以降の展開が、そう来るか、というもので、唸らされるものでした。
打ち切りとかにならず、最後の結論までキッチリ描いてもらいたいものです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

Gファンタジー・6月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

先日、約20年ぶりくらいにメガネを新調しました。
普段は裸眼で生活しているのですが、テレビの字幕が見えなかったり、娘の発表会とかでメガネをかけても舞台がよく見えないというのがあって、これはもう新しくしよう、と。
それでメガネ屋さんで視力を測ってみたらやっぱり近視が進んでいて、今のメガネであまり見えてないです、という話をしたら、でしょうね、と言われてしまいました。
でも、今回キッチリ作り替えたので、遠くも見えるようになって快適です。

では、Gファンタジーの総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、偽り王のグラディウス、など。
面白い作品も増えてきていて、悪くはない感じになっていると思います。

今月での最終回作品1作目「幽落町おばけ駄菓子屋」。
なんやかんやで彼方は幽落町で暮らし続けられることになるのだろうな、とは思っていたのですが、それにしても都合よく暮らしていいことになるものだな、と思ってしまう展開で、少し残念でした。
幽落町で暮らしていけないかも?、となったときからいろいろ伏線も張られていましたし、こういう終わりだと予想はついていても、それでもやっぱりもっと話として納得できる展開だったらなぁ、と。
ハッピーエンドではあるのですが、すごく惜しい感じがしてしまいました。
なお、本作の原作・作画コンビによる新連載が秋頃から始まるという告知がありました。
この新作は既に原作が小説として刊行されているわけではなく、ゼロから作っているようで、そこにちょっとビックリしました。本誌は小説の原作者を漫画原作者にしていく傾向があるのかな、と思ってしまいました。
本作の原作を全て描き切る前に連載が終わったのは、この新作がもう用意されていたからなのかな、と思わないでもなく。

最終回作品2作目「そのアイドル吸血鬼につき」。
こちらの作品も、1年でグループメンバーたちはそれぞれ売れっ子になり、ココは再デビューする、というかなりご都合主義な終わり方でした。
ただ、ここまで都合のいい展開はいっそ清々しいと思えるレベルで、打ち切りだからこそ振り切った終わり方にしていたのはある意味よかったと思います。
この作者の次回作をと考えると、前作は原作付きで微妙、今作はオリジナルで打ち切り、ということで、再登場は難しいのではないかな、という気がします。絵は安定して上手いので、あるとしたら原作付きかな、という気がします。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・6月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、FFLS、はっぴぃヱンド、無能なナナ、など。
全体的に悪くはないかな、という感じでした。一時期の休刊を心配するほどではなくなったかな、と思います。

今月で最終回だった「今日のケルベロス」。
終わり方は本命のクロENDで、やはり最後も王道だったな、と感じました。ただ、最後の最後でクロが人間になっているというおまけ付きで、さすがに王道作品でもこれはちょっとやりすぎなような気がしてしまいました。
まぁ、人間にならないと最終的に結婚できないとかいろいろ障害があるので、本当の意味でハッピーエンドにするならこうするしかなかったとは思うのですが……
ひとまず、ハッピーエンドで連載を完走しているので、次回作は何かしらの形で出てくるのではないかな、と思います。

来月からの新連載のうち1本は読み切りからの連載昇格作品で、もう1本は「アホリズム」の続編ということで、後者にはかなりビックリしました。
「アホリズム」は元々ガンガンWINGでの連載で、その後ガンガンWING休載に伴ってガンガンONLINEに移籍となり、2016年1月に第一部完となっていた作品。コミックスでずっと追いかけていましたが、ものすごく中途半端なところで終わっていて、いつか第二部を……みたいな作者コメントはあったものの、この壮絶な打ち切り仕様で連載切られたら再開なんて無理だろう、と思っていました。
それが約2年の沈黙を破って続編掲載、しかも本誌でということで、こんなことってあるのか、と。
ひとまずどんな形第二部がスタートするのか、見守りたいです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ゼロサム・6月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、ボクラノキセキ、神クズ☆アイドル、など。
まだまだ連載陣の入れ替わりが激しいので、安定はしていないな、と感じます。

今月で最終回だった「瞬間ライル」。
最終回も最終回で大きい謎解きが入っていて、ゲートが実は魔法が使えて、しかもリンカーネルの兄だったとか、夜一の母親がティアスミリスだったとか、とにかく展開は慌ただしいな、と感じました。
この辺りの謎解きはもっとじっくり描かれるはずだったと思うので、本来ならコミックス10巻程度は想定していた話だったのかな、と思わずにはいられないです。
コミックス1巻が発売されたときは、3パターンもコミックスを出すという破格の扱いでしたが、その後は割と尻すぼみな感じでした。本屋さんでも1巻は割と余っていたような印象でしたし。
今の時代、とにかく余らせないようにそこまで刷らずに重版を重ねる形が多いと思うのですが、それでも売れるという期待値はあったのかもしれません。種村さんの固定ファンも少なからずいるはずですし。
ただ、結果としては打ち切りでしたし、喜久田さんは元から本誌で描いていた作家さんなので再登場があるかもしれませんが、種村さんに関してはもう再登場はないかな、という気がします。

最近ようやく「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」のコミックスを手に入れました。
発売日をうっかりスルーしてしまって、4月に入ってから探しても全く売っていなくて、ネットでも品切れ、もしくはプレミア価格での販売で、ようやく4月末に再販本が出回って定価で手に入れられました。
即日重版がかかったと今月号の扉に書かれていましたから、相当売れたのだと思います。
こういう再販がかかるまでの間にプレミア価格がついてしまうものって今までそれなりに出合っているのですが、プレミア価格を付けて販売しているお店ってどうやって現品手に入れているんだろうな、といつも思ってしまいます。
SWITCHとかアミーボとかならわかるのですが(抽選販売を各所でやっているとか、再販しないのにそれを使うゲームが出るとか)、今回の「乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…」とか、今娘が欲しがっているうまれてウーモとか、そこまで知名度はないと思われるのに探し始めたら人気商品で品切れになっている、という。
まぁ、大体のものは再販するので、それまで待つことが多いのですが。
nice!(2)  コメント(4) 
共通テーマ:コミック

ガンガンJOKER・5月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「ガンガンJOKER」の感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、ハッピーシュガーライフ、賭ケグルイ、双、遺書公開、など。
今月号も読み応えがあってよかったです。

今月で最終回だった「INNOCENT-DEVIL イノセントデビル」。
やっぱりというか何というか、赤音と塔子の関係に決着がついたものの、イノセントデビルである人たちが今後世界とどう関わっていくかとか、その辺りは曖昧なまま終わってしまいました。
ただ、読後感自体は割といい感じで、これはこれでこういう終わり方でよかったのかも、と思えるくらいには、いい最終回でもありました。
その代わり、原作の中村基さんは今月号からもう新しい連載を手掛けていますし、作画の宗一郎さんも今後また別の原作がある作品の作画で連載を持つのだろうな、とは思いますが、このコンビでの連載はもうないのかもしれないな、と思います。

また、今月号で「ガールズ×セクハライフ」の本誌掲載が終了し、今後はガンガンJOKER公式ツイッターで更新される、という告知がありました。
WEBで人気が出て満を持して本誌掲載したものの、伸び悩んでWEBに帰っていく構図なのかな、と感じました。コミックスの発売は来月なので、売り上げについてはまだ結果が出ていないですし。
「オタカレ腐女カノ」のときもそうでしたが、伸び悩んでいるらしき作品はコミックス発売前にWEBに行く、という形が出来上がりつつあるのかもしれません。
元々本誌は打ち切りの判断が早い雑誌でしたが、それでも以前はコミックス2巻分くらいは最低でも連載したものでした。それが更に短くなっているのかな、と感じます。


今月からの新連載1作目「怪人麗嬢」。
「アカメが斬る!」の作画を担当していた田代哲也さんによるオリジナル作品の新連載です。
内容は以前掲載された読み切りをブラッシュアップさせた感じのものになっていました。
読み切りのときより個性は出ているな、と思ったものの、それでも平凡な感じはまだあるな、と感じました。バトルものは似た感じになってしまう、というのはありますが。
ただ、遊真が怪人というのを早々に明かしてしまう辺りはいいと思ったので、今後次第で伸びる可能性はまだあるかと思います。
絵はキッチリ上手いですし。
全体的にアカメの時の設定が影響しているようにも見えますが(遊真がラバっぽい、武器の設定が帝具っぽい)、これもこれで今後次第かとも思います。

新連載2作目「美少女菩薩ミロクちゃん」。
「INNOCENT-DEVIL イノセントデビル」の原作を手掛けていた中村基さんが同様に原作を手掛けている作品で、現世に顕現した弥勒菩薩の化身が世界を救う、という話でした。
設定だけを見ると「仏ゾーン」を思い出したのですが、似ている要素はほとんどないので、その辺りは問題にならないかと思います。
読んだ感じとしては、「INNOCENT-DEVIL イノセントデビル」のときより内容がもっと万人向けになっていて、今後の話の方向性にいろんな形を取れるようにしているな、と。
話の構造が単純になっている分、個性はやや弱くなったような感じも。
絵はやや不安定な感じはしましたが、連載していく分には問題ないかな、と思います。
この作品もやはり今後次第、でしょうか。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック
前の10件 | - スクエニ ブログトップ