So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Gファンタジー・5月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、偽り王のグラディウス、など。
今月は久しぶりに読み切り掲載がない号で、誰かが原稿を落としている雰囲気がなかったのがよかったです。

来月号で「幽落町おばけ駄菓子屋」と「そのアイドル吸血鬼につき」が最終回、とのこと。
「幽落町おばけ駄菓子屋」は最終章に入っているという告知があったので、ここで最終回になることにそこまで驚きはなかったのですが、思っていたよりも早いな、とは感じました。少なくともあと3~4回くらいはあるのではないかと思っていました。
でも、話としてきれいにまとめる感じになっているので、ハッピーエンドで終わりそうな気がします。
それにしても、連載期間もそれなりに長い小説原作のコミカライズだったので、アニメ化があると思っていたのですが……何もなく終わるようです。

「そのアイドル吸血鬼につき」については、初ライブが終わった段階で最終回告知がなかったので、このまま連載が続いていくと思っていたところでの最終回告知があり、ちょっとビックリしました。話として終わりそうであったことは確かなのですが。
ただ、今月号の終わりがCDデビュー決定のところだったので、これで本当に来月終わるのかな?、という感じはあります。
これからもアイドルがんばるEND、ということでしょうか。


今月からの新連載1作目「いなくなれ、群青」。
小説原作のコミカライズ作品で、漫画版のシナリオも原作者が手掛けている、という作品です。
連載初回は舞台となる階段島とはどんな場所でどんな人が住んでいるのか、という説明がメインで、本編は次回から本格的に始まる感じになっていました。
現時点では何とも言えない部分もありますが、話の吸引力はなかなかのもりでしたし、絵も上手いので、連載していくことに全く問題はないかな、と感じました。

新連載2作目「神代三鈴の瞬き」。
ルーキーカップ勝ち抜け作品で、退魔師ものの話です。
どうもイタコの設定があるようなのですが、現時点ではイタコ要素が皆無で、三鈴の設定もイタコというより普通に退魔師・除霊師とかそんな感じに見えました。
その他の設定についてもかなり王道的で、これは連載が厳しいのではないかな、と感じました。
唯一、いずれ和解はするだろう三鈴と陽が現時点ではまだ和解していない、というのはよかったですが……
どこを取っても個性が見えてこないので、次回で挽回しないときついかもしれないな、と思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・5月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

娘が小学校に入学して、新しいベッドとか机が届いたり、いろいろ入学準備でバタバタしていました。
でも、幼稚園と違って送り迎えがないので、一旦落ち着けばもう大丈夫かと思います。

では、ガンガンの総評です。
面白かったのは、ベルゼブブ嬢のお気に召すまま、FFLS、はっぴぃヱンド、など。
ここ最近最終回作品が多く出ているので、少ししたらまた雑誌の色が変わってくるんじゃないかな、という気がします。

今月で最終回だった「異能メイズ」。
先月号の段階でかなり中途半端なところで終わっていたので、俺たちの戦いはこれからだEND的なものになると思っていたのですが、謎解きをかなり詰め込んで、どうにか形だけはハッピーエンドに持って行っていました。その辺り、原作者の力なのだと思います。
ただ、やっぱり打ち切りなのは確定で、本来はキョウコがラスボスで話が進んでいく予定だったのだろうな、というのは見えました。
コミックスにはアナザーENDが収録されるということで、そこでは本来これから進むはずだった話が描かれるのかもしれません。
この作品が始まる前は、人気作の原作を他にも手掛けている原作者と、絵が上手い作画のコンビのミステリー作品ということで、人気が出ないわけがない、と思っていたのですが……結果としては打ち切り。本当、マンガ連載ってやってみないとわからないな、と感じました。
連載中も特に悪いところはなかったように思うのですが、話がちょっと頭に入ってきにくいところはあったかな、と思います。後は、異能の力に馴染みにくい、脱出方法も難しめで読者の推理が及びにくい、辺りももしかしたら問題だったのかも。
何とでも言えるところではあるのですが。

来月では「今日のケルベロス」が最終回、とのこと。
話としてそろそろ終わるのかな、という感じが出ていたので、やはりここで終わるのか、と感じました。
ラブコメの終わり方としては王道の、最終回直前で主人公に思いを寄せる人たちそれぞれに決着をつける、というのを今月から始めていて、今月ではミニィと陽が脱落。来月でクロ・シロガネ・ロゼの誰かとくっつくことになるのかな、と思います。
本命クロ、対抗シロガネ、大穴ロゼ、もしくはケルベロスハーレムEND、といったところでしょうか。
連載初期から王道の話ながらずっと安定していた作品だったので、アニメ化もあるんじゃないかと思っていたのですが……特に何もなく終わるようです。ドラマCDが出たときは、アニメ化への王道ステップだと思ったものでしたが。

また、今月号で「ベルゼブブ嬢のお気に召すまま。」がTVアニメ化決定という告知がありました。
こちらはもう確実にアニメ化すると思っていたので、ようやく来たか、という感じでした。
現時点では声優その他もろもろの発表がないので、夏アニメということはなく、早くても秋アニメ、普通に考えたら冬アニメくらいになる感じでしょうか。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ゼロサム・5月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。
年度替わりでちょっと忙しくて、更新遅れ気味ですみません。

では、総評です。
面白かったのは、Landreaall、破天荒遊戯、ボクラノキセキ、など。
まだまだ入れ替わりの激しい本誌、安定するのは先になりそうです。

今月で「ツキウタ。THE ANIMATION」が最終回となっていて、ビックリしました。
話としては終わっていないのですが、作者体調不良で連載継続が困難となったようです。
コミックス2巻は出るようですが、話としては全く終わっていないので、売り逃げに近い形になるような……コミックス派の人はちょっときついかも。
この作品は入れ替わりが激しいここ最近の連載陣の中でマイペースに続いている数少ない作品の1つで、そもそもアニメ原作で終わりも決まっているというのもあるので、このままアニメの終わりまでのんびり連載されていくものと思っていました。
そういえば、連載初期も休載が多かったり掲載ページ数が少なかったり、体調不良を思わせるような掲載スタイルではありました。それがここ最近は割と落ち着いていたと思っていたのですが……
最終回告知の内容からして、連載再開の可能性はないものと思われます。

来月で「瞬間ライル」が最終回になる、とのこと。
ここ数ヶ月は終わらせようとする展開の連続で、話のペースもかなり上がっていましたから、やはりここで終わるんだな、とある意味納得の告知でした。
もうかなり前から終わる準備はされていたので、ハッピーエンドで終わるのではないかな、と思います。
普通に考えると、現代に戻って平和な暮らしを続けますENDだと思うのですが……果たしてどうなるか。


今月からの新連載「彼に依頼してはいけません」。
先月まで連載していた「魔界王子」の作画担当だった雪広うたこさんによるオリジナル作品です。
もぐりの探偵事務所を運営する青年たちが主人公の話で、法に触れる依頼も受ける、という。
設定的には割とよくある感じなのですが、探偵による調査方法とかちゃんと調べて描いているな、と感じられたのはよかったですし、話は割と普通なんだけどすんなり話には入れる感じは、好感度が高かったです。
絵はもう間違いなく上手いですから、以来の解決方法とかのやり方次第で化ける可能性は十分にあるのではないかな、と思います。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガンJOKER・4月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、賭ケグルイ、双、ハッピーシュガーライフ、など。
今月も読み応えがあってよかったです。

来月で「INNOCENT-DEVIL イノセントデビル」が最終回、とのこと。
ひとまず赤音と塔子の関係に決着がつくとは思うのですが、イノセントデビルに分類される人類がこれから世界とどう関わっていくのかとか、その辺りは曖昧なまま終わるのかな、という気がします。
ここ数ヶ月はまとめる方向に話が向かっていましたし、掲載位置も後ろになることが多かったので、打ち切りは打ち切りだけど終わるまでに少し猶予期間があった、という感じでしょうか。
これはこれで作品としては終わりますが、来月から原作の中村基さんは別の作画を付けて新連載が開始されるとのことで、思いの外次回作が早いな、と感じました。

また、来月からは「アカメが斬る!」の作画担当だった田代哲也さんによる新連載が始まる、とのこと。
読み切りとはまた別の話になりそうですが、キャッチコピーは「スプラッターアクション」とのことなので、グロ描写含むバトルもの、という感じなのだと思います。
絵に関しては文句の付け所がないレベルになっていると思うので、後はストーリーがどうなっているかにかかってくるかと思います。

その他、今月は読み切り作品に当たりがたくさんありました。
「赤い糸が絡まって仕方がない」「恋敵は君のうしろに」はどちらもラブコメなのですが、両方ともこのまま連載化してもいいのでは?、と思えるくらい面白かったです。
「君の瞳が好きだから」は読み切りとしてキッチリ話が完結していたのもよかったですが、作者が「偉大なる魔女プアン様の観察日記」を描いていた高瀬飛鳥さんで、ガラッと作風を変えてきていた振れ幅の大きさもなかなかのものだな、と感心しました。
感覚的には、鍵空とみやきさんが「ハッピーシュガーライフ」の読み切り版を掲載したときみたいな感じで、ここまで作風って変えられるんだ、という。
この路線でまた別の読み切りとか連載に期待したいです。


今月号では「ハッピーシュガーライフ」のアニメ化が発表されていました。
表紙・巻頭カラーの多さから考えてアニメ化のド本命作品だと思っていたので、順当なところだな、と感じました。
話としてはあまり区切りのいいところがないので、どこまで描いてどうまとめるかに注目したいです。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

Gファンタジー・4月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、黒執事、偽り王のグラディウス、魔法科高校の劣等生、など。
面白い作品とそうでない作品が二極化してきたような、そんな感じがしました。

今月で最終回だった「白衣の王様」。
話としては一応大団円……のように見えなくもないのですが、展開がいろいろ都合よすぎたり、最後がかなり駆け足展開だったというのもあり、無理矢理まとめた感じにも見えました。
ただ、コミックス全6巻で打ち切りではなく円満終了の形だとも思うので、次回作は何かしらの形で出てくるかと思います。

来月から2作品新連載が始まりますが、その中の1作「いなくなれ、群青」は原作者がシナリオを描き下してコミカライズするとのことで、これは割と珍しい形だな、と感じました。
小説が原作の作品だと、ラノベかそうでないかに関わらず、原作は小説だけ存在して原作者はコミックスのあとがきに2Pくらいコメントを寄せる、くらいの位置づけでしたし。コミカライズにガッツリ入ってくるとどうなるのか、注目したいです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・4月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

先日、娘が幼稚園を卒園しました。
練習の時は全く泣いていない、という話を先生から聞いていたのに、当日かなり泣いていてビックリしました。普段から割と泣く子ではあるのですが(嬉しくても泣く)、前日まで寂しそうな様子がなかっただけに、予想外でした。

では、ガンガンの総評です。
面白かったのは、無能なナナ、はっぴぃヱンド、ばらかもん、など。
今月は割と読み切りも面白くて、雑誌としてよくなってきている感じがしました。

今月で最終回だった「ちちとこ」。
最終回は将の卒園式で、それに両親揃って参加をする、という最終回にふさわしい内容でよかったです。季節的にも合っている内容でしたし、狙ってやったのならすごいな、と思ったりも。
ダラダラ続かずにここでスパッと終わってくれたのもよかったです。
円満終了なので、次回作は何らかの形で出てくるかと思います。

来月で「異能メイズ」が最終回、とのこと。
メイズとの最終決戦が済んでいないのに、今月の最後でいきなりエピローグに入ってしまった感じになっていたので、内容的には打ち切り仕様になるのかな、という気がします。
きれいに終わるとは現時点ではちょっと思えないです。

また、今月で「天誅×神曲《アイウタ》」の連載中止が発表されました。
作者病気療養のための休載となっていましたが、回復の目途が立たない、という感じなのかもしれません。
ガンガンONLINEから移籍してきて、内容的にも面白かったのでコミックスも買っていたのですが……残念です。
その他、今月からひっそりと「紅心王子」の休載告知が消えていたので、こちらも正式告知はまだですが、連載中止になるのかもな、という気がします。
「もし世界が同じ空の下にあったなら」もそうでしたが、これからは再開の見込みが立ちにくい作品はどんどん切っていく、ということになるのかもしれません。
ゼロサムが今そんな感じですが、本誌の方もそうなっているようで……


今月からの新連載「エルフと狩猟士のアイテム工房」。
読み切りからの連載昇格作品で、内容は読み切りの時から繋がっている感じでした。
まぁ、エルフの女の子が狩猟士の助けを借りつつアイテムを作る、というただけそれだけの話なので、話がつながっているとかそうでないとかはあまり関係ないですが。
でも、これはこれで非常に味のある話で、ただアイテムを作る話なのに引き込まれてしまう、という素晴らしさがあります。背景もきれいですし、読んでいると癒されます。
この作品はこのままの状態で続いていってほしいです。

今月ガンガンpixivから出張掲載されていた「おじさまと猫」はかなりグッとくる話で、これはもうコミックスを買わなければ、と思っています。
ペットショップで売れ残っていた猫が老紳士に買われて一緒に暮らす、というただそれだけの話なのですが、もう全編通して切なくて、すごく引き込まれました。
やっぱり切ない系の話には惹かれます。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ゼロサム・4月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にゼロサムの感想を書きました。
ちょっとバタバタしていて感想が遅れ気味になっています。すみません。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、悪役令嬢、人外さんの嫁、ストレンジプラス、など。
いろいろと連載が入替っているので、雑誌としてリニューアルしてないのにリニューアルしているような感じがしてしまっています。

今月での最終回作品1作目「魔界王子」。
先月の段階で最終決戦は終わっていたので、今月はエピローグがメインとなっていました。
各キャラにちゃんとした決着をつけての大団円終了だったな、と感じました。終わり方としてはこれ以上ないものだな、と思います。
作画担当の雪広うたこさんは来月からオリジナル新連載をスタートするということで、その辺り本誌は早いなぁ、と感じます。「あまつき」→「未完成サイコロトニクス」もそうでしたし、喜久田ゆいさんもかつて休みなしで連載終了→新連載の流れがありましたし。
原作が付いていない連載だということに一抹の不安はありますが、見てみないことには何とも言えないので、ひとまず来月を待ちたいです。

最終回2作目「僕×{おネエマフィア×任侠ヤクザ}」。
終わり方は日常が続いていくENDで、先月の段階で話に波乱は起きていなかったというのもあり、この終わり方しかなかっただろうな、と感じました。
コミックスすら出ないのでは?、と思っていましたが、4月にちゃんと発売されるようです。
ただ、これだけ短命の連載だったので、次回作があるとしても原作が付くものとかになりそうな気がします。絵は上手いですし。

最終回3作目「A3!」。
初舞台の千秋楽が無事に終わって大団円……かと思いきや、夏公演に向けて新メンバーを募集しなければいけないという話から、その新メンバーらしき新キャラが最後に出て終わる、といういろいろと含みを持った終わり方となっていました。
それでいて続編の告知はなく、最終回に表紙にまでなっているのにこのまま終わるのかな?、と思うとなんだかなぁ、と思ってしまったり。
コミックスの売り上げ次第で続編が出てくることもあり得るのかな、とも思いますが……


今月からの新連載「カーストヘイト」。
男性でも妊娠可能で、いろんな動物の因子を持った人種が暮らす世界。そこは優性種・劣性種・貴重種に分かれていて、主人公は優性種で劣性種を見下しているのに、劣性種の男に惚れてしまう、という話でした。
世界観とか話の進め方とか高河ゆんさんっぽい雰囲気のある話だな、と思っていたら、作者コメントで「LOVELESS」が好きだと書いてあったので、やっぱり影響はあるんだな、と感じました。
高河さんの作品は、人を好きになるのに性別など関係ない、設定解説は作中でも最小限、ついて来られる人だけついて来い、みたいなところがあるので、この作品もそんな感じかな、と。
割と好き嫌いがわかれる作風になりそうなので、今後を見守りたいです。


また、先月末に発売された「ストレンジ・プラス」の最新刊で、本作は次巻で完結する、という告知がされていました。なので、ここ最近出ていた「そろそろ終わるんじゃないか感」は本物だったようです。
全200話で終わるとのことなので、残り8話。その間にいろんなところに決着をつけるのではないかな、と思います。ラスティとか貴世子とか……まぁ、いっぱいいますし。
冒頭にも書きましたが、雑誌としてリニューアルしてないのにリニューアルした雑誌のようにいろんなものが入替っていっている感じがします。
半年後くらいにどうなっているのか……
nice!(2)  コメント(2) 
共通テーマ:コミック

ガンガンJOKER・3月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンJOKERの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、遺書公開、渋谷金魚、ラグナクリムゾン、など。
今月も読み応えがあってよかったです。

今月で最終回だった「妹さえいればいい。 外伝 妹にさえなればいい!」。
先月で話にほぼ決着がついていたので、最終回はバレンタインネタに絡めたエピローグでした。
ページ数も少なめでかなりあっさりした印象ではありましたが、ハッピーエンドで連載を完走した形になっているので、次回作は何かしらの形で出てくると思います。

また、今月で「オタカレ腐女カノ」の本誌掲載が最後となり、次回以降はガンガンpixivに移籍となる、とのこと。
移籍という形なので打ち切りというわけではないですが、紙媒体からWeb媒体への移籍となると、左遷という形に近いのかな、という気がします。まだコミックスも出ていないですし、連載開始からあまり経過していないですが、本誌内ではあまりパッとしない感じなのかな、と。
ただ、内容的に紙媒体よりWeb媒体の方がウケそうな内容ではあるので、そういう判断ということもあり得ますが。
雑誌が休刊するわけでもないのにWeb移籍自体がかなり珍しいことなので、この連載がどこまで続くのかは気になります。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

Gファンタジー・3月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にGファンタジーの感想を書きました。

では、さっそく総評です。
面白かったのは、黒執事、王室教師ハイネ、show window、など。
今月は休載が多くて残念でしたが、代原で掲載されていた読み切りが当たりだったので、そこは救われた感じがしました。

来月で「白衣の王様」が最終回、とのこと。
ここ2~3ヶ月で終わりそうな展開を持ってきていたので、やはりここで終わるのか、とまず感じました。
今月の展開を見る限りだと、来月ですべてまとめて大団円、というのはちょっと無理な感じがしたので、どこまで描いてくれるかに注目したいです。
コミックス全5巻で、4巻発売記念でフェアをやるくらいですから、打ち切りというわけではなく円満終了という流れだとは思うのですが。

冒頭にも書きましたが、今月掲載されていた読み切り「show window」はなかなかいい読み切りでした。
今月は「デュラララ!!」「グランネリエ」「そのアイドル吸血鬼につき」が休載でした。ただ、「グランネリエ」がギリギリ掲載できるかどうかで掲載できなかったために(アンケートには「グランネリエ」があるので)急遽入ってきた代原という形の読み切りで、目次にタイトルもないですが、それにしてはすごくよくできた話だなぁ、と感じました。
ショーウィンドウの中のクマのぬいぐるみ視点で店に訪れる人たちを観察する、という話だったのですが、こういうぬいぐるみ視点の話の場合、誰かに買われていく話が大半なので、私もそういう展開を予想していました。
そうしたら、結局最後まで買われることはなかったというのにまず驚き、更にはぬいぐるみたちは子供たちに飽きられるまでが自分の使命だと達観していたり、買ってくれた子の趣味に自分を合わせていくのも当然だと思っていたり、といろいろ今まで見てきた作品とは違う切り口で見せてくれたのがすごくよかったです。
絵もかわいらしくてよかったですし、この作品で連載というのは難しいかと思うので、別作品でまた出てきてくれたらな、と思います。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック

ガンガン・3月号感想 [スクエニ]

本日の更新は「最新号のお部屋」にガンガンの感想を書きました。

何やかんやで大変だったインフルエンザも何とか我が家を通り過ぎて落ち着きました。
結局私はインフルエンザにはかからなかったと思われるのですが、実際のところ娘がインフルエンザにかかる1週間くらい前に熱はないのに異様に体がだるくてお腹も壊して……みたいなのがあって、そのときインフルエンザだったのでは?、と思わないでもなく。
それが娘と旦那に移った可能性も否定できず……なのですが、今となってはもうわからないです。

それでは、ガンガンの総評です。
面白かったのは、無能なナナ、はっぴぃヱンド、FFLS、など。
最近また連載陣の入れ替わりが激しくなっているので、これがいい方向に向かえば、と思います。

今月で最終回だった「生きてますか?本田くん」。
エピローグまで話に入っていたので、内容的にはキッチリ終わったな、という感じがしました。
ただ、ゾンビを消す方法などはかなり無理矢理で都合よく処理してしまったな、という風に見えて、その辺り、やはり打ち切りだからなのかな、と思ったりも。
ゾンビが街に溢れ返る設定といえばパニックホラーなのですが、この作品はそのゾンビがあまり驚異的に描かれていないせいか、パニックホラーという雰囲気があまりありませんでした。どちらかと言えばギャグテイストで。
それはそれでそういう設定もアリなのかな、と思いつつも、時々入るシリアスなシーンではゾンビの脅威が静かに広がっている雰囲気があったりして、終始シリアスなのかギャグなのかはっきりせず、どちらにしろ中途半端な印象でした。
明るいゾンビものだったら下手にシリアスを入れないで、ギャグに全振りするくらいにしてほしかったです。
それだったらまた違ったかも、と思わないでもなく。
実績のある作家さんなので、次回作は何かしら出てくるだろうとは思います。

来月で「ちちとこ」が最終回、とのこと。
学年末の話が続いていたので、学年を上がらせるのかどうなのか、という部分に注目していましたが、学年を上がる前に最終回、ということになっていました。
学年を上がらせて話が続いていくと思っていたので、少しビックリしました。
話としては、将の誕生日があって、母親も帰宅して、と最終回らしいエピソードが出てきていたので、このままきれいに終わってくれそうな感じがします。


今月からの新連載「異世界ピクニック」。
小説が原作で作画が水野英多さんの作品です。
現実世界のどこかとつながっている、普通とは少し違う世界を女の子2人が探索する、という話でした。
原作のある作品を描かせたら右に出る者はいないくらいの水野さんなので、この作品もまずは安心して読める感じになっていました。
いきなり100Pくらいの掲載になっていましたが、読んでいて長いとは感じませんでしたし、絵も安定していて、連載していくのに全く問題はないな、と感じました。
原作が現時点で2巻しかないので、連載としてはそう長いものではないのかもしれません。
原作が2巻だけであれば、既にアニメ化が決まっているということもないのではないかな、という気がします。

今月掲載されていた読み切り「受験戦争」はなかなか評価の難しい作品だな、と感じました。
共学化されたお嬢様学校に何が何でも入学しようとする男子が特殊能力を使って受験に挑む話で、話としては読み切り内でもう完結していて、これを連載に、というのはちょっと難しい感じです。
ですが、特殊能力で受験に挑む、というのが結構珍しい切り口だな、と感じたので、この話を作る力があるならもうそれは即連載できるレベルの才能なのでは?、と思いますし、将来性はすごくあると思います。
反面、このレベルの作品を何本も描けるのかというのが未知数というのもあり。
絵はちょっと古臭い感じですが、熱い感じは伝わってきました。
原作・作画と初めから分かれているので、もしかしたら別の作画で別の読み切りを、とかもあるのかな、と思ったりも。
とにかく、次回作が読んでみたいです。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:コミック